Saturday, November 6, 2010

仕事を効率的にするには

最近私のまわりではベビーブームらしく、友人達が次々と子供を産んでいる。合計6人の赤ちゃんが生まれ、あるいは産まれる予定である。そのうち4人は双子である。

そして、子供ができたときの研究者の仕事は、どの国にいても大変そうである。
 第3回 両立できる? 研究者夫婦の子育てと仕事
ちなみにprinciple investigator (PI ラボのボスのこと) になってしまえば、比較的「子供が風邪ひいたから迎えに来て」というデイケアの要求にも対応できる。。。。と聞いたが、本当かどうかは不明。

さてさて、私もなんか最近忙しいのであった。一時的と思われるのであるが、どうなのかは不明。同僚と私の最近のホットトピックは「どうやったら効率的に仕事をすることができるか」である。

ということで、小さい子供が二人+ハーバードでPI+研究も非常によろしいというお母さん研究者が、どうやって効率よく仕事をしているかを書いた文章(英語)。
How To Survive and Thrive in the Mother-Mentor Marathon
女性研究者必見。ちなみに男性も必見と思われる。

私のお気に入りのは、Making the Right Moves: A Practical Guide to Scientific Management for Postdocs and New FacultyChapter 6: Time Management
である。

それにしても、勝間和代さんでも誰でも、子育てしながら成功している人は、どうも徹底的に無駄を省くようである。どの文章(本)を読んでも書いてあることは、

・一番大事な仕事からやれ
・人に頼めることは頼め。
・Learn to say No (「いいえ」と言うことを習え)
・5分とか10分とかの隙間時間を利用しろ。
である。

この前読んだ本「10 natural laws of successful time and life management」にあった気に入った文章を引用する。

Write down the most important tasks you have to do tomorrow and number them in order of importance.  When you arrive in the morning, begin at once on number one and stay on it till it's completed.  Once you've completed the first task, recheck your priorities and begin number two.  Stick with your task all day if necessary - as long as it's the most important one.  If you don't finish all your tasks, don't worry.  You probably couldn't  have done so with any other method, and without some system you'd probably not even decide which one was most important.  Now, make this habit every working day. 


さて、当然ながら、私も優先順位を決めて「一番大切なこと」からやるように頑張っている。(土曜日の朝にブログを書くことは、全然優先順位は高くないけどねー) 
すると不思議なことに、今まで結構どうでもいいことに時間を費やしていたことに気づくのであった。「今までこんなことやっていたけど、結局これは時間の浪費だった」と思うのである。私は英語で電話することは嫌いであるが、メールを書く時間よりも、電話したほうが物事がさっさと解決するのである。

しゃーない、電話するか。(←英語スピーキングの練習にもなるし)

それから「この仕事、もうちょっと効率よくならないかしら?」と考えてみたりする。  地獄の英語教室の宿題でさえ効率化される。どう考えても別に私がしなくてもいいんじゃないかと思う仕事は、誰かに頼もうと頑張ってみたりする。
そういうことで、全体的に無駄がだんだん省けて効率が上がっているような気がするような。。。。(←ホンマか)

さて、この前F Friesさんが学部こそ違うが、同じ「一匹狼の群れ大学」出身の先輩であることが判明した。さっそくLinkedInでつながってもらい、挨拶をかわした。そのメールから引用。
「ツイッター、もしやってられないのでしたら、絶対やらない方がいいです。莫大な時間の損失です。クセになります。」
先輩からの助言、ありがたく頂戴いたしました。やってませんし、やりません。 

今日の教訓 仕事の効率化、永遠のテーマかも。

過去のブログ
地獄の英語教室、はじまりはじまり


No comments: