Sunday, November 12, 2006

各国おトイレ事情

ドイツのトイレの個室には必ずデッキブラシがある。
各部屋に1つずつデッキブラシ。
全くの例外なし。
もちろん、トイレはすごくきれいである。
その代わりトイレの入り口にトイレおばちゃんが頑張っていて、みんなそのおばちゃんにチップを渡さなければならない。
私がドイツに行った直後ぐらいはデパートのKaufhofやKarstadtでは、タダで借りれたのだが、その後はデパート側がトイレおばちゃんをおいていた。

今からアメリカのトイレ怪談話をしよう。
デパートである○ーシーズで、トイレを借りようと思った。
行ったらトイレ掃除のおばちゃんが、順々に個室を掃除していた。
なにげなく仕事状況を見たところ!

デッキブラシで座席をゴシゴシやっている!

その後の座席の濡れ方状況から判断しても、どう判断しても、デッキブラシで中を掃除した後に座席を掃除したとしか思えない。

友人にその状況を言ったところ、「ふーん。すると大腸菌が。。。。」

うえー!
はきそうー!
いちいちそんなことを思い浮かべなくてもよろしい!

比較的きれいなデパートでも裏では何やってるかわからないのであった。
目下の疑問は、それはアメリカ標準なのか、彼女だけの掃除方法なのか、ということである。

今日の教訓 除菌シートを持ってきましょう。

No comments: