Thursday, August 28, 2008

Heroes intensive course (ヒーローズ集中講座)

昨日かおとついかの話の続きだけれど、メル・ギブソンまだ私の仕事場のところで映画撮っているそうだ。「一緒に見に行かない?」とか、誘われたりするけれど。
そうだな。 Ken Watanabeジョージ・クルーニーでも来れば見に行くかも。。 

さて、本題入って。
ドラマのHeroes(ヒーローズ)シーズン1の24話を5日間で見てしまった。 これというのも、NetflixがWatch Instantlyという、インターネット経由で映画やドラマを見れるサービスなんぞをやっているからだ! 普通のサービスでは、無限に見れる。

づかれたーーーー。

ちなみにWatch Instantlyでは、字幕はない。 あるかもしれないけど、見つからなかった。

さて、ドラマの感想。
見ていて、思ったのは、かなり最後の方になるまで、特殊能力のある皆様全然チームプレーをしないこと。
日本のドラマだったら、途中ぐらいで皆が集まって「みんなで力をあわせて、悪者をやっつけよう」となるところだが、全然そんな感じではない。 最後まで結構別々に動いていたような、、、、気がする。
さすがアメリカ、個人プレーの国。自分が光ってなんぼ!

ドラマの中で特殊能力を持つアメリカ人達は、かなりシリアスな状況だった。 誰かが死んだり、裏切られたり。クレアのお父さんは、娘を守ろうと、なりふり構わず必死になったり。

ああ! クレアのお父さん可哀想!!!!

それに対して、特殊能力のある日本人Hiroの周りの空間は、なんというか、ちょっとボケが入った感じである。

Hiroって、天然?????

Hiroのお父さんは、ヤマガト(?)という会社の社長である。
もう、ヤマガトという名前からして笑えて仕方がないのだが。
お父さんとHiroとお姉さんが出てきたときの、家族の会話はなんと敬語である。 日本語の敬語でしゃべっていて、普通の英語の字幕が入る。

誰が日本語の脚本書いたのか知らないけど、敬語でしゃべってるよー。
でも敬語じゃない英語で字幕が入ってるよー。
日本語がわかる人だけわかる面白さだな! 
一体誰をターゲットにこのドラマは作ったんだ? アメリカにいる日本人? それはターゲットが非常に少ないって!

また、Hiroのお父さんがいかにも日本人っぽいし。「うぬっ!」とか言っているし。

ドラマ「24」は、なんかいかにも私の周りで起こりそうな出来事が盛りだくさんだったので、嫌になって見終わらずに医学部生に返した。
「Heroes」は、ありえない特殊能力を持っている人達の戦いだったので、楽しく見れた。

それにしても、NetflixのWatch Instantlyは当分封入だな! 本業に差し障りがでる。

今日の教訓 ドラマ立て続けに見て、英語の勉強になったかしら?(←なるわけがない!)

過去のブログ
やっとドラマ見れます。 (ドラマ「24」について)
ボストンって一体。。。。。 (メル・ギブソンとロバート・デ・ニーロが映画撮影中なことについて)

No comments: