Thursday, August 20, 2009

論文、雑誌のPod Cast(ポッドキャスト)で紹介される

この前も言ったが、
1. 有名になって貢献してね!
2. グラント取ってね!
この2つはsection chiefに言われた私の使命なのである。アメリカのサイエンスを象徴するような使命であるが。

この前 論文がアクセプトされて、それのProof(論文に載せるための形になったもの)を見て、自分がちゃんとdouble-corresponding authorになった話を載せた。(詳しくは下のリンクを見てね) 私の頭の中では「(研究者の世界での)社交界デビュー」ということになっている。

その論文についての話。
昨日うちのボスからメールが送られてきた。
私の論文を載せる雑誌は、毎号「今回のホットな論文」を最初のページに載せているらしい。論文を冊子で読むということは最近しないので、そんな「今回のホットな論文」というページがあるのを知らなかった。
その「今回のホット論文」に私の論文が載ることになったらしい。Editor(雑誌の編集長)からのメールによると、上位10%の論文が載るらしい。しかもその雑誌のPod Cast(ポッドキャスト)でも流れるらしい。

おー。すばらしい。

さっそくCV(研究者の履歴書)に書く私。この前のプロ研のCV書き講座で友達がしていたのを見て、なるほどと思ったのである。私のボスも「CVに書いておくんだね」と言っていた。
そして隣のラボのボスとか、隣の隣のラボのボスとかにメールを送って祝福してもらう。

今日その、私の論文が載っている「最新号」のTable of Contentsが送られてきたので、「今回のホットな論文」を見てみた。8個の論文が説明されているうちの一つ。
おー。
ラボの私のコンピューターはなぜかスピーカーがないので(←ボスの策略?)、帰って来てさっそくPod castを聞いてみた。
おー。 全世界に私の名前が流れる!(←なんて大げさな) これまたiTuneにダウンロードして保存。これは永久保存だな。

祝!

こりゃいろんな人に教えないと。とりあえずCo-author(共著者)に教えて、同業者のお友達にも教えて、そしてSection Chiefにも報告して「私は使命達成のため、最善を尽くしております」と言わないといけない。

そういうぐあいに、1人で大騒ぎしているのであった。

今日の教訓 (研究者の世界での)社交界デビューそうそう、幸先がよろしい。

過去のブログ
Corresponding author 論文の中で一番重要である、corresponding authorにボスと一緒になった話。

No comments: