Saturday, February 25, 2006

ドイツのCM

ドイツ人はユーモアがないと思っている人は多いだろう。
しかしドイツのテレビはCMのオチは結構いけている。アメリカのCMのオチが物足りないぐらいだ。

研究室のフランス人からこんなビデオが送られてきた。
German coast guard


わからないと思う人もいると思うので、説明を入れると。。。
最初の部分はドイツ語だ。私も聞いてもわからない。

次に、
“Mayday Mayday….Can you here us? We are sinking. We are sink….”
“Hello. This is the German coast guard.”
“We are sinking. We are sinking.”
“What are you thinking about?”
そして
「Improve your English」 
「Berlitz Languadge for life」
オチがわからない人は自分でしゃべってみるとわかる。

「メーデー、メーデー。聞こえるかい?」
「私たちは沈みそうなんだ。私達は沈みそう。。。」
「ハロー。こちらはドイツ海岸警備隊」
「私たちは沈みそうなんだ。私たちは沈みそうなんだ」
「何を考えているんだい?」

ドイツに行くまで知らなかったことだが、ドイツ語にはthの発音がない。
Theresien str.(テレージエン通り)という場所に住んでいて、「どこに住んでいるの?」と訊かれたときにthの発音を英語式にしたところ、ドイツ語は普通のテの 発音しかないと教えられた。
発音しないものは聞き取れない。日本人のRとLと同じだ。
このCMはその辺をついている。

しっかし、英語が通じなかったばっかりに、船が沈んでしまう光景が目に浮かんで面白い。
従って、最後のLanguadge for lifeは「生活するための言語」ではなく「生きるための言語」だろう。

うちのフランス人は、「フランス人も一緒だ!」と言っていた。

今日の教訓 ドイツ人はユーモアがある。

No comments: