Thursday, February 26, 2015

クレジットカードの怪しい請求 その3

新しいクレジットカードが届いた。
SmartChipつき!

やったー!

それでも、クレジットカードの仕組みそのものが時代遅れだと思ってみたり。

Bank Hackers Steal Millions via Malware (New York Times)
いろんな銀行からお金がごっそり盗まれた話とか、

Science magazineの特集End of Privacyとか読んでいると、げんなりするのである。

上の銀行の記事によると、最近の洗練された(というのもなんだが)方法では、なんでもメールが知り合いのフリをして送られてきて、その対応間違うとコンピューターが乗っ取られて、しかも嫌すぎることにマイクとカメラも乗っ取られで全部筒抜けらしい。

。。。。

と、ここまで考えて最近いろんなところから送られてきている宣伝(学会開催しますから来てとか、新しい製品でましたとか、新しい雑誌できたから投稿してとか)の下の方のUnsubscribeをクリックしてメーリングリストから脱退していたのだが、今後はそれはしないことにした。超有名な試薬会社からならともかく、知りもしない学会とか雑誌とか怪しい!!!! それにしても、Junk mailでちゃんとフィルターできるかしら? Gmailのスパムフィルターは結構きちんとしているが。

とここまで書いてこの前スパムフォルダで発見したもの。
"A Special Message From Social Security"というタイトルでメールが来たが、こいつは本物なのか偽物なのか???(笑)

今日の教訓 困った時代になりましたよ。

過去のブログ
クレジットカードの怪しい請求 その2

Tuesday, February 17, 2015

2014年のtax return(税金申請)

FI planningの人達の議論を見つつも、変更するのが面倒くさいので今年もTurbo Taxにした。
例によって例のごとく、Fidelityのウェブサイトから20% offのリンクを使った。別に口座を持っていなくてもリンクを辿れば20% offになるらしい。興味のある方はどうぞ。

TurboTax ONLINE PREMIER $39.99
TurboTax ONLINE STATE MA $36.99
Tax $4.81
Total $81.79

去年は$76.48だったから今年は高い? うーむ?

だーっとデータを入れて、去年のと見比べてからe-fileで送信送信!
その時に、refundをアマゾンのギフトカードにするかと訊かれたが、「そんなにアマゾンで買い物するっけ?やたらと買い物するのもどうかと思うし」と思って普通にrefundをもらうことにした。

今日の教訓 終わり!

過去のブログ
2013年のtax return(税金申請)その2

Sunday, February 15, 2015

クレジットカードの怪しい請求 その2

この前のクレジットカードの怪しい請求の続き。

昨日カード会社から書類がきた。7ページの書類で、クレジットカード会社がENTROPAY UK(ロンドンの会社)にお問い合わせした情報である。なんでも16桁のクレジットカードの数字、有効期限、私の名前、セキュリティーナンバー(カードの裏についている番号で、普段は3桁)のすべての情報が揃っているので、これは正式な購入であるので、このケースは終わりとしますとな。

購入したところのIPアドレスはマルタ島!
そんなところ行ったこともないわい! 
購入したのはプリペイドクレジットカード
クレジットカードを持ってたら、そんなもの買わん!

しばらく呆然としていたが、誰かが16桁の番号と有効期限と名前と裏の番号まで知っていて、またお買い物をされると困るので、Lost or stolen cardの電話番号に電話した。
相変わらず機械が応答するので、機械が理解できたのかできないのかわからないような、適当なことを言って人間につないでもらった(笑) 海外生活が長いとこっちも神経が図太くなるのである。なんたって機械には南アフリカ出身で英語が母国語の人も通じないんだから。

私「クレジットカードの番号を交換して欲しいんだけれど。なんでも誰かが私のクレジットカードを使ってマルタ島からお買い物をした。マルタ島って、イタリアの近くの小さな島よ! どうもセキュリティーナンバーまで知ってるから、とにかくクレジットカードを交換して欲しい!!!」
担当の人「それいつ?」
私「12月。で、あなたの会社に連絡して、今日その返事の書類がきたんだけれど! さらにお買い物されると気持ち悪いから、とにかくカード変えて! 書類の私のケースの番号知りたい?」
担当の人「Fraud departmentに接続するから、そこでお願い。あなたが連絡したのはClaim department」
私「え? Fraud departmentとClaim departmentって違うの?」

ということで、Fraud departmentの人につないでもらった。かなり待つ。忙しいのか?(皮肉)
出てきたお兄さんにかくかくしかじか、なんだかんだ状況を説明した。(日本にいたのにマルタ島でお買い物なんかするかー!とか) お兄さんのアクセントがききにくいので結構聞き返したり、いろいろやっていたが、とりあえずクレジットカードの番号変更+あやしげなお買い物の調査をしてくれるらしい。ありがとう。

お兄さん「今ボストンの雪はどうなんだ?」
私「おー、なぜ私がボストンに住んでるって知ってるの? 今大吹雪を待ってるとこ」
お兄さん「今ここに全部情報が出てるからね」 (確かに)
お兄さん「俺はケンタッキーに住んでるんだが、こっちは雪がちょっと降っただけだ」
そういう感じで世間話をして終わった。カスタマーサービスの人って辛抱強いよね。

それにしても、クレジットカードのシステムって2015年に対応しきれてないような気がしないでもない。

今日の教訓 現金主義に戻ろうかしら? 

過去のブログ
クレジットカードの怪しい請求

Sunday, February 8, 2015

明日も仕事お休み

さっき「明日はボストン大学はお休み!」の連絡が来た。今回最高60cmぐらい積もることになっているのである。この前の残りの山がてんこ盛りになっている上に60cm積もるんだから、結構大変である。何しろ、もう雪を置くところがないのである。

いつも読んでるWeather Wisdomのおじさんによると、
First, If you don't have to drive into Boston don't.

(まず、ボストンに車で運転して行かなくていいのなら、行くな)
という話であった。
今のところ雪が積もってからのバスでの通勤時間45分から1時間。
昨日研究室まで歩いてみたら45分。
。。。。。。。。
明日と明後日は不明。うーむ。

「こう雪が積もっているとどこにも行く気がしないし、スノーシュー(かんじき)で、いろいろなところ歩いたれー!そのぐらいしかやることがないし!」と思って近くのスポーツ店に行ったら、世の中同じこと考えている人がいっぱいいるのか、売り切れていた。


残っているのは3万円ぐらいする高級品。それはさすがに高い。

今日の教訓 インターネットで注文してもいいけど、それはそれで全然到着しないかも??

過去のブログ
雪追加注文

Saturday, February 7, 2015

雪追加注文

てんこもりでは足りないのか、雪追加注文である。今日土曜日の夜から長々と月曜日の夜まで降って予定では24cmから35cmだそうである。。。

まだ降る!

今日の教訓 やっぱりスノーシュー(かんじき)が欲しいよなー。

過去のブログ
雪てんこもり

Monday, February 2, 2015

雪てんこもり

この前の吹雪はウィキペディアによると、24.6 インチ (62 cm)だったらしい。
しかも昨日から今日(月曜日)にさらに雪をてんこもりにしてみて、午後1時の時点で「一週間で34.2インチの積雪量」で記録更新だそうな。

With Monday’s Snowfall, Boston Breaks Its Record for Snowiest Week


34.2インチは86.8cmだから、「今日24cmぐらいてんこもり」である。

更に木曜日に7cmぐらい降る予定(月曜日の夜の時点での予報だけれど)なのであった。

かんじき(スノーシュー)が欲しくなっているのは私だけだろうか。REI(スポーツ用品店)に売ってるんですけど。250ドルぐらいするけど、履いてボストンの街を歩き回ったら楽しいかもしれない。それともクロスカントリー? ボストンの街中をクロスカントリーで滑っている人はたまにいる。この前Facebookでテレマークで通勤してきたお医者さんの写真を見たが、さすがにそれは珍しい?

今日の教訓 スノーシュー欲しいかも? それともクロスカントリー?

過去のブログ
吹雪のため、明日はお休み