Sunday, January 21, 2007

アメリカの健康保険のなぞ

この前私のPCP(ホームドクター)に会ってきた。

いろいろな健康相談をして、「コレステロール値よかったわよ」と一年前のデータをくれた。
データが悪ければ、すぐ連絡をくれると思うが、よかったので、連絡くれなかったんだろう。
こっちも連絡せずに放っておいたし。
コレステロールが悪くない人は、5年おきにデータを取るらしい。大丈夫なんか、それで。

ついでにインフルエンザワクチンもしてくれた。

さて、この前健康保険の表を見ていて気づいたのだが、私の薬保険は、薬1ヶ月分はジェネリックの場合は10ドル(約1200円)である。3ヶ月分は30ド ル(約3600円)。
ブランド(日本では新薬という)の場合は1ヶ月15ドルで、3ヶ月は45ドル。

ジェネリックとブランド(新薬)とはなんぞやという人のために、薬剤師のはしくれとして簡単に説明しておくと、ブランドは製薬会社が開発して特許を持って いる薬のこと。特許を持っているので、他の製薬会社は薬を作ることが出来ない。従って薬の値段は高い。特許が切れると、他の製薬会社は類似品を作ることが できる。従って薬は安くなる。
いいHPを見つけたので、よかったら見てね。
http://www.sawai.co.jp/generic/handbook/index.html
http://www.emec.co.jp/generic/

私の場合、その安い薬を買った場合は1ヶ月10ドルしか払わなくてもよいってこと。
もちろんジェネリックにしますがな! 新薬かどうかなんて、気にせんよ。
すると私は幸せ、保険会社も幸せになる。

「薬30日分に1200円しか払わなくていいとは、一体どういうことだ! 保険会社 一体大丈夫か?」と健康保険会社の心配をしてみたが、健康保険は高い (もちろん大学のサポートあり)なので、まあいいかとも思う。

健康保険の表を見て、もう1つ気づいたことは、Lifetime limitである。
つまり健康保険、一生のうちで使える金額の限度があるらしい。大学が紹介してくれたもの、どれも上限がある。
しらんかった。
2,000,000ドル(約2億4千万円)だったと思う。

それを医者である友人に言ったところ、彼の言葉、
「大動脈瘤の手術って1億円かかるんだよ」
おお!
今度は私は保険会社でなく、自分が心配になったぞ。
この問題、そのうちどうにかすることにしよう。
じゃないと、「死んだほうがマシ」とか思いつめそうだ。

今日の教訓 薬代がかさんでいる人は、お医者さんか薬剤師さんを押して(アメリカ式)、じゃなくって相談して(日本式)みましょう。

No comments: