Saturday, July 25, 2015

携帯電話変更 2015 その1

またもや貧乏な話。ちなみに私の目標は「$8ミリオンの株券を遺したオジイサン」である。今日の相場だと$8millionは990440000円! 10億円あったら老後安心して暮らせるよねー。

さて本題に入って。
この前の「携帯電話またもや寿命? 」の続き。中間報告なのでどうなるか不明(笑)

Virgin mobileの携帯を使っているのだが、新しい携帯の種類がイマイチなので、T-mobileに変更することにした。
今のところの目標はこのプランである。

Pay As You Go
$3 per month includes 30 minutes of talk or 30 text messages — or any combination of the two, up to 30 — and lets you keep your phone number from month to month
Add additional talk and text at a low flat rate of 10 cents per minute/message (sending and receiving)
Need more time? Get a seven-day Unlimited Talk & Text pass for just $10

Add a high-speed data pass
Choose the flexible high-speed data pass that works best for you. Both passes include Smartphone Mobile HotSpot.
$5 daily pass—up to 500MB 4G LTE data
$10 weekly pass—up to 1GB of 4G LTE data

日本語訳。現在1ドル120円ぐらい。
一ヶ月の3ドルで電話番号をキープできて、30分の会話か30分のテキストメッセージがついている
それ以上の会話とテキストの場合は10セント/分かテキストメッセージ
もっと喋りたいときは$10ドル追加で、思う存分に会話かテキストメッセージを送ってください。
もしデータを加えたいときは一日5ドルで500MB 4G LTE dataを追加することができます。あるいは一週間10ドルで1GB 4G LTE dataを追加できます。(←データプランは学会用?)

テキストメッセージを楽にうてる電話を調べたのだがT-mobileから直接買うと結構高い!しかもlockedとかunlockedとか意味不明な言葉があってややこしい。

ウィキペディアSIMロックから引用。
SIMロック (シムロック、SIM lock) とは、特定のSIMカードを差し込んだ場合のみに動作するよう携帯電話や通信モジュール等の通信端末に施される機能制限のこと。通信事業者(キャリア)によっては、自社で販売する電話機にSIMロックを掛けている。SIMロックが施された端末では、キャリアの指定するSIMカードしか認識せず、その他のSIMカードは認識することができない。

メリット
端末がSIMロックされていることで、キャリアは利用者の長期契約収入を当てにして開発費や販促費を投下するため、利用者は低価格で最新の電話機を手に入れることができる。「0円携帯」「0円スマホ」などと呼ばれる販売方法もそのひとつである。通信事業者側のメリットとしては、顧客が他社に逃げられないようにできるため、顧客の囲い込みが容易となる。

デメリット
端末がSIMロックされていると、他のキャリアに乗り換える際には再び電話機の購入が必要となる(スイッチングコスト増大)ため、ユーザーの流動性が下がり、サービス競争が起こりにくくなる。このスイッチングコスト低下のために各キャリアが繰り広げた過剰なキャッシュバック戦争が長期利用者から非難され、総務省などで問題視される遠因となった。また、海外渡航の際に現地のSIMカードを購入して差し替えて使うことはできず、割高なローミング料金を支払うか、現地の端末を購入することになる。

米国ではAT&T、スプリント、ベライゾンの3社がSIMロックを行っている。日本と同様に2年間の通信料金に加算しての割賦販売が基本であり、一括払いにしていない場合は端末購入から2年を経過し料金の支払いを滞納していないことを条件にSIMロックの解除に応じている。T-モバイルは割賦販売を行っておらず、SIMロックを行っていない。

引用終了

結局「T-mobile unlocked」で検索して、先週末eBay(オークションサイト)で携帯を買った。ほとんど冒険である(爆笑)。
盗まれた携帯とかだと困るので、一応星がたくさん付いていてレビューがいっぱいある人(会社?)購入した。

Apple iPhone 3GS 40ドル送料込み!!!!!
最新のiPhone 6でunlockedだと800ドルとからしいので、40ドルは安い。ちなみ3GSは2009年のモデルらしい。それにしても大丈夫なんか40ドル。。。。まあ損しても40ドルだけれど。

それが昨日テキサスから到着。
中古かと思いきや、一つ傷が後ろのジャックのところにあるだけで新品同様で、ものすごくきれいなんですけど。
ひょっとして偽物?
緑色の新品カバーもついてきたので、はめてみた。それにしても、2009年製とはいえ、新品同様が来るとは思わんかった。人類と地球の衰退をイメージしてしまう。どこかの店で余っていたのかしら?それとも誰かがプレゼントでもらったけど全然使わなかったとか? 古いからバッテリーが早くなくなるかもしれないけど、その時は、自分でバッテリー交換だな(笑)

さて買ったiPhone当然のことながらSIMカードがないと動かない(笑) WiFi繋げても動かない(笑)
Check your device’s compatibility with the T-Mobile networkでIMEI number(携帯電話一台一台についている番号らしい)をチェックした。

We do not recognize the IMEI number you entered. Please try again or contact Customer Care at 1-877-453-1304.
いわく、IMEIナンバーを認識できないとのこと。「なぬー!やっぱり盗難品?」と思ってさらに調べたらこんなのも発見。
Activation lock status tool (iCloud)
IMEIナンバーをいれたら、unlockedということで、新しいユーザーが使えるとのこと。
やれやれ。他のウェブページをみたら、「購入する前にIMEIナンバーを教えてもらったほうがいい」と書いてあった。確かに。

さらにTransfer your phone number to T-Mobileで私の携帯番号を検索したら、なんと番号をそのまま使えるかもしれないらしい。

おー、楽じゃん!

でも私のVirgin mobileのアカウントまだ$36残ってるんですけど! これは使い切ってから変更すべき! 8月26日に20ドルを追加しないといけないので、それまで徹底的に(?)電話とテキストすることにする(しないけど)。
それからT-mobileのお店に持って行って変更しよう(笑) 変更できなかったら40ドルの損ということで、その場でStupid phoneを買うことにする。 また後日どうなったか報告するので、よろしく。

今日の教訓 それにしてもこの電話、本当にT-mobileでPay As You Goで使えるのか?

過去のブログ
携帯電話またもや寿命?

No comments: