Sunday, December 21, 2008

Snow storm

って、日本語にすると、どういう単語になるのか???  雪嵐?
雪。
金曜日から日曜日まで雪。 
金曜日にどっさり。
土曜日にちょっとだけ。(実験しに行った)
日曜日の今朝だけれど、まだまだ雪。しかも風が強い!



ということで、土曜日の、雪のBoston University Shool of Public Health。

どっかスキーに行きたいよー。

Googleでこんなのも発見した。Googleの天気予報だが、その土地の気温が見れる。
アメリカ全体とか。
内陸って寒い! 今日のシカゴは-20℃らしい。。。。。。。。
明日のボストンは-12℃まで下がるらしいけどさ。。。。。。

さてさて、バスルームが隙間風が吹き込んでいて、なんだか寒いなと思って昨日の夜いろいろチェックしていた。 
なんと、窓が悪いんではなく、窓枠がちゃんとカベにくっついていなかった。
ようするに、窓のサッシ(?)と壁の間に隙間があって、そこから隙間風が吹き込んでいるという状況。

そりゃさむいよ。
というか、プロフェッショナルとしての誇りがないのかこの国は(怒)!
日本人の言うところの職人魂とか、ドイツ人の言うところのMeister(マイスター)とか!
(いや、もちろんありませんて、そんなものは。。。。。)

変な風に窓が取り付けられているせいか、網戸がきちんとはまっていなくって、それで網戸を上げることが出来ず、その外にあるもう1つの窓ガラスを閉めることできず。
それができると少し風が減るんだけれけど。。。。。。
ちなみに、窓は二重ガラスになっているようなので、その向こうの窓ガラスをいれると三重ガラスになりますな。

でも、隙間が開いていたら全く意味がない!

くだんの隙間、いろいろなものを詰めてみた(笑)。 本当にどうでもいいものをいろいろ。
そしたら、隙間風が減った。 見栄えは非常に悪いが、隙間はないぞ。

そして、アメリカにはWindow insulation kitなるものがある。
やり方をYoutubeで発見。

ま、まだある隙間風に耐えれなくなったら、買いに行くかな。 今日は雪で行く気にならないけど。

ちなみに、私の部屋は窓から一番遠い場所は24℃。 窓際に今温度計を置いたら18℃らしい。次はバスルームにも置いてチェックしようっと。
18℃あるならいいじゃんと言うなかれ! ドイツでは全く!全く!全く!!!!!隙間風なかったんだから。築70年の家でも、窓とかちゃんとしていたんだから。
金曜日の夜なんて、窓の一番下の所で結露した水が凍っていたんだぞ。

さて、雪の話に戻って。
Thanksgivingからクリスマスの間は、アメリカ人が狂ったように(ほんと、狂ったように)買い物をする時期である。この時期に店は収益を上げるのである。
が、そのクリスマス前の最後の週末が大雪になってしまったので、Economic crisis(経済危機)中のアメリカは、本当に困ったことになったのであった。
こりゃ、クリスマス延期しないと(笑)。 プロ研の忘年会も延期しちゃったし。

今日の教訓 今日も隙間探しに徹する。

過去のブログ
暑い!
なんでアメリカが世界一の国かさっぱりわからん その13 やっぱりアメリカ人はいい加減
続 あこがれのニューヨーク生活はこんな感じ。 天井崩壊の図
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

No comments: