Sunday, June 17, 2007

Skype その3

友達にSkypeを紹介したところ、好評らしい。
http://kafuu.jugem.jp/?eid=829
なかなかの宣伝力だ、この友達。
しっかし、昔親の家電話にかけたときは音が悪かったぞ。改善したのか?

はじめにもう一度言っておくが、Skypeユーザー同士の場合、通話料は無料である。
無料だよ無料!
タダだって!タダ!

親にSkypeを入れてと言っているんだが、なかなかダウンロードしない。
しかも妹からスカイプ用電話機までもらっても、入れていない。

入れてください!

まー、要するに、親はコンピューターが苦手なんだな。
ということで、このブログは親もちょくちょく見ているので、Skypeの使い方を説明しよう。

条件:Windows 2000またはWindows XPが搭載されたパソコンが必要である。
あと、高速インターネットが必要である。

1.電気屋に言って、ヘッドセットを買ってくる。ま、一番安いのでいいだろう。「スカイプ用」と言えば、日本の電気屋さんのこと、絶対わかるって。
2.スカイプのホームページ。
http://www.skype.com/intl/ja/
に行く。ダウンロードという文字をクリックする。
http://www.skype.com/intl/ja/download/skype/windows/downloading.html
指示に従い、自分の名前とかスカイプ名を入れる。
3.ヘッドセットをコンピューターにつなげる。
4.テストを行う。
5.終わり。いろんな人に自分のスカイプ名を伝える。

私はカメラもつけて、楽しんでいるがm問題があるんですなー。

うちのインターネットが、よく切れるんですな。
電話中に切れるとむかつくんですな。
アメリカだから、高速じゃない高速インターネットだし。
何を自慢げに、「5Mbpの速さをお楽しみください」だー! 
それで$30(3500円ぐらい)も取るなって! しかもなぜ切れる?????
いっぺん日本行って修行してこい、修行!

ということで、日本にかけるときは、私はUnion Telecardを使っている。
http://www.uniontelecard.com/

親のSkypeのダウンロードが完了したら、インターネット会社変更するなり、プラン変えるなりしようっと。
でもまずは文句だな。(←アメリカ生活の基本)

Skypeを初めてダウンロードして使ったとき、わたしは電話会社の衰退を予感した。インターネット恐るべし。
しかも、WiFiフォンなんか買ったら、ワイヤレスの場所どこでも世界中タダで電話できるやん。いまいちどういう状況で使えるのか意味不明だけれど。(下 のHPは英語)
http://us.accessories.skype.com/servlet/ControllerServlet?Action=DisplayPage&Env=BASE&Locale=en_US&SiteID=skype&id=ProductDetailsPage&productID=64437900
電話会社さん、がんばってくださいー。

今日の教訓 海外にいる人も日本にいる人も、Skypeを使ってみる。

No comments: