Sunday, March 9, 2008

Intershellの威力 その1

Intershellという魚屋さんを教えてくれたKさんに今日パーティに招待してもらったので、行って来た。
朝からIntershellまで買い出しに行ってきてくれたらしい。
えーと、食べたもの。
・生牡蠣
・ウニ しかも殻から誰か出してくれた、とっても新鮮なもの。誰かさん、どうもありがとう。
・ハマチ
・マグロ
・甘エビ!
・白子
・ホタテ
・アンキモ 今回はチューブのアンキモ。 アンキモは生のアンキモを蒸したほうが美味しい。
・ハマチの塩焼き (これがまたものすごく美味しいんだな)
・アスパラのバター焼き
・その他サラダとか。

さらに追い討ちをかけるように
・ケーキが三つ これは二つしか食べれなかった。

しかも、みんなお腹いっぱい食べた後、まだ魚介類は残ってました。 普通ありえないんだよね。日本人がいて魚介類が残っているってこと。でも、それぐらいいっぱい魚介類があったわけです。 新鮮な魚介類が。。。

お腹いっぱい食べて、みんな幸せでした。
カメラを持っていくのを忘れたので、写真はありません。 ごめんなさい。

さて、Intershellを教えてくれたKさん(女性)は、なんとSFが好きなのでした。 レンズマン知っていました。なぜか私もレンズマン知っております。いやー、なつかし。
今日連れて行った友達Hさん(もとい!彼女に車を出してもらったので、連れて行ってくれた友達)もSFが好きだという話だったので、連れて行ったのです。
Kさんはそのうちお引越しをするというので、持っている本を処分したいと思っていて、そこにHさんが来たわけです。初めて会ったのに、二人で盛り上がり!
私もSF好きだったはずだったのに、、、、話についていけなかった。
Hさんは喜んで本を大量購入。結局私も田中芳樹の本買って来ました。

しっかし、アメリカに長く住んでいる日本人は、堅苦しくなくていいですなあ。

ちなみに、このパーティに行った人の別バージョンのブログを発見したので、見てください。

今日の教訓 やっぱりIntershellすごい。

過去のブログ
食い意地の張った人達 (Intershellの住所のってます)

No comments: