Sunday, May 20, 2007

引退するまでに$1 millionをつくることは可能か。

最近NEファイナンス(ニューイングランドファイナンス)勉強会というところで、1ヶ月に1回勉強している私である。
アメリカに来て痛切に思ったことは、「知らないとソンをする」ということである。ドイツにいたときはそれ以上に知らなかった(言語の問題)。ドイツを離れ る直前まで、利率4-7%ぐらいの定期預金の存在を知らなかった。
そのため、アメリカでは根を下ろす勢いでいこうと思った。そのぐらいしないと、研究も生活も中途半端になり、結局日本に帰るときも中途半端(就職できな かったりする)かも知れないのだ。

今回は発表してみた。内容は、Target Retirement Fundというものである。くわしくは、こっち。
http://ne-finance.jugem.jp/?eid=34
これ、私の年齢ぐらいをターゲットにしたFundでは、下がるときはガガンと下がって損をしたりするが、今年の運用率10%を超えている。
タダモノではないFundである。勉強しているうちに、買ってみようかという気になった。

さて、勉強していると、それについての情報が目に入ってくるのは当然だが、Wall Street Journalに記事が載っていた。
$ 1 millionを引退するまでに作る方法である。
大学を卒業した人に対して、「どうすれば$1 millionを引退するときまでに運用して作り出すか」を書いた記事である。
それにTarget Retirement Fundが載っていた。
そんな初心者用の簡単なFundで、実際$ 1 millionできるのかいなということで、Excelで計算した(彼がやった)

「毎月いくら運用して、何%で運用すれば、65歳までに$ 1 millionになるか」
20歳から65歳まで毎月250ドル(約3万円)を入れて、毎年8%で運用すると、65歳には$1,000,000ドル(約1億円以上)になります。単に 貯金すると約1300万円。
30歳から65歳まで毎月500ドルを(約6万円)を入れて、毎年8%で運用すると、65歳には$1,000,000ドル(約1億円以上)になります。単 に貯金すると約2500万円。

どうも1億円作り出すことは、可能らしい。

ほーーーーー。

学生のみなさん、頑張りましょう。
携帯電話や、ブランド物にお金を使っている場合じゃありません。

それに対して、今日の恐るべき日経インターネットの記事「退職後の年収は328万円 直前の半分に」
http://waga.nikkei.co.jp/comfort/life.aspx?i=20070510g3000g3

若者のみなさん、頑張りましょう!
運悪く現実を知らなくて歳を取ってしまったみなさん、証券会社に行って相談してみてください!

株とか投資信託とかは、若いときからの訓練が必要だと、私は思っている。
学生の時に10年前の投資のケタ 3万円単位。損しても数万円単位。(それでも痛いけど)
今の投資のケタ 30万円単位。損して数十万円単位?
引退前の投資のケタ 300万円とか3000万円とか。
1個ずつゼロが増えていく。なので、「投資に慣れずに、歳をとった人がいきなり株とかに投資してお金をドカンと動かすと、痛い目に遭うんじゃないか」とい うのが私の意見。

投資は自分の責任で行いましょう。減るときは減ります。

NE(ニューイングランド)ファイナンス勉強会のブログ
http://www.google.com/reader/view/
グループのページ。
http://groups.yahoo.co.jp/group/NE-Finance/

今日の教訓 引退後に1億円あることは、どうも夢じゃないらしい。

No comments: