Sunday, March 5, 2017

親の誕生日のお祝いの催促 2017年

今年のうちの親の誕生日の催促メール

「遠藤周作著 ルーアンの丘

若き遠藤が 1950年(私が産まれた年)にフランス留学に行った時の日記
テレビで一部紹介していたので 全部読みたくて買おうと思ったけど ネットで4万円のしか見つからなかった。
さがしてくれると嬉しい。
駄目なれば 所蔵している図書館だけでも知りたい。
藤原正彦の「若き数学者のアメリカ」とちょっと似てるところがある
若い時に触れた異文化に対する想いが」

私の返事メール
「遠藤周作「ルーアンの丘」 「日本最大の図書館検索 カーリル」で検索。
親のいる町で検索を絞ったら、市立図書館が出てきた。
一番近いところでは、歩いて5分の公民館!
念のため市立図書館のウェブサイトまでいって検索したら「ある」って書いてあったので、バス代出してあげるから借りてきてください。歩いて5分の公民館は行って訊いてみる価値あるよね」

やった! 4万円よりも安い!

今日の教訓 図書館ありがとう!

過去の教訓 
猫に小判、豚に真珠、親にビール(親に高級ビールを送った話)
猫に小判じゃなくって、一般人 vs コンピューター
漬け物とトルマリンと遠赤外線と その2(母の日に怪しげな漬物の容器を請求されたこと)
漬け物とトルマリンと遠赤外線と
(母の日に石臼を請求されたこと)

No comments: