Monday, April 10, 2006

The fast and the furious 3 (ワイルドスピード3)

フランス人同僚が私に言った。
「ねえ、the fast and the furious知ってる?」
「うん、知ってる」(なぜ知ってるかは聞かないように)
「次の映画の場所、東京だって! The fast and the furious,TOKYO!」
「ええ! なんだってー!!!」

The fast and the furious(日本名「ワイルドスピード」)は、はっきり言えば、ストーリーもなんもないスカタンな映画である。
車をチューンアップして、公道でレースをするという映画。
しかし車好きには、たまらないと思う。
妹(シルビア所有)は、ワイルドスピード1も2も見に行ったそうだ。
1は私も見た。

出てくる車は日本車がほとんど。
安くって手に入りやすく、質がよくって改造しやすくって、ということなのだろう。途中で壊れちゃったらどうしようもないもんねー。
日本車の宣伝をどうもありがとうと言いたい気分だ。
それが嵩じて日本の東京まで来たってか。。。。

でも、東京の公道でレースするなよ!どこもレースする場所なんてないぞ。
しかも、若い奴らが車改造してレース始めちゃったらどうするんだよ!やりかねないぞ!

予告編を見てみた。
http://www.thefastandthefurious.com/main.html
見たところによると、メインの車は日産のフェアレディZ。
そうだよなー。そりゃそうだよなー。
しかも、日本独特の服装した「クールな」ねーちゃんらがたっぷり出てくる。
海外から見たら、ある意味東京はクールかもしれん。。。。一般的に日本人女性おしゃれだしー。
ニューヨーク行っても、流行の最先端という感じじゃないしな。
ボストンは私を含めて「芋のあつまり」だしな。。。。

6月公開らしいが、あまりのスカタン映画なので、誰も誘う気がしないぞ。
フランス人同僚と見に行くか。。。。。
それとも「すごくスカタンだよ」と言って誰かを誘うか。。。。。

んなことしてないで、「お給料頂戴」文章を書かねば。

今日の教訓 日本車最高!

追伸 いろいろインターネットを見た結果、driftはドリフト走行というもので、日本発らしい。
ちゃんと妹は知っていた。

No comments: