Sunday, December 1, 2019

Bad Blood

中国発の超面白いSFを読み終わった次の本はこれ。

Bad Blood: Secrets and Lies in a Silicon Valley Startup


Theranos(セラノス)のお話である。現時点でアマゾンでのレビュー2811。星は5つ星中4.8星という感じである。ちなみにアメリカは意見言ってなんぼの世界なのか、New York Timesとかにもコメントするのである。

意見言ってなんぼー。

あまりに面白すぎて止まらなくなり朝の2時か3時ぐらいまで読んでしまった。週末だったから良かったけど、平日だったら次の日困るよね。

しょっぱなから嘘。
仕事環境悪すぎ。
途中から作者(ジャーナリスト)が「I(私)」として登場してきて、さらに面白くなった。
TecanとかBioRadの機械とかも出てくるし。

事実は小説よりも奇なり。そこらへんのドラマとかよりも面白すぎるぞ。是非ともドキュメンタリーとかじゃなくって、作者が登場するところも入れて映画化してほしい。
と、ここまで書いて「事実は小説よりも奇なり」って英語でなんて言うんだろうと思って調べて見たらこんなの発見。

“Truth is stranger than fiction, but it is because Fiction is obliged to stick to possibilities; Truth isn't.”  Mark Twain, Following the Equator: A Journey Around the World

適当に訳。
「真実はフィクションよりも奇なり。なぜならフィクションは可能性に従う必要がある。真実にその義務はない。」

なんとー。

本に戻って。
途中で一瞬だけ出て来るルパート・マードックがすごかった。かっこいいぞルパート・マードック。
あと印象的だったのは、「2008年の経済危機のときに、投資先を探していた投資家たちが投資し始めた」ということ。

経済危機の途中だろうがなんだろうが、金はあるところにはあるらしい。(←重要な発見)

日本語訳されるかもしれないので、これ以上書くのはやめとく。

今日の教訓 一体なんのサスペンス?

過去のブログ
Three-body problem(三体問題)のイメージ

No comments: