Monday, July 16, 2007

4年越しで受け取りました

4年前に後輩と妹と伊賀焼の町に行った。三重県である。妹は実家から車で来て、私と後輩は京都から車で行ったのである。

いきさつは、2月の吉田神社の節分祭で、やきものを売っていたハンサムなお兄さんを3人で捕まえたこと。
話が盛り上がって、「焼き物作らせて!」といって連絡を取り、お邪魔することになった。
場所はここ。ウェブサイトあるじゃん!
http://web.mac.com/yamahon1/iWeb/gallery%20yamahon/663BAA3C-2AD0-4E2E-B5CE-484AC88CB1C6.html
(おお。Mac Userだ。)

大変ですねえ。焼き物を作るって。ぐにゃぐにゃになるし。
親切なおにいさんは、丁寧に作り方を教えてくれてた。後輩はそこで焼き物を買っていた。

さて、おにいさん、あり得ないほど美味しい蕎麦屋にも連れて行ってくれた。
食い意地の張っている私、あれが今までの人生で最高の蕎麦だと思う。しかし車で連れて行ってもらったので、どこかわからん。名前も覚えとらん。

ぬぬーーー。

妹かうちの親はその後たびたび行ったということなので、情報を教えてくれるとありがたいぞ。

おにいさんは、私たちのぐにゃぐにゃの作品をちゃんと焼いて郵送してくれた。
受け取ったのは後輩。全員の分。
しかし直後に私はドイツに行ってしまい、後輩は焼き物を持ったまま。
「実家に送って」といったが、そのまま。

ついこの前、この後輩がボストン郊外の学会に来るとのことで、連絡してきた。
すぐさま「焼き物もって来て!」とメールに書いたら、本当に持ってきた。
すばらし。
焼き物と、せんべいと日本酒の瓶を、小さな日本人の女性が、わざわざ日本から持ってきてくれたことに感動。しかも4年ぶり。

○○さん、どうもありがとうございます。

その後輩と、日本人の学会関係者全員でボストンの中華料理を食べた。
その店には、松坂大輔家族(奥さんの家族、松坂の家族)が来ていたらしい。(行ってみたい人はチャイナタウンのGinzaという店の向かい2階にある店 ね。写真が入り口に貼ってあるし)
しかも日本人の教授におごってもらった。顔をたぶんどこかの見たことがあるような気がする。(むちゃええ加減)
どうもごちそうさまです。

家に帰って焼き物を開けてみた。包装してある新聞のほうにも興味あり。
焼き物は、やっぱりぐにゃぐにゃだった。
焼き物やのお兄さんが見本として作ってくれたものは、きちんと出来ていたが。。。。。

やっぱりむずかしい。

妹よ。今度実家に戻るときに(いつ?)、持ってくから、楽しみにしておいてねー。

今日の教訓 焼き物作りはおもしろい。

No comments: