Tuesday, February 21, 2006

スキーに行ってきました。

アメリカに来て初めてスキーに行ってきた。
ドイツでスキー教室に毎年(といっても2年間だが)、スキー用具一式持っている。
下手なりにスキーは大好きだ。

だが、今年のボストンは雪が全然降らなかった。
しかも暖かいのですぐ解けてしまう。
相当不満だったが、先週の日曜日(12日)に大雪が降った。ドイツの友達から「雪が降ったらしいね」と言われるぐらいだ。
さっそく土曜日(19日)に行ってきた。

ドイツにもボストンにも日帰りスキーツアーというものがある。
スキー専門店が週末バスを出してくれて、朝早くに集合し、バスに乗ってスキー場に到着し、滑ってバスに乗って帰ってくる。
ボストンのを見つけたときは、思わず狂喜乱舞してしまった。ボストン大学の前にあるSki Market
http://www.skimarket.com/inside/locations/locations.php
というスキー専門店が出していた。ここは一応レンタルもある。
月曜日に研究室のフランス人2人と日本人の友人を誘ってチケット購入。バスとリフト代で65ドル。

土曜日に朝5時起き、6時15分集合6時半バス出発。8時半スキー場到着。寝ているとバスが連れて行ってくれるのがいいところだ。車でいってもいいが、帰りは疲れているので運転手は大変だ。

雪の質はやっぱりオーストリアアルプスにはかなわない。私の滑った中で一番の雪はスウェーデンの北極圏のスキー場の雪だったが、アルプスも良い。アメリカ 東海岸の雪はあまり良くないから、西海岸に行った方がいいよ、というアメリカ人がアドバイスしてくれていた。人口雪なので、まるでカキ氷の上で滑っている ような気分だった。しかもスキー場以外はほとんど雪がない。オーストリアでは一番山のてっぺんから真っ白の山々が見れたが、ここでは普通の山とパキンパキ ンに凍った湖が見えただけだ。非常に寒い。日本人の友人は「温泉に入りたい」と無理難題を言う。トイレには「凍傷の防ぎ方」なんていう張り紙がしてある。

しかし、寒かろうが、カキ氷だろうがなんだろうが、スキーに行けたということで満足。

今日の教訓 スキーバスを使う。

No comments: