Sunday, December 2, 2012

キンドル日本上陸

「ひきこもり系一時帰国者」になっている。別に観光するわけでもないし、今年は日本は寒いし天気が悪いので、あまり外に出ていないのである(でもたまにジョギングしてみる)。そして、こたつから抜けられないのである(笑) このこたつはスイッチをいれてなくって、その隣のガスファンヒーターから熱をホースで取り入れるようになっている。こんな感じ

さて、本題に入って。
私は本が好きなので、よく本屋を回っている。空港の本屋に行ったら、「3分でわかる○○」とか、「10分で出来る○○」とか、そういう本がずらっとならんでいたのでびっくりした。すごいのは「1分で出来る英会話」である。

物事はそんなにすぐ習得できんぞ! 私なんか、地獄の英語教室に行ったんだからー!

ちなみに最近の私の本の好みは頭をガシガシ使うような難しい本である。最近売っている本とか見ると文字も大きくって、内容も薄いし一瞬で読んでしまうのでつまらないのである。するめのような、いや、氷下魚の干物のような、気合いの入った本が読みたいのであった。昔ボストンにいた時、谷崎潤一郎の細雪を読んでいた友達がいたが、今はわかるわその気持ち。ちなみに、たまに自分に気合いをいれるために、自己啓発本も読む。

さて、この前キンドルが日本に上陸した。Amazon.co.jpから日本語の本がダウンロードできることになる。これは海外に住んでいる人にとっては非常によいことで、さっそく「ダウンロードしてみました!」っていう人がちらほらいる。著作権だか、版権だかが切れたキンドル本もある。私はキンドルもiPadも持っていないので、とりあえずKindle for Macをマックにインストールしてみた。注意事項がいろいろあるのでそれをチェックして、やってみたが、つながらない。

そーか、kindle for Macは日本のアマゾンのキンドルストアには対応してないのね。。。。ちっ。

まー、しゃーないか。日本語の本を読むと、英語の本読む時間が無くなって、英語力が落ちるしね。キンドル買ってもいいけど、とりあえず英語の本でも読んでおくか。。。。ちなみに今読んでる本はこれ。

友人のボスが書いた本。276ページあるハードカバーで、2/3読んだ。それにしても、仕事しながらよく本を書く時間があるわね。。。。

あと、キンドルやiPad買うと家の中の本が減るので、その分すっきりすると言えばすっきりする。毎年本棚からあふれた本を、図書館に持って行くのよねー。 iPadで読むと目が大変そうなので、Kindle Paperwhiteがいいかしらね。。。。

バッテリーも8週間だし。

今日の教訓 キンドルどうしようかねー。

過去のブログ
英語の勉強

2 comments:

R said...

この炬燵は!かのY嬢が大学院時代に自作したというモノに非常に似通っている!!

Kay said...

ええ! かのY嬢はこたつホースを自作したんで?かのY嬢って、細雪読んでたY嬢?