Tuesday, October 15, 2013

文章を書くこと その2

昔「グラントとか論文書く時に、まるで鶴の恩返しのように、身を削っている気がするんですけど」と書いた。きれいな反物を作るために、自分の羽を1本1本引き抜いてそれで織ってるような感じなのである。

今日英語の名言集見ていて発見。

“There is nothing to writing. All you do is sit down at a typewriter and bleed.”
Ernest Hemingway

書くということに特別なことは何もない。ただタイプライターの前に座って血を流すだけだ。(ヘミングウェイ

ほれみー、ほれみー。ヘミングウェイでさえ同じ事考えてるやんか。

今日の教訓 気を取り直してグラント書き。

過去のブログ
グラント書き
祝! 5000突破!  文章を書くこと

No comments: