Wednesday, April 9, 2008

ブログの面白さと国語の点数は関係がないらしい

最近このブログが面白いという感想を、数名の方からいただきました。
どうもありがとうございます。
今後も頑張りますので、応援してください。

さて、ブログが面白いと言われて思い出したこと。
私は国語がてんでダメだったのだ。
センター試験の国語の点数を言うと、「そんなに低いの!」と驚かれるのぐらいなのだ。ちなみに驚くのは、私と同じぐらいの大学行って、博士課程に行ったレベルの人達ね。
そのぐらい低いのだ!

高校とか中学とかの試験で特に嫌いだったのは、
「○○において、著者の意図することを述べなさい」
という問題。こんな問題あったと思うけれど、違う?
さて、著者は何を意図して書いていたのだろう? 
そんなことは読者それぞれ違う風に感じるんだから、わかるわけないじゃん!
しかも「著者は××と意図して書いている」と、出題者は思っているが、実は出題者が「著者はこう意図している」と思っているところと、実際著者が意図しているところが違ったら一体どうするんだ? 
とか思っていた。つまり、わからんので開き直っていた。
仕方なく著者が意図していると私が思っているところの文章を一生懸命書くが、×をもらっていた。
今でも思い出すぐらいのトラウマなのであった。(こみ上げる怒り)

問題1. ここで上の段落の文章を書いた著者(このブログを書いている私)の意図することを述べなさい。(爆笑)


その国語の苦手な私でも、面白いブログを書くとお褒めの言葉をいただく。要するに、面白い文章と国語の試験の点数とは全く関係がないのであった。みなさん、たとえ国語の試験の点数が良くなくても、「国語力が無いから」と諦めたりせずにブログを書いて下さい。

問題2. ここまでの文章で最も重要な一文を書き出しなさい。
ちなみに「書き出す」というのは、文章をそのままそっくり書き写すことです。でないと×をもらいます。


今日の教訓 では、はりきって今後もブログ書きます。

No comments: