Thursday, August 18, 2016

ボストン周辺にバイオ系の会社集積中

今日見つけた記事。

大学との提携に力 武田ウェバー社長に聞く(日経新聞)

引用。

武田薬品工業は、新薬の種を探す研究活動と新薬の種を医薬品に仕上げる開発活動の海外拠点として、米国ボストンを中核に位置づけると発表した。英国ケンブリッジの研究拠点を閉鎖し、研究員は日米に集約する。

引用終了

おー。

もう一つ引用。

「日本だけでなく世界共通の課題でもある。いま新たに発売される薬は、半分以上が大手製薬会社が自前で開発したものではない。一説には新薬の約60%が大学やバイオベンチャーによってまず開発が始まり、その後大手に導入されたものだ」
「それだけに大学やバイオベンチャーとの効果的な提携が製薬会社の成長のカギを握る。ボストンという街はイノベーションを生み出す生態系を備えている。理系の大学、病院、ベンチャー企業、投資会社が集積し、ボストンに拠点を構える製薬会社も増えている」

引用終了。

おー。

せっかくなので、その「一説」の記事をここに載せておこう。
The importance of new companies for drug discovery: origins of a decade of new drugs (Nature Reviews Drug Discovery)
前どこかで発見した記事である。こういう情報は大切だもんね(笑)

他の製薬会社も是非来てください。

今日の教訓 ボストン実はすごいところ?

過去のブログ
大学同窓会企画中 (同窓会を企画したら、半分薬学部出身だった話+MITの周辺のバイオ系の会社集積マップ)

No comments: