Saturday, July 18, 2009

Corresponding author

この前アクセプトされた論文のProof(雑誌に載せるための形になったもの)が今日来たので、チェックした。実はこの論文、私がFirst authorなのは当然だが、Double corresponding authorにしてもらったのだ。
くわしくは、プロ研「論文のcorresponding authorについて」を参照。

Corresponding authorのポジションは大切なので、普通はボスはポスドクなんかをCorresponding authorにしない。そしたらプロ研のメーリングリストの中で「ボスと二人のcorresponding authorにしてもらったよ」という話が出た。
それでボスに「お願いがあるんだけれど、私の名前も一緒にCorresponding authorにしてもらってもいい?」って訊いたら、「かまわないよ」と言ってくれた。
それで、ボスと私がCorresponding authorになったのである。

それを論文のProofの中に実際に見て、感無量。
なんていうか、「私もついに社交界デビューを果たした!」という気分である。

インストラクターに昇進したとき、Section Chiefに挨拶に行ったとき、
1. 有名になって貢献してね!
2. グラント取ってね!
と言われたのである。この2つは私の使命なのであった。 

今日の教訓 (研究者の世界の)社交界デビューを果たした!

過去のブログ
論文アクセプトー (この前論文がアクセプトされたこと)
昇進しました  (インストラクターに昇進したこと)

関連ブログ
PI(Principal investigator)とポスドクの違い
Ph.D student (博士課程学生)のこころえ

No comments: