Friday, August 24, 2018

茹でガエルのたとえ その2

茹でガエルのたとえ、昔のブログから引用。

「言わば、茹でガエルの喩えみたいなもんですな。『2匹のカエルを用意し、一方は熱湯に入れ、もう一方は緩やかに昇温する冷水に入れる。すると、前者は直ちに飛び跳ね脱出・生存するのに対し、後者は水温の上昇を知覚できずに死亡する』(ウィキペディア) ちなみに、この話はウソで、カエルは後者でもちゃんと脱出するらしい。生物をなめちゃいけません。」

今日英語版ウィキペディアでさらなる面白い文章を発見した。

In 1869, while doing experiments searching for the location of the soul, German physiologist Friedrich Goltz demonstrated that a frog that has had its brain removed will remain in slowly heated water, but an intact frog attempted to escape the water when it reached 25 °C.

適当に訳。いわく「脳を取り除いたカエルはゆっくり温度を上げていってもお湯の中に残っているが、普通のカエルは25℃になった時点で逃げようとする。」

In 1995, Professor Douglas Melton, of the Harvard University Biology department, said, "If you put a frog in boiling water, it won't jump out. It will die. If you put it in cold water, it will jump before it gets hot—they don't sit still for you."

適当に訳。「熱湯の中にカエルを入れるとジャンプせずに死亡。冷水に入れたら、お湯になる前にジャンプする。カエルはあなたの(実験の)ためにじっとなんかしてません。」とな。

これからは茹でガエルの話聞いたら笑い出し、「脳があれば飛び出すわよ、脳があればね!」と答えてしまいそうである。それにしても茹でガエルの話はどこから来たんだろう?

今日の教訓 カエルはお湯になる前に飛ぶらしい。

過去のブログ
研究者のための思考法 10のヒント 感想文その3

Sunday, July 1, 2018

Regret Minimization Framework - 人生の最後で後悔することを減らすよう行動するフレームワーク

今読んでいる本はこれ。
Algorithms to Live By: The Computer Science of Human Decisions


どうしてこの本を発見したかというと、靴下の組み合わせをどうにかしたかったのである。洗濯した後の靴下組み合わせるの、大変じゃない?

その途中でこれを発見。Regret Minimization Frameworkという名前らしい。Jeff Bezos(アマゾンのCEO)が作っちゃったらしい。

曰く、「80歳になって後悔すること(量? 質?)を減らすように行動する」ことらしい。ニューヨークで安定した仕事についていたBezosだが、本をインターネットで売るというアイデアを思いついてボスに言った。上司は必死に引き止めようとしたが、Bezosはここでインターネットで本を売ることを行動に起こさなかったら80歳になったときに後悔すると思ってAmazonを作った。
くわしくは上にYoutubeで我慢して(2分40秒)字幕でもつけてどうぞ。

人生やっぱり後悔しないように生きないとね! いや、本によると人生を送って行くうちに後悔が増えていくのは避けられないので、その数(量?質?)を増加を抑えるように生きることが大切らしい(笑)

今日の教訓 人生の最後で後悔することを少なくするように行動する。

過去のブログ
アイデアをたくさん出してから、悪いアイデアを捨てることを学ぶ

Sunday, June 24, 2018

BAA 10k

今日も朝から走ってきた!
BAA(Boston Athletic Association)の10kmのレースである。 去年はものすごく暑かったが今年は気温18oC、ちょっと寒いぐらいだけれど走るには快適な気温である。

StravaというAppを使用して記録。Stravaは靴の寿命を知るために使っているのであるが、結構お役立ちである。去年とかは皆と同じスピードのところに落ち着いて走っていた。すると別に抜かさなくてもいいので楽なのである。だが今年は調子に乗って(?)どんどん抜かしていったら、こんな感じになった。

最初のスピードと終わりのスピードがかなり違う。これってもっと早く走れるってこと? それともスピードの調節しろってこと?

レースに出ているランナーの終わる時間の分布はどうなのだろうと思って、調べて見たらちゃんと記事があった。

How Long Until the Finish Line? (Medium)
ASICSのRunkeeperというappのデータを使って調べたらしい。
いわく、10kmの女性のMedian(中間値)は1時間3分!
じゃあ、とりあえず1時間3分を目標ということで(笑)
10km1時間とかで走るのであれば、1km6分で走らないといけませんな。。。。大変ですな。そして、一体私はいつになったらフルマラソンを走れるようになるので?

今日の教訓 頑張りましょう。

過去のブログ
ランニングシューズ交換

Wednesday, June 20, 2018

CD(定期預金)の利子

はっと気づいたら、CD(certificate deposit 定期預金)の利子が2%を超えている。

Fixed Income, Bonds & CDs (Fidelity)

によると、1年で2.35%!!!

今日の教訓 ぼけっと普通貯金に入れてないで、定期にしないと

過去のブログ
Planned obsolescence (計画的陳腐化)

Monday, April 16, 2018

インターネット上の情報の半分は英語

日経の記事で「インターネット上の英語情報は日本語の10倍」という話を読んで、その後その記事を探していたのだが見つからない(笑)

だが元ネタっぽいものを見つけた。
Languages_used_on_the_Internet(Wikipedia)
どちらかというと「インターネット上の情報の半分は英語」というのが正しい。しかも推定だし。日本語は推定5%ぐらい。

ということは、私は一応半分+日本語で55%読めるということに! ドイツ語はちょっと無理(笑)。
10倍効果が出ている気はしないのだが、英語の世界に飛び込んで良かったとは思う。最近気づいたのだが、英語圏での噂が日本語圏に流れるまで時間がかかっているような気がする。翻訳の問題それとも他の問題?

Was a Tiny Mummy in the Atacama an Alien? No, but the Real Story Is Almost as Strange (New York Times)
2018年3月22日の記事である。

同じ内容の日経の記事(2018年4月7日)。
エイリアン? 謎のミイラの正体が判明、遺伝子が変異

さて、ここから宣伝。
同僚がScientific Writing(サイエンス英語を書く)会社を立ち上げた。この国誰でもなんでもスタートアップである。アメリカの強みはどう考えてもスタートアップである。宣伝してちょうだいという頼まれたので宣伝。(笑)。

JetPub Scientific Editing Services
We provide basic proofreading and professional polishing to enhance the clarity, style, and flow of all scientific documents including poster presentations. We also provide scientific writing services to transform your data into meaningful, high-impact manuscripts. All of our editors are PhD-level, native English speakers with decades of research experience and excellent publication records. We also help with pre-peer review, cover letters, and with journal selection, as well as grant preparation, posters, and PowerPoint presentations. We help with everything!

Please feel free to contact me by phone, or visit our website for more details: www.jetpubscientific.com

だそうである。この国(アメリカ)なんでもかんでも長々と書くのが大好きなので、彼女のビジネスは繁栄すると思う。

今日の教訓 英語の世界に飛び込んで良かった。

過去のブログ
アメリカ人、文章書くのが大好き