Saturday, August 29, 2009

ワルキューレ(ヒトラー暗殺計画)

ワルキューレという映画をNetflixで借りて観た。

内容は実際にあった話で、ヒトラー暗殺計画であるオペレーション・ワルキューレ(英語Valkyrie、ドイツ語Walküre ヴァルキューレ)について。あらすじは、興味がある人はウィキペディアの「ヒトラー暗殺計画」をごらんあれ。ちょっと引用してみると、

---------------------
ヒトラー暗殺計画(あんさつけいかく)は、ヒトラーの政権奪取後、単独犯及び組織的なものを含めて少なくとも43回企てられた。
---------------------

だそうだ。 43回も企てられたのか。ヴァルキューレ計画はその中で一番大がかり(軍人がやってるし)のものである。映画はトム・クルーズが主演で、爆弾をしかけたクラウス・フォン・シュタウフェンベルク(Claus von Stauffenberg)役を演じている。

私はてっきりドイツ国内は戦時中はヒトラーの下で全員の意見が一致しているもんだと思っていた。ドイツ内部でそんなことがあるとは、この映画の予告を見るまで知らなかったのであった。規模も結構大きいし。

今日の教訓 映画もたまには勉強の役にたつ。

No comments: