Wednesday, November 5, 2008

本当に歴史が動いたっ!

せっかくアメリカにいて大統領選挙のことを書かないと、歳を取ってから孫に語れないので、書きますー。なんたって、このブログ、備忘録ですし。(←すごい理由)

うちにはテレビがないので、インターネットでずーっと1分毎にチェックしてました。
チェックしていたのは、
CNN Election Center 2008
日経 大統領選挙 2008
でした。
23時になったら、隣のアパートや、外から歓声が聞こえてきました。
なんかと思ったら、CNNの地図があっという間に青になり、選挙人270を越してました。

その後が本題です。
23時ごろにはちょっとの歓声とかしか聞こえてこなかったんだけれど、だんだん通りで騒ぐ人達が増えてきました。
私、野次馬大好きなので、アパートの入り口まで出てみました。
そしたら、人が結構いて、なんか皆同じ方向に向かって動いています! しかも警察が一応チェックしています!
どこ行くんだろうーと思いつつアパートに戻りました。

そしたら更に人が増えて、なんかパレード状態に!
なので、我輩の愛するカメラを取り出してあわてて取ってみました。



網戸を開けずに撮ったので、画像がぼやけています。でも音声を拾っているので載せてみました。
みなObama Obamaと叫んでいます。

こっちは網戸をあけて撮った画像。 最初の走っている車はパトカーです。


このビデオを撮ったあと、いてもたってもいられなくなったので、ついていってみました(笑)。
そしたら、別にどこに行くというわけでもなく、ぐるっと回ってアパートの前に戻ってきてしまいました(笑)。
ちなみに、人種的には、白人も黒人も一緒くたになって歩いてました。
後でヘリまで登場。

なんでも、次の日に同僚に聞いたことには、Copley Squareのあたりに人が集まっていたという話です。 でも、警察が群集を一箇所にとどめないように動かしていたらしいです。 そこにKerry(2004年の大統領候補)が来て演説したので、警察によって、動かされていた人達はまたCopley Squareに戻ってきたそうです。私のいい加減な英語力によりますと。 
まったく、アメリカ人同士が興奮してしゃべる会話を聴こうとするのが、どだい無理な話です。

なんかいつも思いますが、アメリカの政治ってメトロノームみたいな感じがします。
右の方に偏って、左の方に偏って、また右の方に偏って感じ。 そうやってバランスを取っている感じ。

それと、今まで知らなかったことですが、絶対Democrat(民主党)の州とか、絶対republic(共和党)な州とかあるんですね。
New York timesのところに載ってました。

そのほか、マサチューセッツ州は、
・マリファナ吸っても犯罪だったのが解除された
・ドッグレース(犬のレース)が禁止になった
らしいです。 マリファナよりも、外でアルコール飲んでもいいようにして欲しいもんです。はい。

昔書いたブログによると、私ヒラリークリントンが大統領になると思っていたようです(笑)。

Obama(オバマ)の選挙後のスピーチはこっち 
ゆっくりな英語だし、英語の文章つきです。英語の勉強にどうぞ。
McCain(マケイン)の選挙後のスピーチはこっち
うむっ。 McCainのスピーチもうまいけれど、Obamaはケタ違いかも。 ゴア元副大統領のプレゼンテーション力もすごいが。

今日の教訓 オバマ大統領おめでとう!!!

過去のブログ
歴史が動くとき ヒラリークリントンが大統領選挙に出馬することにしたこと。
An inconvenience truth ゴア元副大統領のプレゼンテーション力に感動したこと。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

No comments: