Monday, June 13, 2016

iMacのメモリ増設+ハードディスクすげ替え

今日オフィスのiMacのメモリ増設+ハードディスクのすげ替えをやってみた。新しいiMacを買おうかと思ったのだが、あんまりスピードが変わらないことに気づいたのである。(参考ウェブサイトはここ
図にするのが好きなので、図にしてみた。

特に去年買った2014年製MacBook Proと2011年製iMacではほとんどスピードが変わらないようである。友人によると近年のCPUのスピードはそんなに上がらなくなったということと、ノートパソコンではバッテリー持続時間が命なので、高速のCPUを入れてもバッテリーがすぐ無くなってしまったらいけない。なので、少し遅いCPUを入れているのではないかという話である。

なるほど。じゃ、新しいiMac買う意味ないじゃん。さては、MacBook Proが早い意味はもしやSSDか。ではハードディスクをSSDにすげ替えてついでにメモリもさらに追加して16GBにすれば、ひょっとしてことは終わり?(←単にすげ替えて見たい人)

修理およびアップグレード方法はここ。
iMac Intel 21.5" EMC 2428 Repair(iFixIt)

Micro centerに行って、「あれくれ」「これくれ」と定員に言って物を選んでもらう。ううむ。Micro Centerは秋葉原みたいでいいぞ。(ちなみに秋葉原は、希望を言うと、「なら、あっちの店に行った方が」と、他の店を紹介してくれる、親切なところである)
しかもiFixItのキットも全部売っている、micro center素晴らしいぞ!

ということで、始める前の写真。

ガラスのパネルはあっさり外れた。

その後が大変。2個をやっとこさ探し3個目のケーブルがみつからないと思ったら、もう外れていた。その後ハードディスクを外してからSSDを枠にはめて枠を元に戻そうとしたらネジがはまらない。ひっしこいてはめようと思ってもはまらない。ネジがはまらなかったらハードディスクを固定するための出っ張りができないので、固定できないー! 
結局ネジは枠についていた余りのネジを逆向きに止めて出っ張りをつくり、逆側のネジは中途半端に止めたのでオートクレーブテープで固定した。オートクレーブテープ結構強いのよ。

もうちょっと頑張ったら私もThe Martianみたいになんでもガムテープで修理?

その後全部元に戻してスタート押してTime Machine(タイムマシン マックのバックアップシステム)をつなげたら駐車禁止マークが出てきた。

えーーー??

バックアップって普通ハードディスク壊れた時のためなのでは????ハードディスクこわれた時は新しいのと入れ替えるのでは???
疲れたので帰宅。また明日〜。

今日の教訓 一筋縄では行きませんね。

過去のブログ
マックのメモリ増設
研究費申請書とマック その2

2 comments:

MN said...

オートクレーブテープ、万能ですよね。アメリカでは何でもダクトテープで修理するようですが、研究者はオートクレーブテープです(笑

Kay said...

まあ強烈なダクトテープが研究室に無かっただけですが(笑)