Wednesday, October 2, 2019

研究につまずいたとき力をもらえる本- Letters to a young scientist

この前実験医学に頼まれて書評を書いた。読書好きの人に数人に頼んで選んでもらったらしい。「研究につまずいたとき力をもらえる本」という題である。

それだったら映画の「ショーシャンクの空に」とか「ガタカ」とかのほうがいいような気がしたけど。それだと「挫けたときに力をもらえる映画」の間違いか。

今回オススメしたのはLetters to a young scientist.(日本語名「若き科学者への手紙」)
書いて今ごろ思うけど、Battlefieldに突っ込んで行っていけないのは科学者だけではなくって、どこの分野でもそうかも。

続編としてあと2冊ぐらいは書評かける気がする。来年の読書の秋にまた聞かれるかもしれないから、とっておこう。

他の人のオススメ本に新田次郎の本があった。新田次郎と言えば「八甲田山 死の彷徨」。学生の時に読んだと思うけれど、二つのグループの結末が対照的で、「バカな上司について行くとえらい目にあうから気をつけないと」と思った次第。一冊の本が一文に収束されてしまうのもどうかと思うけど。上の「若き科学者への手紙」も2文ぐらいに収束。

記憶力悪いからそんなものよねー(笑)

前読んだサピエンス全史も一文に収束

記憶力悪いからそんなものよねー(笑)

今日の教訓 また来年も頼まれたら書こうっと。

過去のブログ
サピエンス全史-2(Sapiens: A Brief History of Humankind)

No comments: