Monday, February 27, 2012

Gecko(ヤモリ)

Museum of Science(科学博物館)でGecko(ヤモリ)の展示をやっていたので、見に行った。生きてるGeckoである。
こんなやつー。
見てる分には可愛いやつもいるけど、飼う気にはならないな。。。ゴキブリ取ってくれるのならともかく、取ってくれなさそうではある。長崎の祖母の家にはヤモリが時々窓にお邪魔していたけれどねー。

展示されているやつには、ドデンと大きい可愛くない奴もいた。

この前はポンペイ展、今回はヤモリ展と、科学博物館常設ではない展示はなかなか面白いのであった。そのうち盆栽展もやるらしい。。。。

そして私はなぜかこれが大好きである。

入り口をまっすぐ行って階段おりるとある。見飽きないんですけどー。
そしてその隣にある「レオナルド・ダ・ヴィンチが作った水で動く水をくみ上げるポンプ」も捨てがたい。川の流れる水を動力として水をくみ上げるとは、さすがレオナルド・ダ・ヴィンチ、エコ中のエコである!

今日の教訓 サイエンティストのための科学博物館ないかしらー(ものすーごくサイエンスな博物館)

過去のブログ
ボストンに町家!

Saturday, February 25, 2012

2011年のTax Return(税金申請)

Fidelity investmentsからやっと書類が届いたので、今日2011年のTax Returnをやった。今年もTurbo Taxである。去年と同じくPremierで、今年も同じくFidelity Investmentsのウェブサイトから25%OFFを使ってやった。Federalが$37.45、Stateが27.70で、合計$69.22である。去年と同じくe-fileである。でないと、「全然書類がつかないんですけどー!」という話になったりするからである。

Turbo taxの途中で迷子みたいになったが、結局無事終わらせた。
給料が上がったが、Refundが去年よりも少ないという不思議なことになった。よく考えたらTax Bracketsが一つ上のランクになっちゃったようである。

えーーー!

Tax Bracketsの表はここ
ちなみに私はRefundが返ってくるほうが好きである。本当はW-4 form(だったっけ?)を変えたらちょうど良い金額になったりするはず(政府に利子なしで預けているわけだから)、いいのだが。心理的に「わー!返って来たー!」というほうがいいのである。
Refundはそのまま貯金する! 普通の貯金だったら、政府に利子無しであずけようが、私がそのまま銀行の低ーい低ーい利子で預けていようが同じような気がする。。。。Fund(投資信託)にでも投資しないかぎり!

今日の教訓 今後は節税対策をしなければいけないということか。。。。むむ?

過去のブログ
2010年のTax Return(税金申請
2009年のTax Return(税金申請)
なんでアメリカが世界一の国かさっぱりわからん その14 税金書類行方不明(2008年のTax Return書類が行方不明になった話)

自分でも思うけど、意味不明なことをしているようなしてないような

昨日怒濤の(?)のアパート手付金支払い(まだ契約書にはサインしてない)をしたあと腑抜けになってしまった。(腑抜けのまま仕事していた)
こういうのは端から見るとパニック(+パニック後の腑抜け)という。

で、なぜか自分でも変だと思うのだが、手付金支払った後もいろんな不動産屋のウェブサイトを見てみる。Craig's listもまた見てみたり。

つまり、自分で言うのもなんだが、行動が早すぎた(大爆笑)。

なので、「ひょっとしたら変なのをつかんだかも」と反省してみたりするのである。だが、ウェブサイトを見た後「やっぱりいいの、ないよねー」と思ってみたり。親は「いいのよ借りてるだけなんだからー」と言うのだが。。。。

という、手付金支払ったんだから、どうにもならん、っていうか移動するきはないのだからいいのだが、やっぱり、「うーん」とか思いながら調べてみたりするのである。

自分でいうのも変な奴。ちなみに私はあんまり変な物をつかんだりしない人である。。。これが最初の「あせって変な物つかんだ!」かもしれないが。

そんなこんなでいろいろうろうろしているうちに「そーだ、新しい場所の近くで購入したら、一体どのくらい?」と思ってZhillowのウェブサイトに行ってみた。同じぐらいのサイズで売りに出ているやつがあったりする。それの月々の支払いの説明を見ていたら、全然安い。しかも広かったり、いい物件だったりするー!あ、でもCondo Feeも考えないと。

それでも、頭金があれば!頭金さえあればー!
でもその頭金、手が届かない金額じゃない!

頭金を頑張って貯める事にする!いやRoth-IRAも集めれば頭金になるのだが、そこまでして購入するほど切羽詰まってないし。だいたい切羽詰まって購入すると「焦って変な物つかんだ!」になるし!


今日の教訓 新しい目標ができやした!

過去のブログ
アパート決まった

Thursday, February 23, 2012

アパート決まった

電光石火のようにアパートを決めてしまった。。。。 探すのが面倒だったというのもあるが、あんまりいい物件が転がってないので、「えいや」って決めてしまった。 数日前にも書いたが、rentのほうはボストンはヒートアップしているようである。ほんと。

 1.私の今住んでいる超小さなStudio(日本で言うところのワンルームマンション)の値段が150ドル上がって1275ドルになった。12月から見せ始めて、人がきて部屋の中をうろうろしていたが、1月中旬には決まったようで来なくなった。この物件は5月からである。

 2.マネジメントオフィスに「ねえねえ、物件ない?」と聞いたら「ごめん、無いわ。がんばって探してね」と言われた。

 3.前住んでいたところのマネジメントオフィスに連絡したところ、部屋を数個見せてくれるということだったが、行ったときには、「ごめん、突然みな契約更新しちゃって、一つしかない」と言われた。 

4.その最初の最初に見た物件が実は一番良かったのだが、見た1時間後に人が取ってしまった。一日うーんと考えているうちに取られてしまったのである。ちっ。マネジメントオフィスのお兄ちゃんによると「3時間しか」市場に出てなかったようである。昔読んでいた誰らのブログを思い出した。不動産バブルの頃に家を売ったらしいが、その人も1時間だか1日だが、そういう単位で家が売れたらしい。何かがおかしいのだよ。。。 その勢いで普通家って買えるのか? その勢いで賃貸だったらいいけど、家って高級なお買い物だよー! 

5.その後インターネットで見ても、良くない物件しかないー! Garden Levelは聞こえがいいが、地下である。Craig's listでみると、同じ物件を複数の不動産屋さんが載せていたりする。。。

 6.不動産屋に連絡しても、「部屋見せてー」と言っても、全然返事が来なかったりする。やる気あるのか、それともものすごく忙しいのか。。。。知り合いの不動産屋はすぐ連絡してくれたが。しかも「日本人スペシャル」を教えてくれたが。どうもありがとう。 

日本人スペシャル。それは日本人のみ取れる物件である。なぜなら日本人は部屋をきれいに使うからである。ハーバードに留学に来るお医者さんなんてのは特に育ちもよろしそうだしー。

 7.友達の住んでるところの不動産屋に聞いたところ、希望の部屋はその時期のは1つしか空いてない。しかも3月からしか見せてくれない。しかもそこにも「見せてみせて」としょっちゅう電話がかかってくる。なので、それが欲しければ、「見ずに」おさえないといけない。そんなのあり?

 8.うちの同僚がひどい目にあって、今テクニシャンがひどい目にあった家主だけは避けないといけない。 

9.不動産屋(探してくれる人ね)を通すと一ヶ月分の手数料を払うことになるとか、1年間の合計家賃(+手数料)とかいろいろ考慮して、そこそこのところ1ヶ月早く入ることに決めた。決めるのに一晩かかったので、その間どきどきしてたりする。その物件もこの前の金曜日に市場にだしたばっかりだそうな 。

10.その契約をしているときにマネジメントオフィスの兄ちゃんに聞いたところ、今Studioの空きがあるそうだが、Garden Level(地下)で!300ドルだそうな。。。それってすごくない? アパートなんとペット(猫とか)OKらしい。犬は不可。昔豚(!)をペットとしてつれてきた人がいたらしい!マネジメント会社が結局どうしたか知らないけど、やっぱ豚は駄目のようである。。。。。 

11.1ヶ月も余裕があるので、その間部屋の掃除してもらって、ゆるゆる引っ越すことにする。前の引っ越しでは4月30日に出なくてはならなくって、でも新しいところは5月1日の昼まで入ることができなかったので大変だったのだよ。。。。私と家具は夜は一体どこへ??? 結局Mover(引っ越し屋さん)に頼んで荷物を預かってもらった(コストは倍)。それをレッドソックスの試合がまたややこしくしてー。 

12.その全く同じ物件を他の不動産屋のウェブサイトで発見した。書いてある情報は同じであるのだが、全然違う写真貼ってあった!そーんな大きな台所じゃないじゃん!Dish washer(食器洗い機)ないじゃん! さぎー!さぎー! 

13.Applicationを書いた後、連絡してこなかった不動産屋が連絡してきて、「こんなのはどう?」と写真をリストアップしてくれたが、「それどうよ?」というような物件しかだしてこなかった。 

14.去年の8月に引っ越しした友達がいたが、なんと30件も見たそうな。。。ようやる。 

さて、そんなこんなの後でいろいろな記事を見つけた。 When it comes to high rents, Greater Boston ranks No. 2 だそうである。 Rents hit a record high in Hub area こっちのほうは去年の7月25日の記事であるが、それによると、ボストン界隈の賃貸の空きぐあいは史上最低の4.4%(その前の年は6.2%)、バックベイとビーコンヒルに至っては1.2%しか空いていなかったそうな。
知り合いの不動産屋によると今年は去年以上にヒートアップしていて、しかも学生の住む界隈のアパートはもう9月の契約を始めて無くなっていっているらしいので、引っ越そうと考えているかたはご注意。
何が一番大切かリストアップして、優先順位つけていったほうがいいと思う。
値段(貯金できるか)、ロケーション(仕事場から近いか)、安全性(空き巣とか追いはぎとかいないか)で決めてみた。夜も一応見に行ったけど、全然大丈夫である。

今日の教訓 頭金をためて、この賃貸地獄から脱出しないとー!

 過去のブログ
 •アパート探し中
引越ごときで911
助けてーーー(もしかしたら)
家というものに対する認識の違い

Tuesday, February 21, 2012

アパート探し中

ただいまアパート探し中である。知り合いの不動産屋さんによると、今年のボストンはものすごい激戦らしい。理由としては、
1.人が動かない。
2.住宅の金額が不安定でフラフラしているので、まだ様子見の人達がいる。
3.不景気でgraduate schoolに行くことにした学生がどっぷり来る。
だそうである。激戦なので、負けないようにご注意ー。だそうな。

学生分際に負けるかー!
と思ったりもするが、ボストンなんかに来る学生はリッチリッチな親がついていたりするから、負けるかもしれない。

Homelessになっちゃったらどうしよー!(話が飛躍しすぎ)

ちなみに驚愕の家賃上昇だった私の部屋だが、私が「更新しない」と言った途端ダダーっと毎日の様に人が来ていたが、1ヶ月ぐらい前に来なくなった。そんな高額アパートに誰か入ったのである! 誰だそんなリッチなやつはー!

それにしても、こんな現象がアメリカ全体で起こっているのなら、数年後にはPhDを取った人が仕事探し市場にあふれかえるのだろう。「さーーさとPhD取って、出て行かないと、ものすごい競争に巻き込まれるよ」と、うちの学生に言ったら、嫌そうな顔をしていた。

今日の教訓 アパート探し、負けませんよー!(メラメラ)

過去のブログ
驚愕の家賃上昇

Monday, February 13, 2012

ううむー!

これってなんかすごいよね。。。。。


今日の教訓 。。。。。。

過去のブログ
しそがぽーるとEngrish

Earth: The Biography

BBC Earth the BiographyをNetflixで借りた。

例によって例のごとくBBCのEarthシリーズはとっても面白いのである。今回のシリーズは、地球について。
1.火山
2.大気
3.氷
ナレーターはDr. Iain Stewart(Geologist)である。Geologistの日本語訳は地質学者ね。

あー!私もBBC専属(?)の地質学者になりたい!
なって全世界を旅したい!

南アフリカ共和国にある、昔の冷戦のなごりの、ものすごく早い飛行機(イギリス製)があって、それに乗って成層圏に飛び出すとか。
エチオピアだったっけ(?)の火山でマグマがずーっと吹き出しているところに行って近くで見るとか。
グリーンランドの氷河がものすごい早さで滑って溶けていっているところを、見に行くとか。なんでも仮説によると、氷が溶けて、それが氷河の下に潜り込んで、それで氷河が非常に滑りやすくなっているらしい。1997年ぐらいまでは問題なかったが、今は毎日ガンガン溶けているらしい。
氷が全部溶けると、海面が20フィートぐらい上がるとな。

どおりでハワイの海岸の砂浜が非常に小さいと思ったら。いや、関係ないかもしれないけど。

そんなこんなの地球の仕組みを、コンピューターグラフィックスを使いながら、きちんと説明していく。ちなみにこの場合のDr.は、日本でいうところの博士であるが、博士取ったからって別に大学で学者をして研究とかをしないでいいのである。このナレーターみたいに、複雑な仕組みを一般人に説明するとか。

それにしても、いつも思うけど、地球ってとっても危ういバランスの中で生命を保っているのよね。「ものすごく長い目で見ると多少の二酸化炭素の変化やメタンの変化は地球的には問題ないが、人間とか生命に対するダメージは大きい」と地質学者であるナレーターはものすごーい時間で考えていたが、100年ぐらいしか生きない人間に取っては、はた迷惑な話である。そういえば「地球にやさしい」という文句があったが、あれは正確に言うと、「地球に住んでる、人間を含める生物にやさしい」の間違いだって誰かが言っていたが、本当にそうである。

今日の教訓 それにしても、私もBBCのナレーターになりたい!

過去のブログ
BBC Lifeと動物園

Sunday, February 12, 2012

遺書第1号を書いた!

Quicken WillMaker 2012が届いたので、今日NobuさんのうちにJaponaise(日本のケーキ屋さん)のケーキを持って登場した。

中に入っているのは、
Will
Health Care Directive
Durable Power of Attorney for Finances
Final Arrangements
Information for Caregivers and Survivors

で、今回はWill(遺書)のみを書いた。
書く事は、Beneficiary(相続人?)を誰に指定するか、どういう%で相続してもらうか、最初のbeneficiaryがいなくなったときは次のはどうするか、とか入力していくのである。途中の専門用語みたいなのはNobuさんに訊いてとりあえず書いた。

ちなみにアメリカの相続税は死んだ人が払うことになっている(はず)。つまり死んだ人が借金を返済し相続税を払って、それから相続人に配分される。日本は確か、相続した人が相続税を払うことになっている(はず)。
「日本人の私がアメリカで死んで相続税を払って、その後日本の遺族が遺産を相続したら、相続税は日本でもまた払って、二重に払うことになるの?」という疑問になった。一体どうなるんだろう。

ああ、面倒だった。まあ、とりあえず完成。またなんか状況が変わったときに遺書を書き直せばいいか。プリントアウトした後で、Beneficiaryの連絡先が遺書に入ってないことに気づいた。連絡先は他の紙に書いて、プリントアウトしておけばいいかしら。。。

ちなみに、私は日本学生支援機構(旧育英会)に返済しているが、こういう文面を見つけた。
死亡又は精神若しくは身体の障害による返還免除
だそうである。ほんとこのブログ私の備忘録だわ。

さて、話は遺書からはずれて。
この前のFive Wishes(Medical directive, 判断が困難になるほどの障害を被った時にどうしてもらいたいか)のやつでもあったが、土葬がいいか、火葬がいいかの話である。日本人は大半火葬であろうと思うが、アメリカは土葬の選択肢がある。この前土葬は6000ドルぐらい、火葬は1000ドルぐらいという記事を読んだ。いや、記事のメインポイントは、死んだ後科学にdonation(この場合、献体?)すると、コストはゼロだという話だったのだが。

How to Donate Your Body to Science

葬式代をタダにするために、献体とは、さすがファイナンスのブログである。。。。まあ6000ドル他に使う手もあるが。ブログ書いている人の子供は何かの障害があるらしく、出来るだけ残しておきたいようである。わからんでもない。

他にダイアモンドにしてもらうとか、宇宙葬もある。宇宙葬に至っては、地球を出ルプラン、地球を回るプラン、月を回るプランから、他の場所に(どこかは不明)に飛ばしてもらうプランまである!宇宙の果てに行ってしまうんですねー。私はそんなのはいらないけど!

今日の教訓 遺書第1号を書いたのであった。ああ疲れた。

過去のブログ
遺書とか尊厳死とか

Thursday, February 9, 2012

ターゲットファンドも、物によってはえらいことになるらしい

今回のKiplinger's Personal Financeの記事、
Know Your Target-Date Fund's Retirement Strategyによると、ターゲットファンドに安心して投資していたら無事引退(リタイア)できる。。。。というわけではないらしい。
ターゲットファンドというのは何ぞやという人の為に一応書いておくと、老後に無事引退するためには資金が必要なのだが、それを作るための投資信託である。若いときはガンガン稼ぐためにstock(株)が多めに配分されている。30年後に引退する人は、多少株価が落ちたって我慢できるからである。引退が近くなってくると、老後の資金が株価と同時にガクーンと落ちると引退できなくなってしまったりするので、bond(債券)と現金の割合が増えてくる。上下しない代わりに増加の勢いも減る。
しかし引退後も完全に債券と現金になったりはしない。なぜなら、引退してからも20年とか生きる人もいて、その間に資金が枯渇したら大変だからである。そういうことで、stockの割合は結構ある。FidelityのFreedom Fundの場合、引退後もアメリカ国内およびアメリカ国外の株の割合は20%である。

あー、書いているだけでデザインするのが大変!

これ、5年ごとに設定されていて、2040年に引退する予定の人は、2040を選べばよろしい。Fidelity Freedom 2040みたいな感じね。

そのターゲットファンド、記事によると、この前の経済危機(2008年)の直後に引退予定の2010年をターゲットにしたファンド31個が、25%減って、ひどいものになると41%も減少したらしい。

それってひどいよねー。「一億円で引退しようとしたら、経済危機が起こって5900万円になりましたー」って。
なんか、議会でも問題になったそうな。まあ、なるわな。

逆に、「引退したら現金がいるだろうから」ということで現金たっぷりの設定をしてあるファンドは、減りもしないけれど、増えもしないということで、それはそれで問題なのだそうな。。。

ああややこし。

最近は401kでも自動的にターゲットファンドが設定されるようになったらしいが、ターゲットファンド選んでほおりっぱなしという訳にはいかないようである。

ちなみに私のターゲットファンド、引退用口座に入れていたものは、毎月投資されていっているので増加している。ドルコスト法の効果かしら?
しかし、普通の口座に入れていたのはぼけーっとしていたらちっとも増加せずに2008年からずーっと沈んだままである。一体どういうこと! もっとも普通口座は引退用のお金じゃないからターゲットファンドを選ぶこと自体が間違っているのだが。。。それにしても、Dow Jonesとかが回復しても沈んだままとは、どういうことなんだろう。経済危機の後にターゲットファンドが国際株(アメリカ国外株)の割合を増やした。でもポピーさんの「新興国株のパラドックス」によると、新興国株は成長中で急上昇するというわけではないらしい。なんにせよ、新興国が物作っても、ヨーロッパは今ヘロヘロで物買っている場合ではないし、アメリカもまだまだである。。。

ということで、国際株の割合を増やした後ギリシアが来て、私のターゲットファンドは沈んだままである。

物で思い出したが、私のソニーのヘッドホン、中国製ではなく、タイ製である。中国製ばかり見慣れていたので、「タイ製!」と驚いてしまった。さらに最近中国が最低賃金を上げるとかいう記事を日経のウェブサイトでみたし、さらにNew York Timesでアメリカに工場を戻す会社があるという記事を読んだ。記事探してもないので、もう一度読むことも出来ないが、確か、遠くで作って輸送するにも燃料が高いこと、アメリカ人のほうが質の高い物ができること、さらにアメリカの(?)ニーズにすぐ対応して物を作ることが出来るからというのが理由であった。それでも中国人とアメリカ人の賃金差大きいと思うが。ついでに中国人、全然物を買わないらしく、これまたNew York Timesに「アメリカのブランドの製品買ってよねー」というタイトルでGapの写真つき記事が出ていた。

脱線を元に戻して。
そういうことで、早くアメリカに経済回復してもらわないと、私のターゲットファンドが困るのである。まあ他のに投資し直すけど!

今日の教訓 自分で投資して減らしたら自業自得だからあきらめもつくけど、プロに頼んで減らされたら「なにいー!」って思うよね。

過去のブログ
初めてFidelityを訪問

Monday, February 6, 2012

雪が降らない!

てんこもりだった去年の冬と比べて、今年は何も降らない。そして全然寒くないー! 1月に雨が降った時には、ものすごくがっくりした。

なんてこったい。これじゃスキーに行く気もなくなるではないか。。。
スキー学会も今年はめぼしいのがないし。このままだと、スキーにも行かずに冬が終わってしまう。。。。今年は日本とヨーロッパはものすごく寒いらしいが。アルゴアのAn inconvenient truth(2006)によると、地球が温暖化すると、西海岸性気候を作っている海流が止まって、ヨーロッパは氷河に埋もれてしまうらしい。。。。。


寒くないおかげで(?)今年の冬はジョギングなんだか買物なんだか、ただのウォーキングなんだか、お散歩なんだかというジョギングができる。まあそれでもスニーカーでは寒いので、ハイキング用靴下を買ってみた。こんなやつ。

変にお天気が良い日には、自転車でチャリチャリと遊びに行けるぐらい、本当に今年は雪が降らないのであった。まあ、それなりの重装備はして自転車こいでるけど!そして、寒くないと言っても普通に0℃前後だったりするが。

今日の教訓 雪降ってねー! 雨乞いならず、雪乞い

Saturday, February 4, 2012

初めてFidelityを訪問

日本にお金を送らなくてはいけなくなった。
Fidelityに「どうやったら送れるのー?」と訊いたところ、なんと支店に行かないといけないらしいという返事。仕方なく(?)Boylston StreetにあるFidelity支店に行ってみた。

受付にいたお兄ちゃんはアメリカ的ハンサムであった。私が言うところのアメリカ的ハンサムというのは、映画のスーパーマンとか、バットマンとかである。ああいう主人公って、なんかあり得んハンサムだよなー。ヨーロッパ的ハンサムじゃないけど。。。。。って書いた後調べたところ、バットマンの主人公はイギリス俳優であった。その美人受付嬢ならぬ、ハンサム受付ボーイ(私よりも若いと見たので受付ボーイ)をおくとは、Fidelityってそういうところなのだろうか。。。。うーん。で、腕時計見て「高そうだなー。じゃ、millionaireになるには大変そうだなー」と思う(笑)。くわしくは、「隣の億万長者」という本を読んでください。英語版はMillionaire Next Doorをどうぞ。


さて、そのハンサム受付ボーイに、これこれの金額を日本のこの口座に送ってほしいって伝えたところ、「日本円で送る? それともドルで送る?」と訊かれた。考えた事もなかったのだが。。。結局日本円に変換してからおくってもらうことにした。何が違うのか全然不明なのだが、なんだかんだ応対してもらって無事終了。その後ちゃんと日本にお金が到着したことも確認した。

しばらく経った後、Fidelityからお手紙が来た。
「あなたはこれこれのお金をこの銀行口座に送ってますが、ちゃんと情報はあってますか?違っていたら連絡ください。」
その銀行口座、なんとJP Morgan Chaseなのである。。。。なぜ?お金到着したからいいけど、なんか違うような。。。。。

今日の教訓 それにしても日本円高すぎるんですけど。