Friday, August 20, 2010

Cirque du Soleil

Cirque du SoleilのOVOを昨日見て来た。Cirque du Soleilとはなんじゃという人のためにWikipediaより引用。

シルク・ドゥ・ソレイユ
シルク・ドゥ・ソレイユ®フランス語: Cirque du Soleil®日本語直訳: 太陽のサーカス)とは、火喰い芸の大道芸人だったギー・ラリベルテが、1984年カナダで設立したエンターテイメント集団、及びそれを管理する会社の名称である。

中略

ショーのスタイルにはサーカスの伝統様式を取り入れているが、演者としての人間を強調する「ヌーヴォー・シルク(新サーカス)」と呼ばれるもので、動物を使った曲芸は行わない。大道芸、サーカス、オペラロックの要素をふんだんに取り入れ、体を自在に曲げる軽業や、ジャグリング、力業、道化と空中ブランコなどがよく登場する。彼等のショーに登場する衣装は非常に多彩でそして創造的であり、祝祭の雰囲気を醸し出している。

引用終了。
ということで、ライオンはいない(笑)。



E-mail processing feeとかConvenience fee(私にとってはinconvenience fee)を払いつつ、チケットを購入した。
楽しかったので、まあよいとする。

ああいうのを見て思うのは、世の中にはすごいことが出来る人達がいるってことである。全く、オリンピックとか出てたんじゃないの????と思うわ。
一番すごいかったのは、ロープの上で一輪車の上で逆立ちする人だった。なんつーか、すごいバランス。しかもその一輪車を手で漕ぐのよ。ロープの上で!

信じられんわ。 全く。

さて、プログラム(15ドル)を、ショップで覗き見したら、メンバーの出身地が書いてあった。中国人グループあり、ロシア人グループあり、ブラジル人グループありで、一瞬「BRICsの集団か!」と思ったが(←ファイナンスの勉強のし過ぎ?)、スイス人もいるし、一人だけ日本人もいたしで、多国籍軍なのであった。

昔ラスベガスで観たやつはこれ。


OVOはボストンでは8月28日まで講演して、その後Washington DC, Atlanda, Frisco, Houston, Cincinnati, Seattleに行くらしいので、興味のある方は、どうぞ。

今日の教訓 自分は何もできないなーと思ってみたりしたが、ま、いっか。

No comments: