Sunday, November 9, 2008

デブちゃんの国 アメリカ

この前のセミナーで面白いスライドを見たので、Googleで探してみました。


出所はこちら。 
U.S. Obesity Trends 1985–2007 (アメリカの肥満率 1985年-2007年) 
こっちのほうが見やすいです。 

BMI (Body Mass Index)が30以上の人の割合を調べたもので、どれだけアメリカで肥満が増えてきたかというグラフです。 一番濃い赤は、州の30%以上の人がBMI30以上であるということを示しています。
もう呆然とする勢いです。

セミナーでは各国のグラフも表示していました。ちょっと違うものをWHOのサイトで見つけました。
日本すばらしい!!

その後昼食で出てきたピザを見て、「さっきにプレゼンテーションを見てね、私、アメリカのご飯、食べるの怖くなったんだよー。」と言ったらスピーカーの人に笑われました。

さてさて、BMI=30というのがどんなもんかわからないので、試しに計算してみました。研究者たるもの、データの意味が実際どんなもんであるかを具体的に示さないといけません。
Wikipediaによると
BMI=Weight (kg) / (height (m))2
である。
ちなみに私の身長約1.6mを入れて、BMI=30の人の体重を計算してみると、
Weight(kg) = 30 x 1.6 x 1.6 = 76.8 kg!!!!

76.8kg!!!!

身長160cmで76.8 kgあったら、確かに大問題! 
身長170cmで86.7kg
身長180cmで97.2kg
この二つは実感わかないけど、だいたいどんなもんなのでしょうか?男性諸君?

しっかし身長160cmで76.8 kgあったらもう、見かけがどうとかいう問題ではなく、健康上ものすごい問題なのではないでしょうか?
その人達が20%以上いるって一体?
アメリカ政府、皆保険なんて絶対やりたくないかもしれません。

そして、やっぱりアメリカのご飯を食べたくなくなった私でした。

アメリカには体重を減らすTVショーがあります。
Biggest Loser
インターネット上で見れると思います。 チェックしていませんが。

そうそう、病院に定期健診に行くと体重(と身長)を必ず測定されるのですが、半年前はkgでした。 その1年前はlb(パウンド)でした。 アメリカも変わるものです。 

うぬー。 研究プロジェクト obesity(肥満)関係にしようかしら。

それに関連して、この前面白いもの見つけました。
Podcat for Running: Couch to 5K
週に3回、これにそってトレーニングすると5km走れるようになります。
「これから3分走ってねー!」「これから90秒は歩いて」とか言われます。曲は結構アップテンポ(走るときは特に)なので、聞きながら走ると、まるで映画の「ロッキー」のテーマを聞きながら頑張るみたいな気分になります。(実際トレーニングをしていて、「もうダメだ」という人にロッキーのテーマを聞かせると、また頑張るそうです。こわいでしょ?)

私も5km走れるようになりたいなー。

今日の教訓 絶対太りたくないし!

追加情報
・上のグラフをテクニカルアシスタントの同僚に見せたら、”I am sad......(俺は悲しいよ)”と言ってました。自分の国の人が皆デブになっていくのって、悲しいよね。
・別のグラフも見つけました。 こちらをご覧下さい。 要するに、イギリスとその植民地の食事が悪いような気がします。

過去のブログ
あったら継ぎたいマラソン遺伝子 ホノルルマラソン2回走った祖母の話
カメラ ジョギングとも散歩ともつかない私の運動+写真撮影の話
にほんブログ村 海外生活ブログへ

No comments: