Monday, April 10, 2006

フェローシップ

今日は缶詰である。
だが、缶詰の効果が全然ないのは、ブログの更新度から見ても明らかである。

実はフェローシップをもらうための募集要項を書いているのである。
日本学術振興会 海外特別研究員
難関中の難関である。

去年ここに着たばかりのときに、書いて出した。
そしたら、一次審査に合格してしまった。(なぜ?)
そのため、日本に一時帰国し、10分の面接で落とされた。
懲りずに今年も書く。
だいたい研究者は懲りないのである。すぐ諦める人は研究者になれない。
実験のうちの90%はゴミのようなもので、5%は使えるもの。
後の5%のために働くようなもんである。もちろんヒトによって%の差はあるだろうが。
最後の5%がドキドキするような結果だったら、研究者はまた気を取り直して実験するのである。
(といったら私のボスが納得するかどうかは、また別問題)

さて、懲りずに書くが、今年の問題は、なんと日本語だった。
最近特に日本語がおかしい。
単語が浮かんでこないのであった。
ので、たまに英和をひいたりする。

これでは英語も日本語もドイツ語も出来ない、何者でもないやつではないかー!!!!
だが、とにかくガリガリ書く。

さて、今は日本のフェローシップに応募しているのだが、アメリカのボスにも「フェローシップ探して下さい」とお願いした。
数日後、ボスは「一個見つかったよ」と分厚い紙束を持ってきた。
5年物のフェローシップである。
5年もいるんかい!と突っ込みたくなった。
読むだけでうんざりするような、分厚い紙束だった。

英語で書くんだよなー。大丈夫かなー?。
どうかなー?
日本語でも大変だしなー。

「その前に論文書かなきゃね」と、ボスは言った。
その前に実験しなければ、論文書けないよ。

うちの業界で超有名な人の言葉
Research is easy. (研究は簡単だ)
Publication is hard. (論文を出すのは難しい)
Getting funds is harder. (研究のためのお金を得るのはもっと難しい)

今日の教訓 懲りずに頑張りましょう

No comments: