Saturday, July 9, 2011

夏にニューヨークに行って気づいた事実

私は都会に行くよりかはどっかの自然にいくほうが好きである。まあこのブログを読んでいたらわかると思うが。

7月2日から4日までニューヨークに行って来た。BoltBusにのって、2泊3日の旅である。今回は典型的な観光客派旅行であった。
なので、ミュージカルMama-Miaに行ってみたり、自由の女神の台座まで行ったりしたのであった。なぜか、自由の女神の島にはいっぱいインド人がいた。

さて夏のニューヨークに行って、帰って来てBostonのSouth Stationに降り立って気づいた事実。

ボストンってニューヨークに比べたらきれい。ただの比較の問題で、日本やドイツに比べたら汚いのだが、ニューヨークはそれよりも汚い!

生ゴミのにおいとか。
ホームレスがその辺の街角でトイレをしたのか、そのにおいとか。
どんなところにも壁にいろんな落書きがあるとか。
地下鉄(4車線)のど真ん中に、どうみても生ゴミの袋がゴロゴロ落ちてるとか。
人がいすぎる大都会の悪いところが出まくりなのであった。

ホームレスで思い出したが、おとついハーバード大学のあるハーバード・スクエアのところで若い女の子のホームレスを見た。びっくり。
普通ホームレスはおじさんで、しかもかなりの確率でアル中で、「お金がないんだ。コーヒー飲みたいからお金ちょうだい」といいつつ手にはタバコを持っているというのが私のイメージであった。おばさんホームレスもたまに見るけど、ほとんどない。

それが若い女の子ー。
Unemployment rose to 9.2 percent as hiring stalls (Boston.com)
ただいまのアメリカの失業率は9.2%、簡単に言えば11人に1人は失業中である。円高であるのも納得。

今日の教訓 ニューヨークは冬にいこうっと。

No comments: