Monday, April 17, 2006

イースターの卵

最近変な(面白い?)研究が日本で噂になっている。

「回転ゆで卵はジャンプする 慶応大教授ら、実験で検証」
http://www.asahi.com/science/news/TKY200604110436.html
4月12日付英王立協会紀要(電子版)に発表したとのこと。

日本にいたら気づかないだろうが、これ、実は非常にタイムリーな話題なのだ。

4月14日(金)から17日(月)まで、ドイツはイースター(復活祭)でお休み。
イースターでは、どこの地方かは不明だが、卵に色を塗って隠す。それを子供が探すのである。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A9%E6%B4%BB%E7%A5%AD
には、きれいな卵の写真あり。

うーむ。
ついでにゆで卵を回してみたくなるではないか。

残念なことにドイツでは卵に色を塗らなかった。
そこで、アメリカはあまりイースターを祝わないが、たまたま友人のうちで卵をぬっていたので、アクリル絵で、一緒に卵に色を塗ってみた。(私に絵心全くなし)
そのうち写真を載せるかもしれない。

今日の教訓 何事も実験

アメリカのねずみ−2

またまたアメリカのねずみについての話

研究室のフランス人が、時々「ねずみ捕まえたんだ!」すごく満足げに言っている。
しかしそれよりも「チーズだけなくなってる!」と言っている回数のほうが多い。
前から言っているように、ハーバード大学医学部(超優秀医学部)の近くのねずみなので、超優秀なのだ。(冗談)

そこで勝手な説をたててみた。
2種類のねずみがいるとする。
1. 頭が良いねずみ 50%
2. 頭が悪いねずみ 50%
この2種類のねずみが、家で走り回っている。
こまり果てた人間は、罠をかける。
そして、頭の悪いねずみのみ、チーズを取りそこねて死亡。
残るのは罠からチーズを取れる頭の良いねずみ。
1. 頭が良いねずみ 50%
2. 頭が悪いねずみ 0%
チーズで生き残れた頭の良いねずみは、頭の良いねずみ同士でねずみ算式に子孫を作る。
遺伝子においても頭が良いし、親は子供に「こうやってチーズを取るのよー」とでも教育するだろう。
1年後は、
1. 頭が良いねずみ 100%
2. 頭が悪いねずみ 0%
罠にねずみはかからず、チーズのみ取られる。罠は無用の長物となる。

これをNatural Selection(自然淘汰)という。

本当か???
実験やってみたくなってきたぞ。しかし役にたつのか?

さて、友人(日本人)の部屋でねずみ事件が再び起こった。
ハーバード研究者とハーバードねずみの熾烈な(?)戦いである。
彼は粘着性ねずみ取りをあたり中にしかけ(私もかかった)、進入口を特定し、そこに自家製ねずみ返しを取り付けて、見事ねずみを撃退した。半年ぐらい前の ことである。
これを彼はMicro arrayならずMouse arrayと言って自慢していた(Micro arrayについて説明すると2時間ぐらいかかって面倒なので、説明しない。)

しかーーーし! 
ねずみも負けてはいなかった。

なんと彼の部屋にまた出没。
しかも壁に卵ぐらいの大きさの穴が!

「なんかねー、最近壁でガリガリ音がするんだよねー。たぶんねずみがかじってるんだねー」と前に言ってたが。

ねずみは自分で進入口を作ったらしい。

すげーーー。
「ショーシャンクの空に」とか、「モンテ・クリスト伯」とか思い出すよなー。
それとも最近こっちのテレビでやってる「プリズン・ブレイク」か?

その後、ねずみは逮捕され、脱出口は埋められたのは言うまでもない。

今日の教訓 ねずみが電線をかじって、ショートして火事になったという話があるので注意しましょう。

追加 東京23区には、タヌキが1,000匹いるらしい。こっちもすごい。
http://ikimonotuusin.com/doc/299.htm

Monday, April 10, 2006

フェローシップ

今日は缶詰である。
だが、缶詰の効果が全然ないのは、ブログの更新度から見ても明らかである。

実はフェローシップをもらうための募集要項を書いているのである。
日本学術振興会 海外特別研究員
難関中の難関である。

去年ここに着たばかりのときに、書いて出した。
そしたら、一次審査に合格してしまった。(なぜ?)
そのため、日本に一時帰国し、10分の面接で落とされた。
懲りずに今年も書く。
だいたい研究者は懲りないのである。すぐ諦める人は研究者になれない。
実験のうちの90%はゴミのようなもので、5%は使えるもの。
後の5%のために働くようなもんである。もちろんヒトによって%の差はあるだろうが。
最後の5%がドキドキするような結果だったら、研究者はまた気を取り直して実験するのである。
(といったら私のボスが納得するかどうかは、また別問題)

さて、懲りずに書くが、今年の問題は、なんと日本語だった。
最近特に日本語がおかしい。
単語が浮かんでこないのであった。
ので、たまに英和をひいたりする。

これでは英語も日本語もドイツ語も出来ない、何者でもないやつではないかー!!!!
だが、とにかくガリガリ書く。

さて、今は日本のフェローシップに応募しているのだが、アメリカのボスにも「フェローシップ探して下さい」とお願いした。
数日後、ボスは「一個見つかったよ」と分厚い紙束を持ってきた。
5年物のフェローシップである。
5年もいるんかい!と突っ込みたくなった。
読むだけでうんざりするような、分厚い紙束だった。

英語で書くんだよなー。大丈夫かなー?。
どうかなー?
日本語でも大変だしなー。

「その前に論文書かなきゃね」と、ボスは言った。
その前に実験しなければ、論文書けないよ。

うちの業界で超有名な人の言葉
Research is easy. (研究は簡単だ)
Publication is hard. (論文を出すのは難しい)
Getting funds is harder. (研究のためのお金を得るのはもっと難しい)

今日の教訓 懲りずに頑張りましょう

お里がしれますわー

研究室での同僚との話。

同僚A「テクニカルアシスタントの○○君、いやよねー。」
私「なんで?」
同僚B「だって、汚い言葉使うから。知ってる?しょっちゅうエフ、ユー、シー、ケーって言ってるんだよ」
なんのこっちゃかわからない人、F○CKです。
日本人でも知ってるあのファックです。
あまりに汚い言葉だから、そのままF○CKと言うのも嫌のようです。

ドイツから来て初めて気づいたことは、お育ちのよいアメリカ人は、汚い言葉を使わないということ。
使う言葉のレベルで、出身階級がわかるのである。
どおりでドイツにいたアメリカ人は、ドイツ人に「そんなことば使うな!」と注意していると思った。
アメリカは平等の国だと思ったら、大間違い。
ここにはれっきとした階級が存在している。それが言葉に表れるのである。
したがって、道端で叫ぶように話している兄ちゃん姉ちゃんらの英語は「下の階級」であり、研究室の同僚がしゃべる言葉は上流階級の英語。
お上品な人々は、ファックはもちろん、shit(クソ)も使わない。それでもたまに言ってるけど。
下品な英語をしゃべっていると、上の階級に入れてもらえそうにない。

例えば、グッド・ウィル・ハンティングでウィルが友達と使っている英語はお下品だ。。どうやってハーバード出身のマット・デイモンが手にいれたが不思議な くらい。

私にスラングを教えようという人はいっぱいいるが、いちいち英語の上品さを考えてると面倒なので、「汚い言葉を覚えるほど脳みその容量が無い」と言って、 お断りしている。

ドイツでは言葉の階級なんてものはないので、私の大ボス(本当に大大大ボス)は私の論文に向かって、
This shit paper is better than that shit paper.(このクソ論文はこっちのクソ論文よりも良い)
と言って、私をずっこけさせていた。
ドイツ語のクソにあたるScheiseeも誰でもしょっちゅう言っていた。

今日の教訓 DVDから英語を学ぼうという人たち、映画のレベルにご注意を。英語がお下品すぎると仲間に入れてもらえない。

追伸: そういえば、私の知り合いのドイツ人は、「GTO(グレート・ティーチャー・鬼塚)から日本語学びました」と言っていたけど、それはマズイよ なー。

The fast and the furious 3 (ワイルドスピード3)

フランス人同僚が私に言った。
「ねえ、the fast and the furious知ってる?」
「うん、知ってる」(なぜ知ってるかは聞かないように)
「次の映画の場所、東京だって! The fast and the furious,TOKYO!」
「ええ! なんだってー!!!」

The fast and the furious(日本名「ワイルドスピード」)は、はっきり言えば、ストーリーもなんもないスカタンな映画である。
車をチューンアップして、公道でレースをするという映画。
しかし車好きには、たまらないと思う。
妹(シルビア所有)は、ワイルドスピード1も2も見に行ったそうだ。
1は私も見た。

出てくる車は日本車がほとんど。
安くって手に入りやすく、質がよくって改造しやすくって、ということなのだろう。途中で壊れちゃったらどうしようもないもんねー。
日本車の宣伝をどうもありがとうと言いたい気分だ。
それが嵩じて日本の東京まで来たってか。。。。

でも、東京の公道でレースするなよ!どこもレースする場所なんてないぞ。
しかも、若い奴らが車改造してレース始めちゃったらどうするんだよ!やりかねないぞ!

予告編を見てみた。
http://www.thefastandthefurious.com/main.html
見たところによると、メインの車は日産のフェアレディZ。
そうだよなー。そりゃそうだよなー。
しかも、日本独特の服装した「クールな」ねーちゃんらがたっぷり出てくる。
海外から見たら、ある意味東京はクールかもしれん。。。。一般的に日本人女性おしゃれだしー。
ニューヨーク行っても、流行の最先端という感じじゃないしな。
ボストンは私を含めて「芋のあつまり」だしな。。。。

6月公開らしいが、あまりのスカタン映画なので、誰も誘う気がしないぞ。
フランス人同僚と見に行くか。。。。。
それとも「すごくスカタンだよ」と言って誰かを誘うか。。。。。

んなことしてないで、「お給料頂戴」文章を書かねば。

今日の教訓 日本車最高!

追伸 いろいろインターネットを見た結果、driftはドリフト走行というもので、日本発らしい。
ちゃんと妹は知っていた。

Saturday, April 1, 2006

歯の治療

やっと!歯の治療が終わった。
いつまでかかるねん!と突っ込みを入れたいぐらいだった。

11月10日治療開始。
3月29日終了。
合計二つをなおして、一つはプラスチックつめただけ、もう一つは問題のクラウンだった。

さて、合計いくらかかったでしょう。

524ドル!

たっかー。
しかし、872ドルは保険でカバーされている。しかもプラスチック詰めただけのほうは全部カバーされてタダである。
つまり重症になると高くなるということ。

それにしても長かった。

今日の教訓 歯は早く治しましょう。

4月5日 歯の高さがあってないような気がするので(肩こるし)もう一度行って来る。

トイレの故障

今日仕事から帰ってきたら、名刺が一つ床に落ちていた。
部屋のマネジメント会社からだ。
"Water leaking into store. Pull toilet, fix, wax seal & bolts"
つまりトイレから水がもれて、下のお店まで漏れたので、トイレをはずしてなおしたらしい。
さて!

これは家主が払うのか、それとも私が払うのか?
家主に連絡してみるか。。。

一応(?)アパートの保険に入っているので、たぶん私が払うことになっても保障してくれると思うが。

・・・・・・普通トイレなんか漏れないでしょ?
と日本人は言いたい!

今日の教訓 やっぱりアパートの保険に入っていて良かった!

4月5日 研究室のアメリカ人にきいたところ、家主が払うそうだ。家主業はラクではないかも。