Monday, February 13, 2012

Earth: The Biography

BBC Earth the BiographyをNetflixで借りた。

例によって例のごとくBBCのEarthシリーズはとっても面白いのである。今回のシリーズは、地球について。
1.火山
2.大気
3.氷
ナレーターはDr. Iain Stewart(Geologist)である。Geologistの日本語訳は地質学者ね。

あー!私もBBC専属(?)の地質学者になりたい!
なって全世界を旅したい!

南アフリカ共和国にある、昔の冷戦のなごりの、ものすごく早い飛行機(イギリス製)があって、それに乗って成層圏に飛び出すとか。
エチオピアだったっけ(?)の火山でマグマがずーっと吹き出しているところに行って近くで見るとか。
グリーンランドの氷河がものすごい早さで滑って溶けていっているところを、見に行くとか。なんでも仮説によると、氷が溶けて、それが氷河の下に潜り込んで、それで氷河が非常に滑りやすくなっているらしい。1997年ぐらいまでは問題なかったが、今は毎日ガンガン溶けているらしい。
氷が全部溶けると、海面が20フィートぐらい上がるとな。

どおりでハワイの海岸の砂浜が非常に小さいと思ったら。いや、関係ないかもしれないけど。

そんなこんなの地球の仕組みを、コンピューターグラフィックスを使いながら、きちんと説明していく。ちなみにこの場合のDr.は、日本でいうところの博士であるが、博士取ったからって別に大学で学者をして研究とかをしないでいいのである。このナレーターみたいに、複雑な仕組みを一般人に説明するとか。

それにしても、いつも思うけど、地球ってとっても危ういバランスの中で生命を保っているのよね。「ものすごく長い目で見ると多少の二酸化炭素の変化やメタンの変化は地球的には問題ないが、人間とか生命に対するダメージは大きい」と地質学者であるナレーターはものすごーい時間で考えていたが、100年ぐらいしか生きない人間に取っては、はた迷惑な話である。そういえば「地球にやさしい」という文句があったが、あれは正確に言うと、「地球に住んでる、人間を含める生物にやさしい」の間違いだって誰かが言っていたが、本当にそうである。

今日の教訓 それにしても、私もBBCのナレーターになりたい!

過去のブログ
BBC Lifeと動物園

No comments: