Wednesday, March 31, 2010

アメリカのハイスクールのこわーーーいお話

去年の11月に日本に一時帰国した時、旦那さん日本人、奥さんはいわゆるガイジンという夫婦にあった。二人はアメリカで出会ったのだと思うが、アメリカが嫌いだし、子供を絶対アメリカで育てたくないので、旦那さんの国か奥さんの国に行こうということになったそうである。そういうことで日本に住んでいる。

その話の真の意味をこの前知ることになった。いや、これだけが原因ではないとは思うが。

研究室でのランチの時、ひょんな話から麻薬の話になった。
アメリカ人が言うには、ハイスクールの校内で麻薬をやっている生徒がいたらしい。なんでもヘロインもやっていたらしい。ものすごく普通にしゃべっているので、non-American(アメリカ人ではない人達)はびっくり!
フランス人、日本人(私)、イスラエル人「麻薬やってる人なんて、そんなの映画の中しか見たこと無いよ!」
アメリカ人はその反応にびっくり。「ヘロインやっているような人がいるハイスクールは普通」だと思っていたらしい。
ちなみに彼女が行っていたハイスクールはミドルクラス(中流家庭)が行くような、いたって普通のハイスクールである。

子供2人のいるお母さんパニック!

別のアメリカ人は「ある裕福な生徒は、麻薬を他の生徒にタダであげていたんだって。それでハイスクールから追放されたんだって」
ふーんと聞いていたが、「子供2人のいるお母さん」は後で、「麻薬他の生徒にあげるような生徒は、本当は刑務所行きだ!」と言っていた。そういえばそうだ。

アメリカ人があまりにも普通に言うから、気づかなかったんだよー。

さて、ここでヘロインとは何かを解説。それこそハリウッド映画でしか見たこと無かったので、調べてみたのである。Wikipediaより引用。

ヘロイン (heroin, diamorphine) は、アヘンに含まれるモルヒネから作る麻薬。 塩酸モルヒネを無水酢酸で処理し、生成する。正式には、3,6-ジアセチルモルヒネ (3,6-diacetylmorphine)。化学式は、C21H23NO5CAS登録番号は、561-27-3。
依存性の極めて強い麻薬であり、麻薬及び向精神薬取締法で、その製造・所持・医療目的を含め、規制対象になっている。現存するあらゆ る薬物の中で「快」の面でも「悪」の面でも最も高峰に位置するものとして、「薬物の女王」(The queen of drug) の代名詞を持つ。

引用終了。

さて、私と「子供2人のいるお母さん」はパーティに呼ばれたので行った。そこの奥さんがちょうどハイスクールに行っている子供がいるということなので、本当にそうなのか二人で聞いてみた。
私と子供2人のいるお母さん「ハイスクールで麻薬やっている生徒がいるって本当?」
奥さん「そう。どこのハイスクールでもそうだわ。生徒は全員、誰が麻薬の売人か、知っているわ」
私と子供2人のいるお母さん「うわー」
私「お金持ちのいくような、ちゃんとした学校はどうなの」
奥さん「よけいひどいわよ。裕福だから、麻薬を買えるお金があるの」
私と子供2人のいるお母さん「うわー」

私とその「子供2人のいるお母さん」は、「子供がハイスクールに行くような年齢になったら、祖国へ帰ろう」と言っていたのであった。
大学行く費用も高いしね。

今日の教訓 おそるべし、アメリカ!

過去のブログ
年間 500万円!(アメリカの大学に子供をいかせたときの費用)

No comments: