Thursday, March 16, 2006

ドイツからいかに安くヨーロッパ内を旅行するか-2(鉄道編)

次はドイツの鉄道の話。地球の歩き方には載っていない、裏ワザだ。もちろん地球の歩き方は短期の旅行者用だから、載ってないのだが。

ドイツ人というのは、後から後から例外をつぎ込んでシステムを非常に込み入ったものにするのが上手だ。
2年かかってある程度理解したが、奥が実に深い。まだまだいろんな割引システムがあるはずだ。
ドイツに行ってわかったことは、「『情報を持っていない』『知らない』ということは不利益」ということだ。

情報は2005年3月のものなので、今は変わっているかもしれないので注意。

まず、旅行をたくさんする自信がある人は、パスポートサイズの写真を持って駅に行ってSpar Card25かSpar Card50を買おう。(ドイツ人一般常識)
Deutche Bahn(ドイツ鉄道)のHP
www.bahn.de
によると、
BahnCard 25
1. Klasse: € 103,-
2. Klasse: € 51,50
BahnCard 50
1. Klasse: € 412,-
2. Klasse: € 206,-
と書いてある。Bahn Card25は切符が25%になるカードで、Bahn Card50は50%になる。
klasseは1等席2等席のことで、1等席は新幹線のグリーン車みたいなものだ。
私はBahn Card25の2. Klasseを持っていたが、旅行好きの人はBahn Card50でもいいかもしれない。
一年間有効。

ちなみにスイスにもスイス半額カードというものが存在する。スイスにも行く人は、こっちもなかなかお得だ。私は1年有効のカードを持っていたが、1ヶ月の を作ってもよい。登山鉄道は目が飛び出るほど高いので、グリンデルワルトに行けば3日で元が取れる。

次にDeutsche Bahnでチケットを買うときの注意。
Sparpreis 25, 50について。英語を見つけた。
http://www.bahn.de/-S:PtVORN:eOw4rdNNmQLV29NNNOIM/p/view/international/englisch/travelservice/price_plan_in_advance.shtml
だいたいこんなこんな感じ。
1. 乗る電車があらかじめ決まっていること。電車の変更できず。
2. ある都市からある都市へ行って、まったく同じルートで戻ってくること。
3. 3日前までに切符を購入していること。
以上のことが満たされれば、25%オフになる。
次の文章は、英語でもさっぱりわからん。
For Savings fare 50 additional weekend restricitions apply. The return trip cannot be any sooner than the following Sunday. If you travel on a Sunday you may already return that following Saturday. If you travel on Saturday or Sunday you may return that same day.
これが上の1−3と同時に満たされれば50%オフになる。
ドイツ語のHPにはさらに情報が載っていた。
http://www.bahn.de/-S:PtVORN:eOw4rdNNmQLV29NNNOIM/p/view/preise/basisangebote/sparpreise.shtml
最低2等席は30ユーロ、1等席は45ユーロ以上であること
ICE, IC/ECあるいはIR列車であること(つまり特急とか急行であること。鈍行不可)

これらのSparpreis 25, 50は、私がいたときはBahn Card25と同時に使えた。
つまりBahn Card50を持っていてSparpreis 50適応なら、0.5x0.5=0.25
元の値段の25%。
いやはやいやはや。正規の値段(Normalpreis)なんか払う気にもならない。
それとも、こんな込み入った物のためなら、正規の値段を払うって?
私と旅行友達は、「いかにして安くするか」で情報交換していた。しかしよく失敗していた。

その他にもいろいろな割引があった。
グループで行動すると安くなる。
Bahn cardを二人とも持っていると、さらに安くなる割引(今も存在するかどうか不明????)

これらの変な割引は、切符を買うときに駅員さんに安いのを探してくれるように言ってもいいが、HPで都市名、行きたい日などの情報を入力していけば、ある 程度わかる。

まだまだ裏ワザはあるが、今日はここまで。

今日の教訓 ドイツに住んで旅行をするなら、Bahn Cardを買い、Sparpreisで割引を狙う。

ドイツからいかに安くヨーロッパ内を旅行するか-1(準備編)

さてさて、前から書きたかったことだが、一大テーマなので、書けなかったことがある。
ドイツに留学したら、もちろん、有り余る休暇(30歳以下27日、土日除く)を利用して、旅行しなければもったいない。
ちょっと行ったら国境で、別の国だから。
行った所マップ(写真) 赤い○が行ったところ。
フランスの3つとロシア(当時はソ連)の2つ以外は、2年間の留学中に行った。

ドイツに行く前の準備として私がしたこと
1. ブックオフにしょっちゅう行って、ヨーロッパ全ての国の地球の歩き方を買い集めること。
2. ユースホステルの会員になること。

1.は重要だ。スイスの地球の歩き方を買い忘れてドイツに行ってしまい、日本食品店で30ユーロぐらいだして購入する羽目になった。もちろん英語ドイツ語 のガイドブックは買う気にもならなかった。親に送ってもらったものもある
アメリカに来るときに一冊5ユーロで売りさばいてきたが、見事に全部売れた。それだけ皆欲しいのだろう。ちなみにブックオフで買ったときも500円ぐらい だ。

2.は案外知られていないことだが、ドイツ語圏(ドイツ・オーストリア・スイス)のユースホステル(ユーゲントへアベルゲ)は、発祥の地だけあり、かなり 充実している。タコ部屋に押し込められることはなく、大体4人ぐらいの部屋だ。
2人部屋、1人部屋もある。
ボンの友達のところに行ったときは、女4人で一部屋を占領して、快適に過ごした。2部屋ずつにシャワーがついていた。
またドレスデンに親と友人と行った時も3人で占領して快適に過ごした。
もちろん共用シャワーや共用トイレが嫌いな人は、しっかり探せばシャワートイレ付き個室もある。
ドイツおばあさん4人組とか、ライダーのおじさんとかが泊まっていた。つまり「ユーゲント(若い)」といいつつ年齢層が広いのだ。
間違ってもダニなどはいなくて清潔なので、安心して泊まってよろしい。

もし日本で会員になるチャンスが無くても、3ユーロ余分に払って、カードにシールを貼ってもらうだけだ。宿泊した日数だけシールがもらえて、6個のシール で会員証として一年分使える。

ドイツのユースホステルHP
http://www.jugendherberge.de/html/index.jsp
英語版は右上のイギリスマークをクリックすればいい。
ユースホステルインターナショナル
http://www.hihostels.com/openHome.do

アメリカに来てからというもの、ほとんどどこにも行ってない。(ニューヨークとナイアガラのみ)
理由は、
1. 休暇が少ない!土日含めて2週間とは!病気休暇というものもあるらしいが。しかも祝日も少ない。もう、これだけでドイツに帰りたい。
2. 広すぎでどこに行くにも飛行機を利用しなければならない。電車が使い物にならない。電車の走っていない州もある(論外)。

今日の教訓 ヨーロッパ留学の場合は日本のガイドブックを全部持っていく。 ユースホステルの会員になる。

しそがぽーるとEngrish

「しそがぽーる」は私のお気に入りHPだ。
http://www.sisogapore.com/
を見てみよう。
「シンガポールで見つけたアジアの変な日本語」
ンとソの違いはもちろん!シンガポールの人たちにはわからない。
従って、シンガポールは「シソガポール」になる。
「ホソダのFit]は「ホンダのFit」の間違い。

このような日本語の間違いは、ボストンの中国系スーパーマーケットでもよく見つかる。「しそがぽーる」に投稿しようかと思うぐらいだ。それとも、「しそがぽーるボストン支部」か?

例。
寿司巻きを購入した。
おもてには、「寿司巻き」と書いてあるが、やや旧字体である。
裏には、なんと!!!!
「フォーク以外での使用は避けてください」????

「ビスケット」と書いたものを発見した。だが、中身は粉だ。
よく見ると、White pepper (胡椒)と書いてある!
おいおい、日本の子供がビスケットと思って食べたらどうするんだよ。。

というぐあいに、中国系スーパーマーケットは行くだけで面白い。
カメラ持参で行くべきだ。

アメリカに占領された日本が、英語をクールだと思って書くのと同じように、今豊かになった日本の文字がクールになってるんだろうなと思った。

そんなことを思っているとき、研究室のアメリカ人が私を呼んで言った。
「ねえ、これすごく面白いよ」
見せられたのは、Engrish.com
http://www.engrish.com/
おお! 「(日本で主に見られる)アジアの変な英語」
半分はなぜ載っているのかわからん(英語力不足のため)。だが、面白い。
特にこれはまずいでしょう。
http://www.engrish.com/detail.php?imagename=engrish-for-boys-girls.jpg&category=Signs/Posters&date=2005-12-13

やはり「英語のしゃべれる日本人」を目指すべきか?
それとも、このままいくべきか。
べつにこのままいってもいいんじゃないかと思ってるのだが。
大体アメリカ人は別の言語習得できないしー。
シンガポールの人たちが、変な日本語に不安になって日本語勉強に力をいれるとは思わないしー。

今日の教訓 中国系スーパーマーケットは面白い。

パーティ

隣の研究室はパーティが大好きだ。
みんなの予定が合わなくてクリスマスホリデーのパーティが出来なかったと言うことで、今日パーティがあった。
「ブルータスがシーザーを殺したのを祝う日」というのが名目。
なんのこっちゃ????

どうもつたない英語力で聞いたところによると、3月の真ん中にブルータスがシーザーを殺したらしい。
だが、なぜそれをアメリカ人が祝うのかは、まったく不明に終わった。
あんまり聞いた事ない種類のパーティだからかな、きっと。

しかしパーティは結構本格的である。
紙製のトーガを着ている人達もいる。
箱と紙と鉛筆がおいてあって、「ブルータスになりたい人は名前を書くこと」と書いてある。
そこから秘書さんがこっそり一人選び、その「ブルータス」は、シーザー(大ボス)を短剣で刺さなくてはならない。
ただし、クッキーの短剣。

ワインはあるし(実験途中に酔っ払うといけないので飲めなかった)、おいしい料理はあるしで、なかなか楽しかった。

いやはや、各国変なパーティがある。

今日の教訓 パーティには必ず参加する。

Tuesday, March 14, 2006

Sushi

研究室の近くのすし屋に大ボスに連れられて行って来た。
Sushi & wine shop「Seiyo」
http://www.seiyoboston.com/
中国人経営のすし屋である。
実はこのすし屋、4日前に友人と一緒に行って来たばかりだった。
その時の感想は、「おいしくない! ネタが乾燥してる! やっぱり日本のおいしい寿司が食べたいねー!」というものだった。
今日誘われて、「うーん、日本のほうがやっぱりおいしい」とかいいつつ、ついて行った私である。
今日の感想は、「なるほど。悪くないじゃない」というものだ。

さてなぜか?

この前は、きちんとした寿司を頼んだ。
きちんとした寿司というのは、シャリの上に寿司ネタが乗っているやつ。
こうすると、ネタとシャリで勝負することになる。もちろん、日本人の舌(しかも海の近くで育った私は新鮮な魚にうるさい)に合わない。
今日みんなで頼んだのは、巻き。
これは全く別物だ。かっぱ巻きとか鉄火巻きとか、そういうシンプルなものではない。
例えば、カルフォルニア巻きは、日本ではお目にかかれない品物だが、結構おいしい。カニ(カマ?)とアボガドとキュウリを巻いている。

今日のメニュー。
Alaskan Maki サーモン、キュウリとアボガド
Una-Avo Maki うなぎとアボガド巻き
Teriyaki whitefish Maki 白身魚の照り焼きにスパイシーマヨネーズとホタテ貝柱巻き
Dragon Maki 海老のてんぷらとキュウリ、貝割れ大根をうなぎとアボガド、とびこで巻いたもの
Red Dragon Maki スパイシーなツナをマグロ刺身とねぎで巻いたもの
この手の、日本にはありえない巻きが28種類ある。スパイダー巻き、キャタピラー巻き、アリゲーター巻き。。。。。

これらのものは、ネタとシャリで勝負しない。
口に入れたときの絶妙のハーモニーで勝負しているのだ。
どう考えたって、日本以外のところで、安く新鮮なネタを手に入れるのは不可能だ。
もちろん、日本人並みの寿司を作るのも大変だろう。
そしたら、日本人には思いつかない方法で、味で勝負するしかない。そのへんに、料理人の心を感じた私であった。(正確に言うと、作っている人達はバイト君 達だと思うので、メニューを考えた人)

ちなみに、Una-Avo Maki最高っす!

今日の教訓 海外寿司屋に行った時は、高級寿司屋(ネタ保障)以外は、日本に存在しないものを頼む。

Tuesday, March 7, 2006

風邪をひきました

風邪をひいてしまった。熱がでて長引いているから、たぶんインフルエンザなんじゃないかと思うが、昔から医者に行こうと思わない性格なので、家で寝てい る。

風邪でドイツのボスを思い出したこと。
日本では「偉い先生は冗談なんか言わない」なのは、常識だろう。
なので、ドイツのボスが冗談を言うのにはびっくりした。私はボスに「日本の教授達は冗談なんか言わないから、びっくりする」と言った。
喜んだドイツのボスは、私にことあるごとに冗談を言った。

ということで、風邪ネタ。

ドイツのボスが風邪をひいた。そのすぐ後で、私が風邪をひいたが、咳が出るだけで、熱はないので働いていた。
だが、その後研究室中の人達が高熱で寝込んでしまった。
それを見たドイツのボスは言った。
「You made a Japanese mutation!(お前日本変異型ウイルス作っただろう!)」

つまり、ボスからもらったウイルスを私が変異させて、ドイツ人にばら撒いたということ。
日本型ウイルス(?)なので、ドイツ人には新種であり、重症になったらしい。
今から2年前、鳥インフルエンザは中国あたりで、まだ鳥しか罹っていなかった時期の話。

また別の時に風邪を引いたとき。こっちはジョークの話ではないが。
私が「風邪ひいた」と言ったら、ボスは「ふむ」という顔をしたのち、何か探し始めた。
そして、クリーンベンチから滅菌済みのガラスピペットを取り出し、「口を開けろ」
いきなり診察。
そして、「喉は腫れてない。インフルエンザじゃない」と言った。
そっか、そういえばボス、日ごろ研究しかしてなかったから気づかなかったけど、実はお医者さんだった。
しっかし、ボスに診察してもらった日本人というのは、本当に珍しいに違いない。

このドイツボス、名言がいっぱいあるので、ひょっとしたら「ドイツボスと私」とでも題して文章書こうかしら。
もうすぐ退官されるとのことので、記念に渡すと喜ばれるかもしれない。

Wednesday, March 1, 2006

論文のタイトル

今論文を書いている。
いつも問題なのが、論文のタイトルだ。
これをきちんと考えないと、読んでもらえない。

例えば、論文をインターネットで検索するとしよう。200件ぐらい出てきたとしよう。
するると、まずタイトルを読む。
面白くなさそうなのは、その時点ではじかれる。20件ぐらいになる。
次にAbstract(要旨)を読む。
そして、論文自身を見る。

ドイツの私のボスは、私の論文を書くときに言った。
「まず、タイトルからだ。タイトルを考えろ。セクシーなのがいい! セクシーなやつだ!」
偉い教授がそんなことを言うのでずっこけそうになったが、それだけタイトルは人の気を引くものを考えないといけないということだろう。

今日の教訓 タイトルはセクシーなものをつける