Sunday, October 28, 2007

Ritter Sportの売っているところ。

昨日Ritter Sportを配っているお姉さんがいたので、捕まえて「どこで売っているの?」ときいてみた。
Trader Joe'sだそうな。
他の売っているところのリストはこっち

これで、チョコレートには不自由しないぞ。

過去のブログ
Ritter Sportアメリカ上陸?

The Dante Club

今地獄の英語教室の宿題の1つとして、The Dante Clubという本を読んでいる。
というか、今週中に読み終わっていなければいけないのだが、私は半分しか読んでない!読み終わった人は7人中1人のみ。。。 3週間で360ページ読める人って、別に英語教室に通わなくてもいいのでは。。。
その本は、実は日本語に翻訳されているのであった。くわしくは、こっち

日本語に翻訳されているぐらいなのだけれど、あまり面白くないのであった。
同じような趣旨ならダン・ブラウン(ダヴィンチ・コードの作者)の本の方がいいのにーーーーー。でも、一般受けするような本ではなく、教養もつけることが出来る本がいいというHarvard Universityの方針もあるんだろうと、勝手に考えている。

今日の教訓 本一冊3週間で読める人には、英語教室はいらんと思う。

Wednesday, October 24, 2007

論文の読み方にも共通

昨日の英語教室で教えてもらった。
6. reading habits to develop in your first year at harvard

なるほどねー。最近論文の内容が頭に入ってこないと思ったら、マークしていただけだからだったのね。

と、こんなことをコメントしている場合ではないので、勉強します。

今日の教訓 英語教室は、英語だけ習うところではないらしい。

Friday, October 19, 2007

お別れ会

今日は、フランス人同僚のお別れ会をした。
ポットラックにした。ポットラックとは、みなで食べ物飲み物を持ち寄ってするパーティである。
Eviteで、「みんな、国の食べ物を持ってきてね!」言って招待した。
そのとき、Potluckではなく、Potrackと書いて全員に送信してしまった。後でボスに「PotluckかPotrackどっち?」と聞くと、Potluckといわれてしまった。どんなものが出てくるかわからないからLuckなんだそうな。
ぬあー。また間違えてしまった。メールで40人ぐらいに送信してしまった。恥ずかしい。

一応主催者は私なので、部屋の確保をし、みんなを「何もってくるの?」と聞きまくり、なんだかんだあったが、無事終了した。みんな気に入ってくれたらしい。よかったよかった。
「よくこんな大きいパーティ主催できたね。日本ではでっかいパーティをよくするんだろ」
と聞かれたので、「ちがう。これはドイツ式」と答えた。
日本で持ち込みパーティなんて、しないよねー。していいと思うけどさ。普通は飲みに行くよね。
貧乏学生だったので「部屋飲み」はしたけど。。

ちなみに、招待した人のお国はどれだけあるかというと、
アメリカ、
日本、
フランス、
イタリア、
オランダ、
チリ、
アルゼンチン、
インド、
ドイツ、
南アフリカ、
イギリス、
韓国、
ギリシア、
そんなぐらいかしら。
南アフリカはうちのボスで、「絶対持ってきてね!」と言い張ったが、無理だった。ざんねん。

私が今回もって行ったのは、お好み焼き。大ボスが好きなのである。

フランス人同僚には、後でワインをもらってしまった。
彼はボルドー出身なのである。 もちろんボルドーワイン。

うちのラボは、これでボス、テクニカルアシスタントの男の子、私の3人になってしまった。
ボス、さびしいから人雇ってよね。

今日の教訓 インターナショナル ポットラックは面白い。

過去のブログ
RとLの違いなんてわからない
ドイツ人はパーティが好き
ホームパーティに持っていくもの
パーティ
Japanese Pizza
Japanese Pizza その2

Eviteについての参考文献
オンライン招待状サービス、ネットバブル後も人気維持
消えていったベンチャー:SNSとかペットクローンとか

Saturday, October 13, 2007

それは 難題。

私の愛用している、証券口座のFidelity InvestmentsのmyPlan Retirement Quick Checkによると、

1.今の状況(給料)で、
2.今までどおり403bに入れて、
3.Roth-IRAに上限まで拠出して(今年は年間$4000)、
4.Aggressive Growthで運用して(運用方法で、上から二番目に激しく運用する方法、6段階ぐらいあり、1番目は株のみ。6番目は貯金のみ。今私は4番目ぐらい)

では、今までどおりの市場だったら大丈夫だけれど、市場が落ちたりすると、65歳でリタイアして90歳まで生きるまで資金が続かないそうです。今の生活のレベルで引退できないらしい。

Aggressive Growthは、上から二番目に激しく運用する方法、6段階ぐらいあり、1番目は株のみ。6番目は貯金のみ。今私は4番目ぐらい。 Aggressive Growthでは資金をアメリカ株70%、アメリカ国外株15%、債券15%ぐらいで運用する。


Fidelity Investmentsからの提案は、
5. 月さらに260ドル貯金してください。
とのことです。

だー!(抗議の声)

そんな資料を17ページもPDFにしてくれました。(1ページ目はFidelity Investmentsの人の御挨拶)。その他の提案もいっぱい。
インターネットですぐ出来るので、Fidelity Investmentsの口座を持っている人は試してください。いろいろ条件を変えて遊ぶことが出来ます。
もっと簡単なので、他の人でも出来るのは、myPlan Snapshot

目標は1 million (約1億円)らしい。
それって、普通に必要なのか。。。。。。

今日の教訓 一億円は、リタイアするのに普通に必要な単位らしい。

過去のブログ
引退するまでに$1 millionを作ることは可能か。

アル・ゴア ノーベル平和賞!

なんとなんと、アルゴア元副大統領が、ノーベル平和賞を受賞しました。
なんや問題も出ているそうです。
データに疑問視、だそうです。
アル・ゴアは科学者じゃないからねー。科学者だったら、全部引用したデータ、論文に「どっから引用したか」と書くからね。それじゃないと詐欺だし。
それでも捏造する科学者もいるけど。

受賞したという話をしていたら、秘書さんと他の女の人が、「買い物した後、紙袋とビニール袋のどっちに入れてもらったほうが環境にいいか」という議論をしていた。
「そうじゃなくって、買い物袋持っていきなよ」と、突っ込みたいぐらいだった。(実際には突っ込んでない)
アメリカとは、うっすいビニール袋を全部二重にして品物入れてくれる国なのでした。破れない程度の一枚の袋を作れって、突っ込みたい気分。
ドイツでは、ビニール袋は有料。(紙袋は存在しない)。結構高いので、布袋を持っていく。本屋Hugendubel にも本用の布袋が売っている。
アメリカの名誉のために言っておくが、ここ半年で買い物袋は売られるようになった。使っている人も結構いる。

そんな不思議なアメリカなので、アルゴアがノーベル平和賞をもらってもいいんじゃないですか?
石油も高くなってることだし。

過去の関連ブログ
本当に溶けてます。

Ritter Sportアメリカ上陸?

"Things are getting worse. Please send me a chocolate. (状況は悪くなってきたので、チョコレートを送って)"という名前のポストカードをBarnes & Nobles(本屋の名前)で発見したとき、ついつい買ってしまった。
なぜって? それはドイツのミュンヘン製だった。
二つ買って、一枚はミュンヘンの研究室に送った。でも、そのままだと心配するので、
"Things are not getting worse. But Please send me a chocolate (状況は悪くなっていないけど、チョコレートを送って"と書き加えて、「ポストカードはミュンヘン製だよ」と書いて送ったら、元同僚に受けていた。
ドイツでは、毎日チョコレートを食べていたのであった。そしてアメリカのチョコレートはまずいのである。

ドイツで食べていたのは、これ。
Ritter Sports
Shokologie(ドイツ語で、チョコレート学)とか書いてあるし。ちなみに私がやっているのは、
Immunologie(ドイツ語で、免疫学)。
そっくりでしょ? 

アメリカで苦労して探して、この前まで、Trader Joe'sに3種類、他にCardullo's Gourmet Shoppeにかなりの種類しかなかったのだ。Trader Joe'sは比較的安く買えるけれど(それでもドイツで買っていたよりも高い)、Cardullo's Gourmet Shoppeでは、もう本当に高級チョコレート。
一枚$3(350円ぐらい)。
ボスに(ボスもなぜかおいしいチョコレートということで知っている)「売っているんだけれど、高いからなかなか買えないんだよ」と言ったらかなり受けていた。
だって、毎日食べるんだし。

そのRitter Sport chocolate、昨日バスに乗ろうと思ったら、バスにRitter Sportの宣伝が。
目をむく私。

もしや、アメリカ上陸?

今日は、お姉さんが道でミニRitter Sport chocolateを配っていた。(よく考えたらもらっておいて、売っている場所を聞けばよかった)

どこに売っているんだろう。探しに行かなければ。
しかし、アメリカ版キットカットみたいにクソ甘くて、もとの輸入版を駆逐してしまったらどうしよう。

今日の教訓 美味しいものは世界中に広がる。

過去のブログ
これでやっとこさアメリカでも暮らせますよ。

気に入ったら、右のボタンをクリックしてね。

Thursday, October 11, 2007

地獄の英語教室

腱鞘炎のせいではなく、英語教室のせいでブログが更新されてません。

宿題宿題宿題。要求要求要求。
3年ぐらい海外にいて、自然に習うことを圧縮して3ヶ月でする気分。
「ハーバードに来て習ってるんだから!」という、プレッシャーをかけてくる先生。 こわいよー。(先生なぜかドイツ人)

しかも、昨日英語教室で習ったのは、スピーチの仕方。
一生のうちに人前でスピーチをする人は、一体何人いるのでしょう? それともアメリカ人はみなスピーチが出来る???とか???
私職業柄スピーチ(というかプレゼン)をするので、真剣に授業を受けることにした。

そういうことでした。

でも、それだけ前の英語教室よりも効果ありそう。
700ドル払って授業うけることの出来る人というのは、それなりの教育を受けた人なので、あんまりぼけた人はいない。

ブログ書くよりも、Free writingの宿題と、小説一冊(今のところ面白くない)を4週間以内に読むという課題もありーの、発音練習してこいーの、なんのかんのといろいろあるので、今日はここまで!

今日の教訓 さすがハーバード(プレッシャー、プレッシャー、プレッシャー)

過去のブログ
海外研究者のありえなさそうでありえる生活: なんと同じクラス

Sunday, October 7, 2007

優雅な一日

今日は大ボスの別荘に行ってきた。
ケープコッドにあって、大きな池に直接接していて、池には白鳥の家族が住んでいる、そんなところである。
その池にプライベートの小さい桟橋があって、カヌーがある、そんなところである。
去年も行ったが、今年は別荘ツアーをしてもらった。
地下室つき二階建てで、地下室から外に出れる。とにかく広い。
少なくともバスルームが三つあり、さらに4つ目のトイレがあり。
二階のバスルームにはジャグジーがあった。
大学と大学院に行っている子供がいるのだが、Newton(高級住宅地)の家ではなく、Cape Codの家に帰って来たがるそうだ。納得。引退後の家として購入したらしい。

今日の朝捕れたというSword Fish(カジキマグロ)を、バーベキューにして、みんなで美味しくいただいた。「今日の朝取れたんだったら、刺身にするだろう!」と、日本人(私)は言い張っていたが、美味しかったので、それ以上文句は言わないことにする。
そういう食べ方もあるのね。
しかも、その超新鮮なカジキマグロは、ボストンで買うよりも全然安い。

とっても優雅な一日だった。

さーて。
そんなような、とっても優雅な別荘を手に入れるには、どうすればいいんだろう?
そいでも、「今日の朝とれたカジキマグロ」だけでいいかも。。。。。マグロも捕れると言っていたような気がする。

ちなみに、この優雅な別荘、使わないときは人に貸しているそうだ。借りてみたい人は、うちの大ボスに言ってください。
それか、VRBO(別荘を借りるネットワーク)で、探してください。
7-9人まで寝れて、一番いいシーズンは$2800/weekで、掃除代$125と保証金$500(後で帰ってくる)だそうな。
学生に一回貸すことになって、えらい目に遭ったそうで、二度と学生には貸さないらしい。

はっきり言いますと、その辺に一週間泊まったりすると、とんでもない金額になりますんで、いいアイデアかもしれない。

今日の教訓 カジキマグロ美味しかった。
カジキマグロ ランキング ★★★★★

気に入ったら、右のボタンをクリックしてね。

在庫処分中

ただいま在庫処分中。
1ヶ月に一回ぐらい、冷蔵庫の中の物を一掃する。
特に冷凍庫の中に凍っている、訳のわからないもの。(作って凍らせて、忘れたもの)
あとは、買ってきて使っていない缶詰とか。

在庫はやっぱ会計上、じゃなくて家計上よくないでしょ。
それに、買ったものを腐らせるのは、環境上もよろしくない。食品は、どこかでわざわざ作ってそれを輸送して、さらに店で冷蔵(あるいは冷凍)して保存して、購入してからも冷蔵庫などに保存してあるという、とってもCO2を出しているものである。
ので、腐る前になんとかして食べる。

この前はそれでもRussian VilleageというBrooklineのお店(ロシア系)に行って大量購入してきたソーセージを腐らせてしまった。
あーーー、もったいない。ドイツソーセージに匹敵する高品質ロシアソーセージ(でもニューヨーク産)が! アメリカのソーセージはまずくて食べれないんだよ。
また行って購入してきて、すぐ全部凍らせた。

今、冷蔵庫にへにゃへにゃの大根があるよー。
うーん。どうする。

今日の教訓 1ヶ月に一回は冷蔵庫の在庫処分。

気に入ったら、右のボタンをクリックしてね。

Saturday, October 6, 2007

金持ち父さん、貧乏父さん

知り合いからもらった、「金持ち父さんの 子供はみんな天才」を読んだ。

面白かった。お金(というよりもビジネス)の本であるが、同時に教育の本でもある。

「金持ち父さん、貧乏父さん」は、大学にいるときに読んで、びっくりした本だ。

なんていうか、「こういう世界があるのか!」みたいな大発見である。
「なぜこういう話はうちの家ではなかったのか!」とも思ったが、今思い返せば、大学生の時に読んでいて良かった。
読んでないよりもマシ。
なぜなら、投資信託、株などを少しずつやり始めたからだ。(ちなみに投資信託、株ともにアメリカのほうがずっとやりやすい)
金持ちの発想を考えるにはいい本だ。いつの歳になって読んでも遅くはないと思う。

他に私のお勧め本としては、「イヌが教えるお金持ちになるための知恵」は、子供用に書いてあるが、大人でも十分通じる実践編である。かなりお気に入り。
ドイツまで持って行って(実はドイツの本)、ドイツからアメリカに郵送する時に無くなった。

そのほかにもいろいろなビジネス書やお金持ちになる方法など、いろいろあるが、どの本にも通じることが1つある。

物事を「やる」か「やらん」かで人生は決まる。(私の勝手な解釈?)

今日の教訓 金持ち父さんは、何歳になって読んでも役に立つ。

気に入ったら右のボタンをクリックしてね。

ボストンの消防士

アメリカでは消防士(Fire fighter)はすごく尊敬されている職業らしい。たぶん、「火の中に飛び込む」からだろう。

この前、ボストンの消防士が2人、火事を消そうとして亡くなった。殉職である。
ボストン市民は、二人の死を悼み、お葬式をした。
私と友人は、「日本で消防士が火事で死んだって、聞かないよね」と言っていた。

昨日のBoston Globe。
Autopsies find alcohol, some cocaine, 2 officials say. (二人のofficialな人が言ったところによると、検死で、アルコールと、コカインが発見された)。

はあ?って感じだが。
更にざっと読むと、アルコール濃度は車に乗れないぐらいらしい。

つまり、「酔っ払った消防士とヤクやっていた消防士が、火事の時仕事をしていて死んだ、ということらしい。

ついでに、怒っている市長の顔も今日見つけた。

やだよねー。もし、火事になっていて、逃げ遅れて「助けてー」と思っているときに、酔っ払い消防士とヤク中毒の消防士が助けに来ても。ちっとも助かった気にならない。逆に消防士を助けないといけないかも。

市長は、徹底的に調査するようです。頑張って、Menino市長。

今日の教訓 アメリカでは火事を起こさないようにしましょう。また火事になったときはさっさと逃げましょう。消防士は助けてくれないかもしれません。

気に入ったら、右のボタンをクリックしてね。にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ