Wednesday, June 17, 2009

日本より黒船きたる

私の同僚がお昼ごはんの時に「これ、○○からもらったの」と、袋を持ってきた。見ると、

黒船

と書いてあったので、笑い出してしまった。
なんでも前の同僚(日本人)が学会でボストンに来て、おみやげとしてもってきてくれたらしい。
「その日本人に意味を教えてもらった?」ときいたのだが、教えてもらわなかったらしい。

黒船はねー、黒い船の意味で。
200-300年ぐらい前に日本はオランダ以外の国とは貿易しなかったの。
そこに突然アメリカから黒い船が来たの。 貿易をしようと思っていたのか、それとも植民地にしようとしていたのかは知らないけれど。

って言ったら、「Last Samurai(ラスト・サムライ)の時代か?」と言われた。そうだけれど。。。。。。

さて、この黒船カステラ、アメリカ人には「パンケーキだ!」と言われていた。 中にカステラを切るナイフ(+スティック)が入っていて、私の友人は「すごい!さすが日本人(いたれりつくせり)」と気に入っていた。

専用の袋があって、
リボンがかけてあって包装紙で包んであって、
それを破ると箱があって、
それをあけるとまた袋があって密閉してあって、その中にはシリカゲルが入っていて、
やっとカステラに行き着くとおもいきや、カステラには紙のカバーがしてある。
日本って過剰包装。

それにしても日本から「黒船」と書いてあるカステラを持ってくるとは、すばらしいジョークだ。

今日の教訓 私も何かジョークになるものを日本からもってこようっと。

No comments: