Monday, November 3, 2008

ロブちゃん送信、もとい、郵送

日本にいた時に妹に大変お世話になった。 よく遊んでもらった。
妹のうちに親が遊びに行くことになったので、「やりー。これで郵便受け取れる!」と思った。
なんたって、妹夫婦は共働きなので、郵便をおいそれと送れないのである。

何を送ることにしたかと言うと、メイン州出身のエビさん。エビさん。しかも生きてるエビさん。


↑こいつは茹で上がったエビさん。

送ってくれるところは、
Bennys Maine Seafood Inc. (日本語)
とりあえずメールを日本語で送ってみたところ、日本語で返事が返ってきた。
一応確認のため、妹にメールを送って、「ロブスターとウニ、どっちがいい?」って聞いた。
そしたら妹の旦那さん、

ノーベル賞がいい!

との返事。
うう。確かにボストン大学名誉教授の方がノーベル賞取りました。私もボストン大学にいますが、私からノーベル賞への距離と、妹の旦那さんからノーベル賞への距離はほとんど一緒ですよ。 天文学的な距離ってことで。
はっきり言って、ロブスターのほうが簡単だからいいんだけど。

ということで、小切手で料金を送って欲しいとのことだったので、小切手昨日送った。
着くかなー。
楽しみだよなー。 何が楽しみって、夫婦+うちの親が大騒ぎするところ。 生きてるエビさんだし。
万が一生きていなかったら、文句言えるみたいだし。

前にはエスカルゴをあげたし、うちの妹夫婦、いつも大変な目に遭っているようだ。

ちなみに、日本からも買えます。 大阪に支社(?)があるみたい。

今日の教訓 お世話になった人には、生きてるエビさんを郵送する!

過去のブログ
エスカルゴ 三重県にエスカルゴ牧場がある話
続エスカルゴ 妹にエスカルゴを贈った話
日本帰国 その2 穴場ツアー 帰国したときに妹夫婦に遊んでもらった話

No comments: