Thursday, April 26, 2012

数学は大事

引っ越しは滞り無く終わった。ただいま家の中で物探し中である。

さて、最近親に聞いた話だが、%の計算ができない生徒が日本で増えたそうである。日本人で英語できなくって、数学できなかったら全く役に立たないと思うのだが、どんなもんであろう。ちなみに、アジア系アメリカ人は英語力が他のアメリカ人よりも劣っていたりするので、数学というか、理系を磨くのである。なので、多少日本で英語できるよりも、数学磨いたほうがいいと思うのだが。。。。

ちなみにうちの親の説では、日本では食塩水の問題が解けるか解けないかが分かれ目だそうである。あの8%の食塩水と3%の食塩水を混ぜて5%の食塩水を300mlつくるには、8%は何ml, 3%は何mlかというやつである。ちなみに、今のところ実験でこういう状況に陥った事は無い。せいぜいPhの低い緩衝液とphの高い緩衝液を混ぜて目的のphの緩衝液を作るぐらいである。

それにしても%計算できなかったら、複利計算どうするのであろう。消費税もそのうちアップするという話なのに。

前から言っているが、アメリカ人は計算できない。私は英語はあやふやでも計算はできるので、同僚の計算を手伝っていた。すると私が計算するので、ちっとも自分で計算しようとはしなくなった。全くやる気無しである。英語を見てもらう約束をしているので、条件としてはいいと言えばいいのだが。
しかし学生の場合は、濃度計算できないと博士取った後でちょっとマズイかもしれないと思ったので、計算はやってあげないことにした。後でチェックはしてあげるが。アメリカ人学生数名でうんうん唸なりながら計算しているのを、私は端からみてニヤニヤしていた。数年後、学生は自分で計算できるようになった!何でも自分でやらせることである。

ちなみにインド人は20x20までのかけ算を覚えると聞いていたが、インド人に聞いたら本当にそうだった。

さて、一般的アメリカ人は数学ができないので、数学ができる人はアメリカで重宝される。
9 degrees that get you to $100k the quickest  Boston.com(一番早く$100k(1000万円ぐらい)を稼ぐ9つの学位)
によると、
Petroleum Engineering (工学部 石油)
Computer Engineering (工学部 コンピューター)
Economics (経済)
Chemical Engineering (工学部 化学)
Applied Mathematics (応用数学)
Physics (物理)
Statistics (統計)
Finance (ファイナンス)
International Relations (国際関係)
の学位をとると、大学出てから稼ぐようである。大半がバリバリの理系である。物理学科出身者向きの職業って何だろうと思うが。そこで思うんのだが、どうして日本では文系出身が企業のトップなのかだろう。それともアメリカでも文系がトップなのであろうか? 東京電力のお偉方が全部文系で、私にしては、「原発の仕組みわかってるのかしら?」と疑問であった。

ああ、そうだ、ドイツのメルケル首相は物理学出身であった。

今日の教訓 ひょっとしたら、アメリカみたいに計算できない人達が増えたら、日本でも理系が重宝されるのかもしれない(笑) 

過去のブログ
それって、いい契約?

Sunday, April 22, 2012

引っ越しパッキング中

明日(月曜日)引っ越しをするので、今荷物を詰めている。

なんでこんなに物があるのよー!
うちの親のいうところの「遊牧民」のはずが、いつの間に農耕民族に???

今日の教訓 物は持たないようにしよう。引っ越しが大変。

過去のブログ
昔の物の整理

Saturday, April 21, 2012

It's not lupus

同僚が「House MDが好きなのよ」って言っていた。迷惑きわまりない医者のドラマである。本物の医者にはあまり人気がない。
私「えー、House MDではlupusが有名なのよ!」

lupusは私が研究している「全身性エリテマトーデス」という病気である。たいてい省略されて、lupusである。

こんな感じ。

チームメンバーがLupusなんじゃないかというのを「lupusじゃないから!」と却下し、それをずーっと続けていて、あげくの果てにはシリーズを見ている人達の間でジョークになり、Tシャツまであるのである。

しかし、ついにシリーズ4の8でLupusが診断された!


おー!
それでLupus Foundation of Americaはコメントを出したらしい。これはループス患者を支援する財団である。正確に言うと、患者を集めて支援しつつ、寄付金を集めて、研究に貢献する。病気の原因を明らかにして、治療まで持っていってスピードアップための援助をするのである。日本でこういうのがあるのかどうかは不明。

Finally! It's a Lupus Diagnosis on House, M.D.
(ついにHouse MDでループスが診断された!)

今日の教訓 研究室でTシャツの共同購入しようかしら?

過去のブログ
インターネット経由でセミナー

Friday, April 20, 2012

インターネット経由でセミナー

というのをやった。私はボストンにいて、向こう側は三重大医学部である。ことの始まりは、三重大に行ってしまった島岡 要先生が、「こんなセミナーシリーズするんですけど、セミナーしてくれませんか」と去年の年末にメールをくれたことである。島岡先生は、ハーバード大学医学部に留学して、ラボを持っていてブログを書いていた先生だが、いきなり日本に帰ってしまったのであった。日本に帰ってしまわれた時には、「えー!まだまだ先生にアメリカでの生き残り方法を教えてもらおうと思ったのに!」と思ったものである。。。。どうやって島岡先生と知り合ったかは忘れたが、知り合いなのであった。確かプロ研に一度来てもらって、それでだったような気がする。。。。。

英語でセミナーをするということは最近は慣れてきたのでともかく、時差があるので日本は夕方の6時半、ボストンは朝の5時半なのである。。。。私は夜型なので、起きれなかったらどうしよう?と思っていたのであった。「三重大では偉い先生がセミナー室で座って待っているのに、インターネットでの向こう側ではプレゼンテーターが寝てた。。。」ってのは、結構私としてはあり得る話なので、「どうしよう!!!」と親と話して盛り上がっていた。非常に心配なところであった。

さて、しばらく音沙汰がなかったのだが、理由はどうも日本の大学は4月から新学期ということだったらしい。そのうち日時を教えてもらい、なんだかんだと連絡を取り合っているうちに、どうも新年度始まってのシリーズ第1回が私ということが判明!

えー、私が一番最初ですか!! あらー!

トップバッターである。そのうちGoToMeetingというソフトをインストールして使い方を習ったりしていた。そうこうするうちに、テレビが取材しに来ることになったという話を聞かされる。

えー、テレビー!

昔親が言っていた「大画面テレビで気になるのは実は歯並び!」という話を思い出したが、私、まだ歯の矯正中である。歯の矯正したままテレビデビュー??? がーん!

とまでは思ってなかったが、テレビはちょっと緊張する。「三重大では偉い先生がセミナー室で座って待っていて、しかもテレビの取材班も待っているのに、インターネットの向こう側ではプレゼンテーターが寝てた。。。」ってのは、親のいうところの「どこか抜けてる」私には、やっぱりありそうな話である。親に電話した時にまたもや盛り上がった。それにしても、島岡先生、「メイク・サム・ノイズ」というブログを書いたり、Business weekでも取り上げられていただけある。三重でもノイズをたてておられるようです。

さて、無事朝ちゃんと起きて、インターネットで三重大のセミナー室に接続。島岡先生がセミナーの主旨を日本語と英語で説明していた。その時原稿を島岡先生は読んでいた。「アメリカ大統領でも原稿があるから、英語をしゃべる日本人は原稿を読んでもいい」という理由からである。これは島岡流ということにしておこう。

私の場合は全く違っていて、原稿を使わない。初めて学会で英語で口頭発表をする時にドイツ人の同僚に練習に付き合ってもらったのだが、その時に原稿を取り上げられて「そのまましゃべって」と言われた。しどろもどろで英語をしゃべったが、「そのほうが絶対いいよ」と言われて、それきり原稿は無しである。その代わりセミナー前には10回でも20回でもプレゼンテーションを見ながらタイマーも持ってきて練習する。つまるところはストーリがずれていたりするところだったり、絵があったほうが良かったり、いろいろ気づくので、直しなから練習するのである。これが私流。

ついでに、最近難しいことを難しくしゃべるより、わかりやすくしゃべるのが遥かに難しくって、でもそのかわり聞く側に喜んでもらえることを発見。なので、徹底的にわかりやすくする努力をする。小難しい話をわかりやすく話せれば、聴衆にも理解できて感謝されるし、「こいつ実は賢いんでは!」と思ってもらえるはずである。難しい話を1時間も難しいまま聞けば私にとっては結構地獄である(ってか、単に寝るだけ?) これは昔の同僚のポスター発表をKeystone Sympodiaで聞いた時に感じたことで、同僚(私よりも若い)は、小難しい話をいともあっさりと説明した。さすがScienceのfirst authorである。

今回のプレゼンはもっとビジュアル系(?)にしようと思って、「そーだ手塚治虫のブラックジャックに全身性エリテマトーデスの話があった!」と思ったが、思ったのは前日夜、Barnes&Noble(本屋)は閉まる直前、おまけに引っ越し直前のためスキャナーは段ボール箱に入れてしまったので、この案はおしゃかになった。次回のセミナー用に買ってこようっと。

さて、話を元に戻して。
セミナーの主旨は3つあるらしく(確か)、そのうちの一つに英語があった。なんでも日本は今英語熱らしく(本当?)、英語を皆習っているが、「どの程度の英語をしゃべることができればいいのか?」がわからない。そこでアメリカで働いている日本人研究者にセミナーをしてもらうことにした。とのことである。

いいんですか、私の英語なんかでー! 文法間違ってますよー!

ということで、「機能する英語のレベル」のバーが私になってしまった。。。。今後のシリーズのうちにバーは上下すると思うが。。。。 

そんな前置きで私のセミナーがスタートした。 終わった後、私の英語で安心したのか、学生を含め皆英語で質問してくれた。Native並の英語をしゃべることを目標としているが、そんなのは無理なので、というか英語なんていうのはこっちの意思が通じればいいのである。微妙なニュアンスを表現する能力はないので、「Kayの英語はえらくダイレクトだな」と言われたことはあるが。

だが、そんな私のええ加減な英語が録音されていた。。。というのはやっぱり恐怖である。それがテレビで放送されるとなっちゃー!えらいこっちゃ。S田先生(私の高校の3年間の担任の先生で、英語の先生)に文法と発音のコメントされるかもー!えらいこっちゃー!三重は私の地元なのである。。。。ついでの話だが、高校の時、単語60個覚えるテストが毎回英語のクラスであったのだが、放課後それの追試を3回ぐらい受けたことがあったのであった。単語覚えられなかったのよ。。。。

今日の教訓 それにしても朝に無事起きれて良かった良かった。

過去のブログ
マンガ(Barnes&Nobleでブラックジャックを発見したこと)
矯正プロジェクト その8 アメリカ人て変(大画面テレビでは歯並びが気になるらしいこと)

確定拠出年金 日本版401k

親戚から確定拠出年金(日本版401k)の相談を受けた。「何がなんだかわからーん!」って感じ(笑) 
まずどんな選択肢があるか調べてもらった。

次に

債券
投資信託
アクティブ型投資信託
パッシブ(インデックス)型投資信託
とは何かを調べてもらった。

で、その時点でスカイプスタート! 
今やぼけっとしているとAIJのようなものに騙される時代なので、一応最低限の勉強をしっていてもらわないといけないことを説明。2000万円が気づいたら200万円になっていた、では引退できませんから(笑)

株がどういうものかを言ってもらった後、株主は経営に参加できること、そしてどういうものかを見るために、東京電力の株価を一緒に見る。

それから、どうやって稼いでいるかわからんもんには手を出さないということを説明。AIJがどうやって稼いでいるかわからなかったらお金を預けない。ホリエモンがどうやって稼いでいるかわからなかったら株を預けない。
世の中に旨い話なんてありませーん! お金を稼いでいるのは理由があります! お金は湧いて出てきませんから(笑)

債券も説明する。話題は、国債とかギリシア国債とかまでおよび、盛りだくさんである。

投資信託も説明。アクティブ型とインデックス型の違いも説明した。

円高の意味も説明。アメリカ国債を買うために、120円で1ドルに変えて、国債を買って、それが1ドル5セントになりました。ところがその時に円高になり、1ドルは100円になりました。なので、1ドル5セントのお金は105円になりました(がっくり)

インフレが何かも説明。チョコレートは今100円です。100円を銀行に預けると1年後には利率3%で103円になりました。ところがインフレ率は4%だったので、チョコレートは104円になっていました。なので、103円では買えません。
ダメじゃん。

預金だとインフレには勝てない。インフレ率に勝つように株に投資しましょうってのが通説。

で、ここで二人で「日本ってインフレ率いくつ?」という話になる。世界経済のネタ帳 日本のインフレ率の推移っていうのを見ると、1999年からずっとマイナスか、ちょっとプラスぐらいである。

今のところ、「全部の選択肢の手数料とリターンを調べて頂戴」と言ってスカイプ終了。

デフレだったらわざわざ株に投資しなくってもタンス預金で十分なんではないかと密かに思ったりする。。。。いや、もちろんそれでも利子のある銀行預金のほうがいいけど。

ついでに日経平均株価も今調べてみた。2008年から下がったまま低迷ですか。。。。こっち(アメリカ)はなんだかんだ言いながら持ち直してるのに。。。

それでも、いきなり株上昇!とかになるかもしれないから、世の中わからないけどね。でもソニーの業績落ちてるけどね。

今日の教訓 いやはや、日本も大変なことで。

過去のブログ
ターゲットファンドも、物によってはえらいことになるらしい

Tuesday, April 17, 2012

チョコレート

引っ越しのために物を整頓していたら、私の大事なチョコレートの賞味期限が切れてた!

がーん! ドイツでせっかく買ってきたのに! でも気にせず食べるけど!

ところで、Hershey'sのチョコレートのあのにおいは何でしょうね。あれ、めっちゃチープなにおいなんですけど。香水を食べてる感じ。

今日の教訓 チョコレートの期限はチェックしましょう。

過去のブログ
歯の矯正プロジェクト その6 チョコレート

Sunday, April 15, 2012

アメリカが税金を何に使っているかポスター

というものを発見した。その名も、

Death&Taxes

興味があるかたはごらんください。

今日の教訓 これ結構おもしろいかも。

Friday, April 13, 2012

月曜日の天気

月曜日はボストンマラソンの日で祝日である。正確には、祝日でボストンマラソンの日である。マラソンがあるから祝日っていうわけではないが。
マラソンのためにボストンが南北に寸断され、交通機関はマヒするので、ボストン大学はお休みなのである。っていうのは私の勝手な解釈であるが。なんたってメインキャンパスは北側、メディカルキャンパスは南側に位置するからね。

今日の天気予報によると、月曜日の気温は30℃。天気予報見るだけで暑いんですけど。倒れる人がいっぱい出そうな気分。大丈夫かしら? そして花粉も飛びまくり。参考までに今(夜12時)の気温は13℃、朝にかけて4℃まで下がる予定。

今日の教訓 30℃で走るのはきついよなー。もうちょっと気温下がってほしいところだよね。

Thursday, April 12, 2012

研究室でエコ PCRの最後のステップ

もうすぐEarth Dayらしいので研究室でのエコの話。

PCRの最後のステップは4oCにすることになっている。PCRは終了すると機械は4oCにサンプルを冷やすために「ウィーン」と高い音をたてはじめ、いかにも忙しく働いてますという感じである。夕方帰る前にセットすると数時間後にPCRは終了するが、機械は朝まで一晩中働く。

4℃は省エネにもならないし、機械にも良くないかもしれないので、10℃にセットしてみた。で、今のところうちのラボでは最後のステップは10℃である。

で、更に一歩踏み込んでみた!
「GenotypingのPCRぐらい最後のステップは室温で問題ないだろう!」ということで、最後の冷やすステップを自分のPCR programでこっそり削除してみた(笑)

プログラム2つやってみたが、今のところ実験結果に変化はなし。問題ないだろうと思っていたが、やっぱり問題なかった(爆笑)。

ということで、自分の実験結果に責任持てるかたは(←ここが大事)、試してみてください。私は人の実験結果には責任持ちませんからねー!

今日の教訓 やっぱり問題ないやんけー。機械の寿命ものびそうだ。

過去のブログ
自分の分野の最新情報を手に入れるべし
手抜き実験 その4 ELISA plateの洗い方 ドイツ流

Monday, April 9, 2012

自分の分野の最新情報を手に入れるべし

ここ数年使ってるPubMedの論文検索方法。 

メールで定期的に送ってくれるので非常にありがたい。著者(友人と競合相手)の名前で検索の時は毎月、他のキーワードは毎週送ってもらっている。

ちなみに普通のジャーナルのeTOC(electric table of contents)ももらっている。
Nature
Science
Nature immunology
Nature medicine
Journal of clinical investigation.
Immunity
Journal of experimental medicine
Blood
PNAS
Journal of immunology
までチェックしている。

今日の教訓 最新情報はキャッチしないとねー。

過去のブログ
Lipid rafts(脂質ラフト)は存在しないかも知れない?

Thursday, April 5, 2012

頭は鍛えておきましょう

Freaknomics(日本名 ヤバい経済学)的な話。


ずっと前に読んだ話だが、Freaknomics(日本名 ヤバい経済学)に、どこかの研究者がシカゴの麻薬シンジゲートに潜入して組織の仕組みを調べたという話があった。下っ端はチンピラばっかりなのだが、そこに元締めのお兄さんが出てくる。大邸宅に住み、美女をはべらせて高級車を乗り回す生活をしている。ここで面白かったのが、元締めのお兄さん、実は大卒なのである。

麻薬シンジゲートで上り詰めるにも学位が必要!

下っ端は「いつか元締めのお兄さんのようになりたい!」ために、いそいそと麻薬を売り、時々他の組織との縄張り争いで銃撃戦にあったり、警察に捕まって刑務所行きになったりと、えらい目にあうのであった。

残念ながら、上にのぼるには学位が必要なのだよー(笑)

次は昔見た娼婦ベロニカ(A destiny of her own,あるいはdangerous beauty)という映画の話。

ベネチアの落ちぶれ貴族のベロニカは、貴族のお兄さんとの恋に落ちるのだが、持参金の問題だかなんだかで結婚できない。そこで元高級娼婦のお母さんは高級娼婦になることを勧める。高級娼婦になるのを決意したベロニカは、お母さんによっていろんな特訓を受け始めるのだが、その時お母さんに図書館に連れて行ってもらう。図書館の戸を開けたお母さんは言う。

「女性は図書館は入室禁止だけれど、高級娼婦は別だわ。」

「女性には知識や頭脳はいらない」とのことのようで、図書館は入室禁止らしい。子供産むだけが役割ってことだろうか?一方、高級娼婦は貴族や王などのお相手をするので、アホはやっとられんということであろう。教養が必要なのである。
それにしても、その時代の図書館って、ものすごい価値が高そうだ。

ううむ、その時代に生まれちゃったら、どっちにしよう。。。(笑)

そしてベロニカは晴れて貴族のお兄さんの愛人みたいな関係になり、しかもどこかの王国の王との交渉にも参加して、ベネチアを救う。ああ、ものすごく頭よかったのね。

さて、こんなことは現在でもあるらしく、千賀さんの「隣人はコールガール」によると、ハーバード大学卒業、その後スタンフォード大学のロースクールに行った女性がコールガールをして、学費ローンを返したそうな。なんと相場は2時間$1300だそうな。今1ドル80円だから、10万4千円ですな。。。。もっともこの話2004年で、その後その人は税務署に追われているらしい。

アメリカ人の言うところの逃れられないもの。Death and tax。

さてコールガールに話を戻して。
Confessions of an Ivy League Callgirl(日本語にしたら、「あるアイビーリーグ出身コールガールの告白」ってところ?)はイェール大学の修士を終了後博士を取った女性がボストンでコールガールをする話である。世話をする女性によると、「お客さんに知的な会話を楽しんでもらうために」最低大学卒の学位が必要だそうな。。。なぜなら相手は銀行員とか弁護士とか大学教員だからだそうだ。相場は1時間200ドル。世話をする人はそのうち60ドルを取り、コールガールは残りの140ドルをいただく。ボストンのいろいろな場所が出て来て結構面白いのであった。英語だけれど、興味のあるかたはどうぞー。

ということで、娼婦になっても、高給取りになるには学位が必要なのであった。。。。

今日の教訓 日本で言ってみれば「東大卒コールガール」みたいな感じ? それって日本では需要はあるのかしら?????

ボストンに焼き鳥屋

友達からきいたのだが、ボストンにもついに焼き鳥屋ができるらしい。
ウェブサイトはこっち
ちゃんとした日本語なので、期待できる(笑)

今日の教訓 仕事場の近くだー!

Sunday, April 1, 2012

えいごー!

ひょんなことから英語で数分しゃべって録画することがあり、しゃべった。その後見てきいてみた。まるで英語教室である。

日本語英語アクセント! 
しかも文法間違ってるし!

がーん!日本語英語アクセントはともかく、文法どうにかせんと。

この前ふと思ったのだが、ひょっとして大学入試の問題、今解こうとすれば英語以外全滅かもしれない。受けたころは語学がネックだったのに、今や逆である。変な話である。

今日の教訓 私の果てしない訓練は続く。