Thursday, August 16, 2007

投資になるのかしら?

今日のNature Asia-Pacificから来たメール

Nature新規購読をこちらのページからお申し込みいただいた方に 「火星の土地(一部)」をプレゼント!

火星の土地?
火星人とちゃんと契約したのか? (冗談)

どうするそんなもんもらって?
しかも、証明書はなぜ火星語ではなく、英語なんだ?
しかも、火星の憲法つき。

うーむ。
年間購読しようかしら?
でも、Nature英語版じゃ、そんなこと書いてなかったしなー。
購読料高いしなー。 日本から送ってもらうものどうかと思うし。

でも、将来火星の土地が上昇するかも知れないことし。そういうことを考えると、5万円は安いのかしら?
うーん。
私の生きているうちに火星の土地が必要にならないかもしれないから、そうすると子孫のために購入しておくべきかしら。
相続税も取られるのかしら? でも、どこに税金払う?

しかも、「1500キロほど離れてはいますが、近くには太陽系一といわれる標高24キロ、直径600キロのオリンポス山があります。きっと絶景でしょう... 」
とか書いてある。

英語でなら、
A good location with a great mountain-view.
つーところか。

そんなしょーもないことを、いろいろ考えてしまった。

今日の教訓 火星の土地、Nature年間購読を申し込みすることによって、もらうべき?

No comments: