Sunday, October 30, 2011

いきなり大雪?

10月の最後にして、いきなりNor'easter(ニューイングランドにくる大吹雪のこと)が訪れた。

Residents dig out, thousands without power after ‘unbelievable’ snow

ボストンでは大した事無かったけれど、30インチ積もったところもあるらしい。30inchesということは、76.2cmということ。ホンマかいな。
ハロウィーンに雪というのはめずらしくって、結構大騒ぎ。湿った重い雪だったので、いろいろなところでまた木が倒れ、電線を切って、662,738世帯が停電。寒いのに停電なんて、死活問題になりそうだ。うちには分厚い布団+-7℃まで大丈夫な寝袋があるけれど。

今日の教訓 もう鍋の季節らしい。

過去のブログ
ボストンにtropical storm来る

日本での生活?

私の友達のドイツ人の友達が日本に行ったそうな。1年後その友人に学会であったら、昔はポッチャリ系だったのに、めっちゃやせていたそうな。

日本で一体何食べたんだろう。。。。

今日の教訓 日本で生活するとやせるらしい。

つっぱらない突っ張り棒

今日つっぱり棒を2本買ってきた。

つっぱらないんですけどー! 回して手で押すと、「ガガガガ!」って音がして元に戻ってしまう。これでは全然意味ないんですけどー。

最近こういうのが多い気がする。大抵の物はMade In Chinaなのだが、輸入する側はお金しか考えてないのか、非常に質の悪いものが増えて来た気がするのである。って、私だけ?
服を3回ぐらい洗濯すると、ヨロヨロになるとか!ちょっと高いブランド買っても、質的にはあんまり変わらない気がする。

輸入して売っている側のプライドが見られない!

まったく。

今日の教訓 明日ぐらいに返品しに行きますー。(むかー!)

過去のブログ
返品

Friday, October 28, 2011

デビットカード使用手数料

ボストンは昨日は初雪で、明日は積もるらしい。。。。

さて本題に入って。

Chase, Wells Fargo drop debit fees, BofA to adjust
によると、Bank or Americaはdirect deposit(給料の直接振り込み)をしたら、デビットカード使用手数料を払わなくてもよくなるらしい。
やったー!

でも、私Direct Depositはずしちゃったけど。。。。デビットカードで買物しないからいいけど。 記事にも「もう遅い! 別の銀行に乗り換えちゃったし!」っていう人がいた。

今日の教訓 まったく、お騒がせな。

過去のブログ
デビットカード使用に手数料!

Thursday, October 27, 2011

選び取り その2

選び取りの話をしたけど、選び取りとは何かを説明するのを忘れてた。

選び取りは、赤ちゃんが1歳になったときに行う将来占いで、

いろんな物を並べて、その中から赤ちゃんが最初に取るもので、
将来の職業や才能を占う。
並べるもの、
そろばん(電卓)

お金
お米
サッカーボール
などなど。

私の場合、たしか親はそろばん取ったって言っていたような気がした、と思って親にきいた。

親「あなたはそろばんよー!」

なんか3つ置いたらしい。そろばんと、辞書と、なんかもう一つ(忘れたらしい)。そのころヨチヨチ歩きだったらしいのだが、ハイスピードでハイハイしてそろばんを取り、胸のところで抱きしめて振っていた。

だそうな。

そろばん 計算が得意。商売向き。

今日の教訓 辞書は学者だったらしいけどー、今のところ、学者してますけどー? 確かに計算なほうだけれど。

過去のブログ
選び取り

Tuesday, October 25, 2011

ニセモノー!(あるいは禁断の魚)

今日のBoston.comで見た記事。

GLOBE INVESTIGATION FINDS WIDESPREAD SEAFOOD MISLABELING

なんでも、ボストン・グローブがいろんなお店やレストランで魚を買って、DNA検査をしたらしい。

183サンプルとって48%が本当の名前と違う名前をつけられていた。こっちに
ボストンのいろいろなお店、スーパーマーケット、レストランの、全てのテストの結果が載っているので、どうぞー。

Cod(マダラ?)がHaddock(コダラ)になってるぐらい、食べておいしかったら許そう。食べても美味しくなかったら問題だけれど!
それよりも問題は、White Tunaは実はEscolar(日本名アブラソコムツ)という魚らしいこと。本来はAlbacore Tuna(ビンナガ ビンチョウマグロ)のことをWhite Tunaというらしいけれど、この辺で安く売ってるのはEscolar(アブラソコムツ)!ウィキペディアによると、

深海魚にしばしば見られる形質であるが、体内の油脂成分のほとんどが、瀉下作用(下剤様作用)が有り人体で消化することができないワックスエステル(ゲンピロトキシン)でできている。そのため、大量に摂取すると、皮脂漏症(皮膚から油が漏れる病気)を起こしたり、消化吸収されなかった油脂が肛門からそのまま漏れ出す、あるいは下痢や腹痛を起こす場合があり、とくに多量に摂食するなど重症の場合、下痢による脱水症状やそれに伴い昏睡状態に陥る症例も報告されているので注意を要する。
そのため、食品衛生法第6条2項(有害な物質を含むもしくはその恐れのある食品)に該当する食品として厚生労働省から販売禁止指定されており、判例もこれを支持している[1]。

(引用終了)
だそうである! 英語版によると、日本では1977年から販売禁止ー!
「あの、フグ食べる国民が販売禁止とは!」と、まるで他人事の用におもったが、日本人でも食べない魚を食べてるわけである。あの真っ白なマグロ、見た事無い魚だと思ったら、そういうことか。
ものすごくひどい便秘でも無い限り、食べないほうが良さそうである。食べてもいいけど、大量に食べないほうが身のためか。

今日の教訓 ニセモノにご注意。

追加情報
禁断の「インガンダルマ」の名前で、こっそり食べてブログ書いてる人達がいるようです。ブログを読む限り「むっちゃおいしい!」とのこと(そうだったっけ????)
さすが日本人、「禁止」と言われても「下痢するし」と言われても、美味しい物には目がなく、食べてみたいときは食べるようで。 そんなんだったら、こっち来てどうぞ食べてちょうだい。 出してるレストランのリストは上に載せてるし(笑)

参考までに、写真左がAlbacore Tuna、右がEscolar

厚生労働省 自然毒のリスクプロファイル 魚類:異常脂質

過去のブログ
日本人経営の魚屋さん
食欲をそそる映画、食欲をそそらない映画

Monday, October 24, 2011

選び取り

友人ところの子供が一歳になったので、「選び取り」を提案したら、誰も知らなかった。「ええ!Kayさんて結構古風なのね?」まで言われた。

皆しなかったのでー? それともこれは私の地元(三重県)のみ? でも私の母親は九州だけれど!

私の1歳の写真では、たしか餅の上に乗っていたはず。なんでも地方によれば餅(一升餅というらしい)を1歳の歩いてるか歩いてないかの子供にしょわせるらしい。

なーんと!

一升って一升瓶の一升だよね。結構重いのでは?
そんなのを一歳児にしょわせるとはー! 一歳で人生の厳しさを教える、日本人って厳しいわ。

結局友人ところでは、ご両親が来ていて選び取りしたらしい。

今日の教訓 私は何を取ったか覚えてないので(当然か?)、今度親にきいてみよう。

Sunday, October 23, 2011

ものすごい新しいマックと、ものすごい古いプリンター

この前iMacを買ったので、ボスが同僚にあげて、いらないので私にくれて、そのままになっていたプリンターをつなげてみた。

HP LaserJet 2100TN
ウィキペディアによると、どうも1999年製かもしれんというぐらいである。
なんとそれがMacOSのsnow Leopardとインターネット経由でつながる、とウェブに書いてあった。Lionともつながるかもしれんと思って、つなげてみたらつながった! Cold resetなるものまで試した。このステップは必要だったのか、必要ではなかったのか、全然不明。

プリンター、つながったはいいけど、印刷スピードがむっちゃ遅い! ま、インクも当分あるので、いいけど。忙しいときは別のプリンター(他の部屋にある)で印刷しようっと。

今日の教訓 他の職業でもなんとか食べていけるんじゃないかと、たまに思う。。。。

過去のブログ
ウェブ バックアップ サービス

Thursday, October 20, 2011

The PhD movie

が今日あったので、見に行った。

かーなり面白かった! 学生が見た後、「ハッピーになった」と言っていたので、博士課程学生は是非見に行くべきである。今リストを見たら、九大では上映するようである。

ちなみに学生がハッピーになったのは、「他にも苦労している学生がいるんだ」ということでハッピーになったのである。。。。

女子学生のオフィスの引き出しにチョコレートとかお菓子が入っているのには笑った。私と同じだ!

今日の教訓 DVDにならないかなー???

過去のブログ
The PhD movie

Saturday, October 15, 2011

日本へのタダ航空券

と、タイトルを読んで浮き足立った人は、まあ、ちょっと落ち着いてください。。。

アメリカ人の同僚からもらった情報。
10,000 Free Round-Trip Tickets to Japan
なんでも、地震やら原発やら放射能やらの影響のおかげで観光ががっくり落ちている。なのでJapan Tourist Agency(観光庁?)が10000人に日本行きの航空券をプレゼントする計画を立てたそうな。条件はブログやらなんやらで旅行を報告すること。また、旅行プランをきちっと立てて応募しなけれならないらしい。予算がおりるかどうかはまだ不明。

私ブログ書いてるけど、私はタダ航空券の条件に入らないかしら(笑)

一瞬「日本て、まだまだ(金銭的に)余裕のある国だ!」と思ったが、考えてみたら、インターネット上の宣伝効果はかなりあるので、費用対効果で考えるといい案かもしれない。

ちなみに、日本人がガイジンに見せたい日本と、ガイジンが見たい日本は違う。
例えば、日本人ならやる人はあまりいない、新幹線で青森から鹿児島まで一日日本縦断とか。。。。このナショナル・ジオグラフィックのお兄さんの計画、日本人には全く理解されず、JRの駅のみどりの窓口の人を含め「二日に分けたら旅行したらいかがですか」と勧められている。鉄ちゃんしかやらないよなー、こんなこと。私もやってみたいけど!
朝の8時に青森出発で、夜の8時に鹿児島到着。。。。途中で二つ駅弁食べている。しかも電車に乗っている間、Twitterしていて、駅とか景色の感想書いたいる。でも新幹線が速すぎて、書いてるそばから次の都市についたりするので、「Twitterよりも早い新幹線」てな結論に落ち着いたらしい。

すばらし。

今日の教訓 他の国も「10000人に航空券プレゼント」とか、やらないかなー???

Thursday, October 13, 2011

ところでCredit Unionって何?

この前大手銀行がデビットカードでの買物に手数料をかけるという話をした。Direct Deposit(給料の直接振り込み)先を私の好きなFidelity MySmart(最近名前をFidelity Cash Management accountに変更)に変更した。徐々に大手銀行から離れつつある私である。

さて本題に入って。
銀行を大手から小さい所に変更するという話がFI planningで盛り上がっているのだが、その中にCredit Union(信用共同組合)の話が出ていた。
今更だけれど、Credit Unionと銀行の違い何?(笑)
ということでウィキペディア。Credit Unionより引用。

Differences from other financial institutions
Credit unions differ from banks and other financial institutions in that the members who have accounts in the credit union are the owners of the credit union[15] and they elect their board of directors in a democratic one-person-one-vote system regardless of the amount of money invested in the credit union.[16]

A credit union's policies governing interest rates and other matters are set by a volunteer Board of Directors elected by and from the membership itself.[17] Credit unions offer many of the same financial services as banks, often using a different terminology; common services include: share accounts (savings accounts), share draft accounts (checking accounts), credit cards, share term certificates (certificates of deposit), and online banking.[2]

Normally, only a member of a credit union may deposit money with the credit union, or borrow money from it.[2] As such, credit unions have historically marketed themselves as providing superior member service and being committed to helping members improve their financial health. In the microfinance context, "credit unions provide a broader range of loan and savings products at a much cheaper cost [to their members] than do most microfinance institutions".[18]

引用終了。
興味深いのは、
1.メンバー(お金を預ける人のこと)だけがCredit Unionにお金を預けることが出来て、メンバーだけがそこからお金を借りる事ができる。
2.メンバーが一人一人投票権を持っていて、トップ(Board of directors)を決めることができる。

なんと、民主主義ではないですかー???

もっと違いを知りたい人はこっち。

さらに続きを見たい人はこっち。
The Difference between Banks and Credit Unions: Part 2
The Difference between Banks and Credit Unions: Part 3

今日の教訓 私もCredit Unionに乗り換えようかしらーーーー。

Thursday, October 6, 2011

Occupy Boston

昨日はアップルコンピューターのSteve Jobsが亡くなった。
ご冥福をお祈りします。 

今日夜9時頃ボストン日本総領事館のあるビルFederal Reserveの前の広場でOccupy Bostonらしきものを発見!
Occupy BostonはOccupy Wall Streetのボストン版である。日本総領事館から「デモがあるから危ないかもしれないので、近寄らないように」というメールが来るまで、そんなものには気づかなかったのに。
ということで、近寄らなかった(笑)。
テントがいっぱいはってあって、人が集まっていて、しかもライブミュージックがなっている。音楽大学の学生か?

Occupy Wall Street、今のところ暴動とかもなく、平和にやっているそうである。今後どうなるのかしらー。寒くなるのよねー(ボストンの今日の朝は11度)

今日の教訓 Steve Jobsも亡くなったし、Ralph Steinmanも亡くなったし、アメリカではデモ起こってるし、時代の変わり目かしら?

Monday, October 3, 2011

今年のノーベル賞は免疫!

ってか、私の研究のど真ん中!
我が輩、自然免疫と樹状細胞(dendritic cells、DC)が本職でございます。。。ございました。

受賞者は3人で、Dr. Ralph Steinman, Dr. Bruce BeutlerとDr. Jules A. Hoffmannということで、最後の人は知らないけど、最初の二人は会った事ある。もっともDr. Bruce Beutlerは講演きいただけだから、「見た事ある」が正しいが。
Dr. Ralph Steinmanは2回ほどしゃべったこともあるし、握手したこともある(はず)。DCのex-vivo(自分の細胞を取り出して処理した後、元に戻すこと)の研究を最近していたのは知っていたが、まさか自分のがん治療に使っていたとはー!
ホンマかしら????
それにしても金曜日に死亡して、月曜日にノーベル賞の発表とは。。。。もう数日生きていたら、結果知れたのに。

ご冥福をお祈りします。。。。

さて、Dr. Ralph SteinmanがいつDCを発見したのかを調べてみた。PubmedでSteinman RMとdendriticで検索。

J Exp Med. 1973 May 1;137(5):1142-62.
Identification of a novel cell type in peripheral lymphoid organs of mice. I. Morphology, quantitation, tissue distribution.
Steinman RM, Cohn ZA.


1973年!

J Exp Med. 1974 Feb 1;139(2):380-97.
Identification of a novel cell type in peripheral lymphoid organs of mice. II. Functional properties in vitro.
Steinman RM, Cohn ZA.


J Exp Med. 1974 Jun 1;139(6):1431-45.
Identification of a novel cell type in peripheral lymphoid organs of mice. 3. Functional properties in vivo.
Steinman RM, Lustig DS, Cohn ZA.


J Exp Med. 1975 Apr 1;141(4):804-20.
Identification of a novel cell type in peripheral lymphoid organs of mice. IV. Identification and distribution in mouse spleen.
Steinman RM, Adams JC, Cohn ZA.


I-IVのシリーズになってる! そのころはシリーズで出すのがはやりだったのか、それともわざとそうしたのか、、、、
私の印象としては、「一発屋」でもいいのだが、シリーズで出していって「その道の専門家」になるのもいいような気がするので、「なるほどー」と思ったりもするのである。

それにしても、樹上細胞で書いた論文、共同研究も含めて320とは、恐ろしい限りである。First authorの論文も毎年のようにだしてるしー!

Dr. Bruce Beutlerはtoll-like receptor-4を発見したことで貢献だろうと思う。そこからtoll-like receptorの世界が広がったので。それにしても元の論文、覚えてる限り壮大な実験であった。エンドトキシン(LPS)反応しないマウスというのがあって、それを普通のマウス(でも遺伝子が違うやつ)と掛け合わせてー、子供が出来て、それをまた掛け合わせてー、出来た子供のエンドトキシン反応を調べてー。反応しないやつの遺伝子調べてー。
1998年の仕事である。ちなみにToll-like receptorの研究は、日本では審良先生が有名。

toll-like receptorも2000年代前半はやけどしそうなぐらいホットトピックだったが、移り気の科学者のこと、他のテーマを探し出して自然免疫の分野はInflammasomeがホット。。。。だけれど、今はもう違うかも。。。。

今日の教訓 ノーベル賞!!!

過去のブログ
日本語はScienceに向かないとつくづく思うこと
自分の研究を説明する難しさ その2