Saturday, January 26, 2013

Two Income Trap

Two income trapという、FI planningのCheeさんおすすめの本を読んだ。


どうしてミドルクラス(中間層)で、共稼ぎの夫婦が破産するか、という話である。書かれたのは2004年。今までの「アメリカ人は贅沢に暮らしていて貯金してないからだ」という、一般的な意見からはちょっと違った観点から書かれている。著者はこの前マサチューセッツ州senator(上院議員?)になったElizabeth Warrenと彼女の娘のAmelia Warren Tyagi
お母さんは元ハーバード・ロースクールの教授でお嬢さんはMBAを持っている、というトーンでもない母娘のコンビなのであった。ちなみに、女二人で書いているので、学術的でありながら、やや感情に訴えるところもある(笑) まあ学術的だけだったら、一般人は読まないと思うけどね。

さて。
著者の意見によると、共稼ぎ中間層夫婦が破産する理由は、高級服を買っているわけではなく、高級車を購入しているわけでも無く、豪華バケーションをしているからでもない。そういうイザという時にすぐ削減できる事にお金を使っている分には、問題ないらしい。最大の理由は一つ。

子供である。

アメリカ大都市の公立学校は、教育がきちんとしていない。まー、荒れている学校が多いわけである。そんなところに子供を入れた時にはちゃんとした大学に入れないので、結局子供はきちんとした職に就けないということで、ミドルクラスから転落することになる。それから、子供を安全な所で育てたいというのも親心。きちんとした学校に子供を入れる手段はただ一つ、きちんとした公立の学校を持ち、犯罪の少ない郊外に引っ越すこと。だが、そういうところに引っ越そうにもアパートを借りるのは非常に難しく、結論として、家を購入するということになる。子供をもつ親全員が同じ事を考えるわけで、そのためよい学校の学区は家の値段がうなぎ上りする。学区が全てを左右する例として、ある大学が、大学の周りの犯罪を減らすために、周辺の公立学校をサポートすることにしたらしい。たったの5年でその辺の住宅の金額はボロボロで全面改装が必要なのにうなぎ上りになり、犯罪減少。子を思う親は必死で家を見つけて購入する。その時当然二人分の収入を合わせて家を購入し、ローンを組む。要するに限界まで頑張るのである。

2004年はこの前の経済危機の4年前、なんと本によると、クレジットヒストリーが良くてプライムローンを組めた人でも、知らないでサブプライムローンを騙されて組んだ人もいたらしい。これにはびっくりしたが。で、子供のため郊外に家を購入し、でも仕事場は都市の真ん中だったりするので、片道1時間ぐらいの通勤が発生する。ちなみに車は子供の安全のために大きい物を購入する。今まで全然気づかなかったが、チャイルドシートはかーなり大きいので、後部座席にチャイルドシート2つはともかく、3つ載せることは不可能。したがって、子供が3人いる家族は5人のりの普通の車よりも大きい車を購入しなければならない。ほとんどバス?

共働きなので、子供はデイケアに預ける。子を思う親は子供をKindergarten(幼稚園)以前のプレスクールに入れる。。。。らしい(この辺のシステム私にはやや不明) そのプレスクールの金額もバカにならない。ついでにスポーツのクラブにも入れて送り迎えしなければならない。そして大学に入れるためには、ものすごい資金が必要である。子を思う親はそれにも必死で収入の限界まで頑張るのである。

そして、そんな時に親の片一方が解雇されたりする。共働きの場合、旦那さん、あるいは奥さんの一方が解雇されたりする確率は単純に考えて2倍。片一方だけが働いていて解雇された場合はもういっぽう(働いていない奥さんとか)が働きにでて家計をささえたりして、実は余力があるが、両方働いていた場合、ローンも子供にかかるお金も限界までいっているので、一気に家計が火事になる。

あるいは、共働きの片一方が病気になって2ヶ月ぐらい入院しなくてはいけなくなっとか。
あるいは、年を取った親の介護をしなくてはいけなくなったとか。
あるいは、旦那さんが解雇されて、給料を家庭に入れる事ができなくなり、自信をなくしてガールフレンドを作ったため離婚したとか。その場合も養育費は払わないといけないので、その元旦那さんは結構大変な境遇になったりする。奥さんも大変だけれど。要点は、誰にでも起きるような普通の出来事なのである。

そして、ローンの支払いが滞ったところにローン会社の人が来て、二つ目のローンを組ませたりする(!) 収入が無くなった分をクレジットカード支払い、支払いが滞って、取り立て屋が電話を毎日かけてくる。クレジットカードでついでの話がでていたが、お店所属のクレジットカードには、お店で購入した品物の値段を全部払わないと品物をお店が取り返しにくるシステムがあるらしい。例えばどこかのお店でお店所属のクレジットカードで冷蔵庫かって、ローンを払えなかったら、店が冷蔵庫を取りにくる。お店は冷蔵庫を中古で売るわけではない。その場合大抵店側が脅すと大抵のお客は品物の料金をちゃんと払うらしい。クレジットカードの利子もあるしということで、ある某チェーン店の利益は品物の売り上げではなく、お店所属のクレジットカードからのほうが多かったりするのであった。。。。

それでもお母さんは「子供のために」家をキープしようとする。だが、にっちもさっちも行かなくなって、破産申請をする。ちなみ破産申請はしたあと7年ぐらい申請もう一度できないので、タイミング間違えるとそれはそれで大変らしい。全部チャラではないらしい。

ということで、著者のいうところの対策。
1.1人分の収入以内に必要経費を抑えることができるか。つまり、共稼ぎの1人がいきなり収入無しになった場合に生き残れるか。この場合の必要経費は、家のローンあるいは家賃、食費、子供の養育費(デイケアとか大学いくための貯金とか)である。この前この母娘の家計の提案に、The 50/30/20 budget fixというのがあった。必要経費は50%に抑えると書いてあって、どうして?と思っていたが、なるほどなのであった。20%を貯金にして、あとの30%はどこかにバケーションに行こうが、高級品を買おうが、レストランで豪華なディナーをしようが、ちっともかまわないそうである。この30%はイザという時の余力ってことですな。

2.緊急資金の確保 6ヶ月分とか書いてあったとおもうけど、最近は1年分のはず。

3.disability insuranceとか保険の確保。保険をなめちゃいけません。

4.どれが家族にとって一番大切な出費か、家族で決める。

5.あえて子供を持たない選択もあり!!!!

ということで、お母さんのほうは上院議員になったし、どうなるのか、私もCheeさんともに興味津々である。

今日の教訓 読んでて、めげるわ。でも読む価値あり。ふー。

Tuesday, January 22, 2013

ヒーターのair vent(air valve)

今週は寒い週らしい。
今は外は-9℃、朝方にかけて-13℃まで下がる予定である。
明日は最高-8℃、最低−14℃。
明後日は最高−6℃、最低−12℃。
金曜日は最高−4℃、最低−8℃。
土曜日は最高−4℃、最低−13℃+雪。
そんな感じ。

さて、本題に入って。
うちに帰って来たら部屋の温度が16℃だった。「ひゃー、このまま毎日少しずつ部屋の温度が今週は下がって行くのかしら!」と思って、窓らへんのすきま風対策(極秘)をしたあと、リビングルームのヒーターの前に座った。このヒーター、なんか知らないが、前にマネジメントオフィスに調節を頼んだ後、あったまらないのである。

と思ったら、なんか見た事ないものがある!

空気の出る穴の装置は知っていたが、何この数字は? (写真をクリックすると、大きくなります)
ぐるぐると全開してみたら、シューっという音がして、一気にヒーターがあったまった!
つまりこのヒーターのAir vent(air valve 日本語エアー バルブ)は調節できるようになっていて、そこが完全に閉まっていたらしく、あるいはほとんど開いていなかったらしく、空気が流れなかった。。。。ということなのであった。

アメリカに来てからもうすぐ8年になって、初めて知った事実であった。
一応自己弁護のために言っておくと、他のアパートではair-ventに数字なんかついてなくって、違う形だったのよね! しかもインターネットで調べたら、あったまったら自動的に閉まるair valveもあるらしいし! マネジメントオフィスのおじさんが、なんか直した後、閉めて行ったのかもしんない! とりあえず全開から元に戻して、ちょっと開けるぐらいにしてみた!(笑)

今日の教訓 これで今週の極寒も耐えれますよ。。。じゃなかったら-7℃までの寝袋が登場してたところだ。

過去のブログ
寒いー!
これがアメリカ式 その8 ヒーター

Monday, January 21, 2013

頭金ゼロの住宅ローン!!!

日本の記事をちらほら見ていて、「頭金ゼロの住宅ローン」が日本にもあるのを発見!

頭金ゼロに潜む「借りすぎ」というリスク。
住宅ローン、危険な頭金ゼロ

この前アメリカがそれが原因で経済危機になったんじゃなかったっけ???? 
ということで、昔のブログからビデオをもう一回持って来ておさらい。


やっぱり同じじゃん。変動金利型っていうのもおそろし。固定にして、固定に!

今日の教訓 頭金ゼロって、おそろしー!

過去のブログ
・経済危機になって、あれこれ思うこと

Saturday, January 19, 2013

寒いー!

昨日は珍しく寒くって、朝から−5℃だった。おとついまで暖かかったので、間違えて普通の冬の格好をして自転車で通勤してしまい、足が寒かった。同僚にエレベーターであったら、「昔ミネソタにいたときは、もっと寒かったけど、みな適切な格好をしていた。ここの人達は装備がなっとらん!」と言っていた。確かに。私なんか普通の靴でいっちゃったもんね。

帰って来て部屋の温度を見たら普段は20℃なのに、昨日の夜は16℃! ひゃー! 私の机(兼テーブル)は窓際にあるので、もっと寒くって14℃! ひゃー。部屋の中でもっと暖かいところに移動しないと。それかベッドに移動か(笑)
この前ヒーターの調節してもらった(かたっぽ停止?)だが、もう一回あげてもらおうかしらね。。。まあでも14℃ぐらいなら重ね着してたらどうにでもなるけどね。

そういえば、この前日本に帰った時に、親の所によったら部屋の温度が10℃とかでびっくりした。昨日電話したときには部屋の中7℃だったそうである。さすが「家の作りやうは、夏をむねとすべし」の日本家屋である。ほとんど寝殿造り? 

さて。
昔ドイツに住んでいたのだが、ドイツの冬と言えばグリューワイン(Gluehwein)である。スパイス入りホットワインである。普通はクリスマスマーケットの所で飲める。ものすごく寒い中クリスマスショッピングをするので、グリューワインでも飲んでないと、やっとられん、ということなのかどうかは不明である。
あるいはスキー場で飲める。ドイツ人に言わせれば、グリューワインはクリスマスの後は飲まないらしいのだが、日本人の私にとっては全然関係のない話である。寒ければグリューワイン!

ということで、Gluehweinのレシピ(英語)
3/4カップ(アメリカサイズ)の砂糖は1/2カップで充分である。ワインはものすごく安いのでいいが、オレンジは皮ごと使うので、うちではオーガニックということになっている。ドイツのクリスマスマーケットではさらにラム入りもあったりする。寒い日にどうぞ。

今日の教訓 寒いときはグリューワイン!

過去のブログ
これがアメリカ式 その8 ヒーター

Monday, January 14, 2013

Kindleで如何に安く本を手に入れるか。

というお題。
ちなみに私は日本語のほうは研究してないので、知らない。

この前Kindle Paperwhite感動物語(?)を書いたところ、F Friesさんから

「こまめにアマゾンのキンドルサイトに行くと、『本日限定!』で無料セールとか$1.99セールやってたりします。場所を取らないので、興味のある本がセールに出たら、必ずダウンロードしておきます。」

というコメントをいただいた。確かにKindle、本と違って場所を取らない。本なら「積ん読」だが、Kindle本だと「突っ込ん読」である。 

ということで、本を安く手に入れる方法。
版権の切れた本はAmazon kindleのウェブサイトからタダで手に入れることができる。
Best Sellers in Kindle eBooks
の右側にTop 100 Freeがある。ここでこの前アンデルセンの「みにくいあひるの子」を発見してしまい、思わずダウンロードしてしまい、読んでしまった。

かわいそうに。。。。
ついでにシャーロックホームズもあったりする。

Kindle Daily Dealsは毎日変更されるらしい。

100 Kindle books for $3.99 or lessは、毎月本が変わる。ここでこの前読んだ本を発見してしまい、「3ドルしかしてない!」と唸ることになった。

ついでに
19 Places to Get Free Kindle Books
には他にどこで手に入れることができるかが載っている。

Amazon Prime(年間79ドル)に入ると、他のAmazon prime会員から毎月本を一冊借りることが出来るらしい。でも年間79ドルは高いよなー。Netflixを解約してAmazon prime会員になっても、カールセーガンのコスモスは借りれないしー。

今日の教訓 安く本を買うのも大変 

過去のブログ
Kindle Paperwhiteって結構すごい

2013年のRoth-IRAの拠出額

今はっと気づいたのだが、今年(2013年)のRoth-IRAの拠出限度額は
$5500! (←私の収入で私の年齢の場合)

くわしくはこっち。
Amount of Roth IRA Contributions That You Can Make For 2013

Retirement Topics - IRA Contribution Limits

私はFidelityの銀行からFidelityのRoth-IRAに自動引き落としで、自動的に投資するようになっている。この前投資の種類を変えたばっかりなのに、こりゃまた自動引き落とし金額を変更しないと。。。 この前の変更で1月分はスキップされてしまったようなので、2月からとして、$5500/11=$500というところかしら。。。。

今日の教訓 またFidelityに連絡だなこりゃ。

過去のブログ
インデックス ファンドを検討中
自分でも思うけど、意味不明なことをしているようなしてないような

Sunday, January 13, 2013

カール・セーガンのコスモス


カールセーガンのコスモスをNetflixで見つけたので、借りてみた。1980年のテレビシリーズである。DVDあるいはWatch instantlyで見れる。カールセーガンはウィキペディアによると、

カール・エドワード・セーガン(Carl Edward Sagan, 1934年11月9日 – 1996年12月20日)は、アメリカの天文学者、作家、SF作家。元コーネル大学教授、同大学惑星研究所所長。NASAにおける惑星探査の指導者。惑星協会の設立に尽力。核戦争というものは地球規模の氷河期を引き起こすと指摘する「核の冬」や、遺伝子工学を用いて人間が居住可能になるよう他惑星の環境を変化させる「テラ・フォーミング」、ビッグバンから始まった宇宙の歴史を”1年という尺度”に置き換えた「宇宙カレンダー」などの持論で知られる。

だそうである。1980年は惑星探査機ボイジャーがいろんな惑星を巡っていた直後という時期であった。

1980年のテレビシリーズであるコスモスはものすごくゆったりとしている。ゆっくりしているということはいいことである。一番感動したのはアラビアのロレンスで、なんと途中でintermissionが入って曲が流れていたが。オペラみたい。それにくらべて最近の映画とか、なんでそんなにガタガタしているんだろう。有名ドラマシリーズの「24」なんかその最たるものである。私の元同僚(フランス人)によると、主人公が24時間何も食べないのならともかく、トイレにも行かないのは非現実的だということで、見るのをやめたそうである。

さて、コスモスに話を戻して。
そのゆったりコスモス、ゆったりのくせに話のレベルがものすごく高度なのであった。昨日は第1話と第2話を見たが、1話は予想どおり宇宙の話だったが、第2話は進化の話だったのであった。なぜか壇ノ浦の戦い平家カニの話からスタートして「?」と思ったが、人為的進化の例として上げられていたのであった。。。。(ちなみに奥さんは生物学者。ついでに言うと平家がにの人為的進化の例はたぶんちがうやろう」という説あり)

Cosmosめっちゃ面白いんですけど。こういうその時期の最先端サイエンスを説明するテレビシリーズっていいよね。1980年のシリーズなので、突っ込みどころ満載だったりするが、第2話の直後にアップデートがあって10年後のカールセーガン(年取ってる!)が現れ、新しい説を言っていた。例えば恐竜は1980年では突然いなくなって、原因は不明だったが、1990年には恐竜は隕石の衝突で無くなったことになっていたり。

さて、科学者がやっていうことを一般人が知るまでには間がある。研究→論文発表→メディアが興味を持つのを待つ→一般人が知るという順番である。

この人はかの有名な(?)PhDコミックを書いている人で、専門はロボット工学ある。マンガを書ける能力を利用して、メディアのステップをスキップして、直接一般人に説明しよう試みをすることにしたらしい。

ということで、Higgs Boson(ヒッグス粒子)専門家と話をして、Higgs Bostonの説明のマンガ+ビデオ(英語)を作った。

The Higgs Boson Explained from PHD Comics on Vimeo.

興味のある方はどうぞ。この前Scienceの特集でHiggs Bosonがあって「何それ?」と思っていたが、何がどうなっているのかちょっとわかったのであった。この前読んでいたconnectomeもであるが、サイエンスを一般人に説明できる能力というのは、貴重な能力なのである。


今日の教訓 それにしてもカールセーガンのコスモスむっちゃ面白いんですけど。

過去のブログ
The PhD movie

Sunday, January 6, 2013

インデックス ファンドを検討中

FI planningの皆様、あけましておめでとうございます。わかったようなわからないようなFiscal cliffも一件落着したようだし(?)、今年もよろしくお願いします。

さて、この前からFI planningではインデックスファンドが話題になって、通りすがりさんが親切にもFidelityにもインデックスファンドがあることを教えてくれた。Fidelity, active系fund(ファンドマネージャーが投資する)ばっかりだと思っていたのだが、いつの間に! しかもついこの前2013年からFidelityはインデックスファンドの投資最低金額を下げたのである。「$10000から」だったのが、お手頃に$2500からである。くわしくは通りすがりさんの記事、
US Total Sotck Fund/ETF
をどうぞ。

インデックスファンドとは何ぞやというかたは、Nobuさんの記事、
Index Fundの仕組み
をどうぞ。ちなみに私はactive系ばっかり投資していたので、index fundが謎である(笑)。Nobuさんの記事によると、「Index Fundは指標となるIndexと同じ値動きになるように投資するFund」である。必ずしもIndexと同じ株を持っているわけではない。それをどうやって同じ値動きにするかはコンピューターが計算するらしい。そしてそのコンピューターがどうやって計算しているかは

なぞ!

コンピューターが計算しているとはいえ、そのコンピューターに「こう計算しろ」って言ったのは人間のはずだから、どっかに計算式があるに違いない。調べてもいいけど、頭がこんがらがりそうである。だが、基本「わからんことには投資しない」という主義だから、矛盾しているのだが。。。。どうしたものか。Active fundだったら、「Fund managerの決断を全面的に信頼する」というのがあるのだが。。。

矛盾をほっといて、投資するにはお手頃の最低価格$2500の
Spartan Total Market Index Fund - Investor Class (FSTMX)
を調べてみた。Total market index fundと言っておきながら、Asset classはLarge Blendである。。。。どういうこっちゃ。Prospectus(目論見書)をダウンロードして読んでみたら、Fund managerはいるらしい。。。。。そうか、インデックスファンドでも一応Fund managerはいるのか。そのFund managerの仕事とは一体?
Google financeのFSTMXのウェブサイトによると、現時点でのTop 10は
Apple Inc (AAPL)                3.43%
Exxon Mobil Corporation (XOM)           2.54%
General Electric Co (GE)           1.39%
Chevron Corp (CVX)                1.30%
International Business Machines Corp (IBM) 1.28%
Microsoft Corporation (MSFT)           1.25%
AT&T Inc (T)                     1.23%
Procter & Gamble Co (PG)           1.20%
Johnson & Johnson (JNJ)                1.20%
Pfizer Inc (PFE)                1.17%
である。もっとくわしく見たいひとはFSTMXのウェブサイトで毎月何を持っているかの表があるので、それをダウンロードしてください。

ということで、雰囲気的には私が持っている
Fidelity Blue Chip Growth Fund (FBGRX)
とあまり変わらないのであった。(ちなみにFBGRXはAsset classはLarge Growthである。。。)
Expense Ratio(手数料)はFBGRXが0.9%, FSTMXが0.1%である。。。。

今持っている403bのfundをFSTMXに変換しようとして、403bを開けてみたら、なんと
Spartan Total Market Index Fund - Fidelity Advantage Class (FSTVX)
しかなかった。最低投資金額$10,000である! あらーーー!

それとTarget fundからIndex fundにしたら、ほっとくことが出来ないから、index fundを使ったFreedom fundはFidelityにはないのかと思って調べてみたけど、なかった。ちっ。

今日の教訓 続検討!

過去のブログ
401kの選択肢がイマイチ

Kindle Paperwhiteって結構すごい

新年あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。


キンドルペーパーホワイト(Wi-Fi version)を手に入れてしまった。こっちのBestBuyに行っても「売り切れー」あっちのBestBuyに行っても「売り切れー」の商品である。クリスマスだったし。なので、Amazonから送ってもらった。

届いたときに画面に絵がついていたので、画面を保護するシートがついているのかと思い、はずれるかどうかいろいろ見てしまった。ようするに、E-inkが何かまだわかっていなかったのである。USBで充電してスイッチを入れてみた。画面ががらっと変わった。なるほど。

E-inkは、インターネットで調べたところ、小さいカプセルがいっぱい並んでいて、その中に色のついたボールがはいっているらしい。(今のところ黒と白) その色のボールはマイナスとプラスにチャージされていて、それが上下にくるっと入れ替わることによって黒と白を表示する。。。らしい。間違っているかもしれないので、くわしくはウィキペディアの「電子ペーパー」をどうぞ。
普通のコンピューターとかの画面だと、光がずーっと画面で光っている(つまり、画面の後ろから光を当てている感じ)なので、日光などの明るいところでは見る事ができない。でも、e-inkはただのインクというのも変だが、インクなので、目が疲れることもない。Paperwhiteの場合は、そのインクがある画面の上にLEDの光があたっている。言わば本の上にライトがある感じね。
意味不明な人は、こちらをどうぞ。Paperwhite、かなりの解像度である。  
一旦黒色になったカプセルは、次に白に変えるまでは別に電気を使用しなくてもいい。そこが常に光っていなければいけないコンピューターとかの画面と違うところである。ということで、LEDとE-inkでものすごく省エネなので、アマゾンが言うところによると、バッテリーの寿命は8週間!
ただし、その下に小さく、「ワイアレス接続オフ、ライトの明るさ設定10(設定24まで)で、1日30分使用した場合」と書いてあるので、計算したら28時間ですな。。。それでも他のコンピューターとかiPadとかに比べたら圧倒的に違いない。。。これで3日停電しても、たぶんKindle Paperwhiteで乗り切れるわ。。。あるいはどこか旅行か学会に行って吹雪とかになって変なところにとどまることになっても、問題ない! もっとも本は数冊入れておかないと話にならないかも。。。

本だけでなく一応PDFも入れれる。ためしに論文を入れてみたところ、きちんと表示されるのはされるが、これはちょっとイマイチである。でもPDFにした航空券は普通に見る事ができた。これってカラーになったらすごいのではと思ったら、もうカラーにする技術は出来てきているみたいである。E-inkは調べたところどうもマサチューセッツ州ケンブリッジの会社らしいので、ウェブサイトに行ったところ、カラーバージョンを発見。

早く普及しないかなー。

さて、この目の疲れないe-inkのキンドルPaperwhite、「月明かりの下で読むために生まれた」という、すげーキャッチフレーズがついていたが、それもLEDライトがついているから当然である。実際に月明かりの下で読む人なんか、たぶんいないだろう。実際は「寝る直前に真っ暗な中読む事が出来る」である。私の場合、今冬なのでcomforter(掛け布団)かぶって読んでいたりするが、それでも全然読めるのである。ハードカバーの本よりも軽いしね(213グラム)。真夜中に突然起きてしまい、「寝れん!」ということになって読書初めようが、あるいは本に夢中になって朝の2時ぐらいまで読みふけっていても問題なし。

長所
・夜中でも平気で本が読める。
・普通のコンピューターとかの画面じゃないので、目が疲れない
・バッテリーの寿命が非常によろしい
・これで本棚の本は増えなくなる!
・版権切れの本はタダでダウンロードできる。

短所
・キンドル本は中古の本よりも高い! 

まだ試してないこと。
Project GutenburgのPDFもたぶんOK?
Boston Public LibraryのeBookもたぶんOK? 

一応日本のキンドルにも接続できるらしいが、今のところその機能はためしていない。日本の本を読みたい人は、こっちの記事をどうぞ。
さて、AmazonのウェブサイトからKindleのページに行くと、「サンプル」という所があって、本のイントロダクションか第1−2章を読むことができる。とりあえずいろんなサンプル読んでみて(笑)、面白そうなのを購入することにする。あとは旅行に行く時にLonely Planetも入れれるかな。。。。

Project GutenburgのPDFもたぶんOK。

今日の教訓 Kindle Paperwhiteとe-inkバンザイ!

過去のブログ
キンドル日本上陸
停電+インターネット
新年の挨拶とドイツ旅行じゃなくってマンチェスター旅行