Saturday, April 20, 2019

(寝てても)運用してくれるシステム:ターゲット・リタイアメント・ファンド

この前の「脳の最大パフォーマンスを引き出すために」の続き。なぜか「そちら何時ですか?」という時間に日本からメールが来るので、日本人寝てないと前から密かに思っていた。ついにデータ発見。

Which countries get the most sleep?(1843 Magazine)
Richer populations tend to be more well-rested
各国の平均睡眠時間と一人あたりのGDPをグラフにしてある。

平均睡眠時間6時間18分ぐらい? 日本人本当に寝てなかったんだ! その割には一人あたりのGDP低い! 正確に言うと、イギリスとかフランスとかと一人あたりのGDPは一緒なのだが、睡眠時間が1時間以上少ない。睡眠時間が少ないと考えるだけで怒りがこみ上げて来るのは私だけ? 

これに対抗するには(?)「自動的にGDPを上げるような(寝てても儲かる)システム」を考え出したほうが良さそうな気がしないでもない。いつもながら発想が飛ぶ私である。それが国家レベルでどうなるかはともかく、私個人レベルで資産を上げる方法は思いついた。

Vanguard Target Retirement Funds!
アメリカの例ですみません。

私の大学のリタイアメントプラン403bはこれである。引退した後のお金が続かないことは問題だし、アクティブファンドだと手数料が高くて問題なので、Vanguard Target Retirement Fundである。
アクティブファンドはウィキペディアによると

アクティブファンドとは、投資信託のうちで運用担当者(ファンド・マネージャー)が、株式・債券・その他有価証券等の銘柄及び投資割合を決定する投資信託を指す。一般的にアクティブファンドはベンチマーク(株価指数など)を設定し、そのベンチマーク以上の運用成績を目指すものである。投資銘柄や投資割合に運用を担当する者の運用方針が反映されるため、その運用担当者の氏名を公表して募集するファンドもある。

引用終了。
ということである。Vanguardのはインデックスファンドである。インデックスファンドはウィキペディアによると、

インデックスファンドとは、ファンドの基準価額がある指標(インデックス)と同じ値動きを目指す運用をする投資信託のこと。パッシブファンドとも呼ばれる。通常当該ファンドがベンチマークとする株価指数に採用されている銘柄群と全く同様の銘柄構成を採り、各企業の株式のファンドへの組み入れ比率も株価指数への影響度に比例した割合となる。

引用終了。Vanguard Target Retirement Fundは2040(VFORX)(2040年に引退したい人用)の場合は

Vanguard Total Stock Market Index Fund Investor Shares 50.7%
Vanguard Total International Stock Index Fund Investor Shares 33.4%
Vanguard Total Bond Market II Index Fund Investor Shares** 11.2%
Vanguard Total International Bond Index Fund 4.7%

に投資されている。株のアップダウンによって%がずれたときは勝手にリバランスしてくれる。ターゲットファンドは引退年齢に近づくにつれて株の割合が減って債権の割合が増える。なぜなら引退するころにストックマーケットがガクンと下がったら引退できないから。Vanguard Target Retirement Fund 2040のExpense ratio(手数料)は0.14%、Google Financeによると、Net assets(純資産?)は$26.88Bとのことである。
$26,880,000,000
3 0084 0960 0000円、
3兆円とかそんな話? 桁があってるのか間違ってるのか、もう全然わからない。

もちろん株式市場が下がれば一緒に下がるのだが、貯金だけでは老後資金は作れないし、株を自分で全部選ぶのは面倒くさいし、勝手にリバランスしてくれるし(株式市場が下がっているときに自分でリバランスするには勇気がいる)、それよりも本業に集中したほうがいいし。あれこれ考えて出た結論は

要するに一番無難なサービス(笑)

なんかすごい結論になってるが、なんも考えずにお給料から差し引かれて勝手に運用されるというのは素晴らしい。基本ほったらかしなので、気づいたら「なんか増えてるよ」というのも楽しい。欠点(?)としては、面白くもなんともないことである。1月だったかに株式市場が下がった時も「あー、そう」で終わり。

自分で投資したいかたは、ものすごく上手に投資すればこんなこともあり?

How a frugal janitor saved, invested and ultimately amassed $8 million (Washington Post)

いわく、Janitor(夕方にビルに来て清掃してくれる人)のおじさんが株を上手に投資して、92歳で亡くなった時は$ 8 millionの資産を持っていたという話。今日のグーグルによると、$8 millionは8億9536万円らしい。$300を毎月投資して8%で運用してそれを65年間続けるとできるらしい。こういう話も楽しいよね。

今日の教訓 自動的に運用してもらうにはVanguard Target Retirement Fundがおすすめ

他の参考文献
バフェット氏の最新助言「米国の強みとコストの怖さ」(日経新聞)

過去のブログ
Rebalance (投資の再分配)2016
脳の最大パフォーマンスを引き出すために (睡眠の話)
2019年新年のご挨拶 人生は長い (老後のためには1.8億円ためないといけない話)

Tuesday, April 9, 2019

脳の最大パフォーマンスを引き出すために

今回の実験医学はサーカディアン・メディシンの話

睡眠と時差ボケおよび夜勤シフトなどが身体と精神にどう影響するかの話である。睡眠の話は真剣に読む私。いや社会的にも結構な問題なような。

さて私は結構寝ているので密かに怠けモノかと思っていたのだが、尊敬する荻野さん(ハーバードで教授している先生)のブログを見たところ荻野先生も8時間寝ているらしい。

イギリス出張3(時差との戦い)ハーバード大学教授 荻野周史のブログ

睡眠について滔々と書いてある。毎日脳に最大パフォーマンスで働いてもらわないと、ハーバードで教授なんてやってられないしな。引用したくなったが、引用したら全部引用になってしまうので、やめておく。興味のある方は上のリンクをクリックしてください。

さらに調べたところ、アマゾンのCEOのベゾスも8時間寝ているらしい!

Jeff Bezos explains why he thinks getting 8 hours of sleep is key to making important decisions in the workplace(Business Insider)

私の場合の対処方法
・リビングルームは10畳ぐらいあるが、電灯は合計80ワットぐらいの間接照明。ドイツにいた時に暗かったのでそのまま暗くなった。最近すぐに眠くなるので、ひょっとしたら合計80ワットは暗すぎる?それともただの歳?

・ベットルームには遮光カーテンを使用

・寝るところにスマートフォン置いてない。スマートフォンはほとんど音楽とStrava(ランニングapp)しか使ってない。

・家にテレビない。子供の時に「テレビは毎日1時間のみ」というルールがあり、そのままテレビなしでもOKになった。映画はNetflixで借りて見てるけど。

・次の日に頭がボーっとするのが嫌いなので、アルコールはほとんど飲まない(ただの歳とも言う)。

・この前日本から帰ってきたときの時差ボケは朝日の中で走ったら治ったので、次回も時差ボケになったら朝から走ってみる予定。本当の効果なのか、プラセボなのか不明(笑)メラトニンはアメリカの薬局で処方箋なしでも買えるので使ってみたけど、私には効果なし?

・デスクワークだけでは身体が疲れないので寝れるわけがないという理由で(科学的根拠なし、というか根拠があるかどうか探したことがない)、ランニングをする。

・夕方5時以降はカフェイン取らない。研究費申請書を書いている時にカフェイン取りすぎからかストレスからか、夜中起きるようになってしまったので、「これはカフェインのせいに違い無い!」ということで減らして、しかも飲む時間も前倒しにしていったら5時でおさまった。午後2時までという説もあるらしい。5時以降はカフェイン無しのお茶である。ちなみにこれお気に入りのブルーベリーの入ったルイボスティー。

昔見つけた論文。科学的にも寝たほうが脳みそに良いらしい。

Sleep Drives Metabolite Clearance from the Adult Brain(Science Magazine)

引用。
Taking Out the Trash
The purpose of sleep remains mysterious. Using state-of-the-art in vivo two-photon imaging to directly compare two arousal states in the same mouse, Xie et al. (p. 373; see the Perspective by Herculano-Houzel) found that metabolic waste products of neural activity were cleared out of the sleeping brain at a faster rate than during the awake state. This finding suggests a mechanistic explanation for how sleep serves a restorative function, in addition to its well-described effects on memory consolidation.
引用終了。簡単に言うと、寝ている時のほうが脳のゴミ(じゃなくって老廃物?)がなくなる割合が起きている時よりも速い。

結論としては「睡眠時間を削ってXXの勉強」ではなく、まず睡眠時間の確保が先かもしれない。そうは言っても受験生の時は5時間しか寝てなかったが!(単に若かった?) 現在は脳みそ使えなかったら私の使い道は他にないので、脳には最大パフォーマンスで働いてもらわないといけないのである。歳だし。思い出したので、ついでに書いてしまうが、この前日本に帰った時に24時間営業の郵便局があるという話を聞いてびっくりした。夜中の3時に郵便物を取りに行く自分が想像できない。。。さらに「『24時間働けますか?』っていうCMがあったけど、あれは一体なんだったんだろう?」とかも思ったりする。

今日の教訓 脳みそに最大限に働いてもらうため、睡眠時間は確保しましょう。

過去のブログ
Biology to Live By スパムメールの対応方法(腎臓みたいなスパムメールの対処方法)
目からウロコのサイエンス その1 夜型でもいいんじゃん!!!!!