Monday, May 26, 2008

Body Languadge(ボディーランゲージ)

ボディーランゲージというのは、なんぞやという人はウィキペディアのボディーランゲージのところを参照。

海外で習うのは、英語とかその国の言語だが、それよりも気づかずに習ってしまうのはボディーランゲージである。
さて、この前「いやだー」という意味のボディーランゲージをラボ(研究室)で人に見せていたら、向こうに全然通じなかった。
あれ?と思って、隣のラボのドイツ人の所に行き、「このサイン今やって通じなかったんだけれど、ドイツでしか通じないの?」て訊いた。
そのドイツ人、しばらく考えて、、、、「そういえばそうだねー」

うわっち。

そうか。これはドイツ語(ドイツボディーランゲージ)だったんだ。。。。。
改めてびっくり。
ボディーランゲージにもお国柄があるのですねえ。
でも、よく考えたら、ドイツにいた時に、ラボの同僚がやる「時間だよ。早く行こうよ」というボディーランゲージを、他の同僚(ドイツ人)が、「それをここでやるとセクシャルな意味になるから、やめなさい!!!!」と言っていた。

ボディーランゲージ、なかなか危険。

アメリカで習ったボディーランゲージは、両手を顔の高さまであげて、ピースの形にし、人差し指と中指をクイクイっと二回曲げるもの。
「○○と言われているけど、実際は違うのよねー」というのを暗に示す意味。
ドラマの医龍2で外資系オーナー役の内田有紀がやっていたやつね。 意味がちょっとずれていたような気がするけどねーーーーー。
これをドイツでやると、「はあ?」と思われるので注意。

アメリカで中指立てれば殺されそうだけれど、小指立てて「これですか?」と言っても「何それ?」って言われるだけだしね。いや、実は意味があるかもしれないけど、やったことないし。

最近隣の隣ぐらいのラボのPIが、「これ、日本でやると失礼なんだってな!」と人差し指で直接私を指差しては面白がっている。

今日の教訓 いっぱいボディーランゲージを習って遊びましょう。

過去のブログ
日本のドラマ (医龍2について)

No comments: