Friday, March 26, 2010

目からウロコのサイエンス その4 Flying vaccine(空飛ぶワクチン)

この「目からウロコのサイエンス」は、私がScience PodCastやNature PodCastで英語リスニングの練習をしているついでに、目からウロコの面白かった話を紹介するシリーズである。

さて今日のトピックは3月26日のScience PodCastにあった話で、transcript(文章にしたもの)はこっち

蚊の話である。蚊は、血を吸い取る時に唾液をまず動物にさして、血の凝固を防いでから血を吸う。その唾液でかゆくなるのである。
それをどこの誰だか知らないけど、「どうせ蚊に噛まれるなら、ワクチンを打ってもらえるようにしたらいいんじゃないか」と思った人がいるらしい。

蚊を遺伝子操作して、ワクチンを作成できるようにする。
その蚊を世に放す。
蚊に刺された人は、ワクチンができる。例えばマラリアは蚊が媒介する病気であるが、マラリアのワクチンも同時に打てば、マラリアを予防することができる。

変なことを考えた人がいるもんだ。

問題その1
蚊に1人1回ずつ刺されたら問題ないが、もし10回、あるいは100回蚊にさされたら、それだけワクチンを打たれる回数が多くなって危険。

確かに、100倍投与は問題(笑)

問題その2
人に対するときはインフォームド・コンセントが必要であるが、飛んでいってしまった蚊が人を刺すときはインフォームド・コンセントができない。

そりゃ無理だ(笑)

そういうことで、とりあえず家畜にでも応用できるかどうか、考えてみるということであった。

今日の教訓 それにしても変なことを考える人がいるもんだ。

過去のブログ
目から ウロコのサイエンス その3 一生のおつきあい 続き

No comments: