Wednesday, September 26, 2012

蛍光灯

ついに(?)アメリカでも白熱球が消滅するらしい。 
6 Things to Know About LED Bulbs (Kiplinger's personal finance)によると
2012年には100ワットが
2013年には75ワットが、
2014年には60ワットと40ワットが
なくなることになっている。ドイツみたいに「ヒートボール」が出現するかどうかはともかく、蛍光灯選びには注意しなければならない。蛍光灯の色、間違って買うとえらい目にあうので注意。

Color & Mood
を見たらわかるが、warm whiteあるいはsoft white日本で言うところの電球色を選ばないといけない。間違って家でオフィスのようなdaylight(昼光色)を選ぶと「24時間戦えますかー!」的なことになるので注意。(24時間戦いたかったらdaylightにするべし) 徹底的にケルビン(K)が低いやつを選べばいいはず。間違ってdaylightの蛍光灯を買ってしまった友人は「もうまるで屠殺場にいる気分」まで言っていたから、ご注意を。
蛍光灯の選び方、日本語版はこっち

そういえば、この前新しくオープンしたMicrosoft storeの前を通り過ぎたら、いわゆるdaylightの蛍光灯を使っているらしく、寒々と煌々としていた。思わず店を避けて通ってしまった。他の店が電球色なので、浮き立って異常な感じ。

アメリカ人は蛍光灯が嫌いなので、一気にLEDにいっちゃうのかもしれない。。。

今日の教訓 ついにアメリカからも白熱球消滅か???

過去のブログ
明るすぎる日本
節電 徹底(?)検証 その1

No comments: