Thursday, October 16, 2014

モンテ・クリスト伯 英語版

Project Gutenbergからダウンロードしたアレクサンドル・デュマのモンテ・クリスト伯(日本語巌窟王) 英語版をキンドルで今読んでいるところである。高校生の時に日本語で読んだので、今度は英語で挑戦。

The Count of Monte Cristo, Illustrated by Alexandre Dumas

ウィキペディアによるとあらすじはこんな感じ。

主人公エドモン・ダンテスが無実の罪で監獄に送られ、そこで長い年月を過ごした後、脱獄して巨万の富を手にし、モンテ・クリスト伯爵を名乗って自らを陥れた者たちの前に現れ、復讐する物語である。1844年から1846年にかけて、フランスの当時の大手新聞「デバ」紙に連載され、同じく1844年から1846年にかけて18巻本として出版された。

まだ25%しか読んでなくって、私のスピードで読むと、あと25時間あるー!!!きゃー。

ここからはネタばれになるので、ご注意。

今のところ島である牢獄から脱走して、その後お宝の入った箱を無事発見したところ。昔の雇用主が落ちぶれてしまったので、さくっと貿易用の船をプレゼントして嫁入り前のお嬢さんにもヘーゼルナッツ並の大きさのダイアモンドを持参金としてプレゼント。優雅なヨットを駆使して地中海を渡り歩き、離れ島の洞窟に超豪華な大理石と毛皮の部屋を作った。いろいろな言語とアクセントを操り、どこのナニモノか不明。

離れ島の洞窟に超豪華な部屋を作るのって男のロマン???? ってか、お宝の入った箱、3つに仕切られていて一つは金貨、一つは宝石、最後の一つは忘れたけど、さくっと貿易用の船をプレゼントって、一体どれだけ入っていたん? 

そしてこの後75%復讐劇????

主人公を陥れた3人もそれなりにパワーアップしているので、復讐するのも大変である。今から着々と復讐するんだろうけど、私だったら復讐なんてつまらんことに富を使わないで楽しむが。。。。それじゃストーリーにならないか。敵のレベルがパワーアップしてなかったら復讐しても面白くないし(笑)

ややThe Shawshank Redemption(日本語名「ショーシャンクの空に」)にストーリーが似てないでもない。

逆か、アレクサンドル・デュマの方が先だし(笑)

やっぱ牢獄から脱走するにも復讐するにも、頭、根気と粘り強さが必要。

それにしても、このワクワク感で新聞に連載するってアレクサンドル・デュマって一体何者! 新聞だったら毎日書かないといけないでしょうが!!!

今日の教訓 あと25時間!

過去のブログ
睡眠時間を削ってアレクサンドル・デュマのダルタニャン物語を読んでいたこと。

No comments: