Saturday, September 8, 2012

ケープコッドでキャンプ

2年前と同じく、ケープコッドにキャンプに行って来た。Labor Dayの連休である。前と同じキャンプ場に予約をして、プロヴィンスタウンまでフェリーを予約。例によって例のごとく、キャンプ用品を後ろに積んで、自転車で移動である。

「前行ったから、今回はラクなはずだ」と思っていたところが、いきなりアクシデント!

フェリーの手すりに自転車が固定されていたのだが、フェリーがプロヴィンスタウンの波止場につく直前に隣の自転車のハンドルに何かがあたったらしい、それで隣の自転車はハンドルが壊れた。その衝撃で私の自転車の前輪がへにゃへにゃに。

あー、キャンプ場まで自転車で行く予定なのに!!!

と思っていたら、フェリーのおじさんが自転車屋を紹介してくれて、全額修理費を払ってくれることになった。
自転車を自転車屋に持って行ったら、自転車屋のおじさんはとりあえず自分の自転車の前輪をはめてくれたので、その辺りで走り回れることに。夕方自転車屋にもどったら、ホイールを交換してくれた。後いろいろなところの調節もお願いしたらやってくれた。フェリー会社の対応も早いし、自転車屋も親切である!

3日間とも天気がよかったので、その辺りを自転車で走り回ったり、海水浴場でのんびりしたりしていた。2年前とくらべて自転車がいっぱいいた。ついでにキャンプ場も満員であった。キャンプ場の人によると、半分ぐらいフレンチカナダ人だったりするらしい。カナダからわざわざケープコッドの先端まで、大変なことである。

さて、プロヴィンスタウンはゲイの町で有名なのだが、今回そのゲイカップルをいろいろ眺めていて気づいた。それぞれのゲイカップル、まるで双子のようにそっくりなのである。おしゃれなゲイの相手はおしゃれ、マッチョの相手はマッチョ、ひげ親父の相手はひげ親父、腹が出てるゲイの相手は腹が出ていて、リッチなおじさんの相手はリッチなおじさんなのであった。

なぜだー!

まあ男女のカップルも一緒なのかもしれない。ただ性別が違うから気づかないだけかもしれない。

さて、今回新しいテントを購入して持って行った。

一面が半分ぐらい空いているので、空気の通りがよく、ちょうど夏のキャンプにいい感じなのであった。大きいし軽いし。

今日の教訓 また行こうっと。

過去のブログ
キャンプ


No comments: