Wednesday, January 16, 2019

Books of the year 2018 - The complete Sherlock Holmes

2018年に読んで印象に残った本 その2

The Complete Sherlock Holmes(Arthur Conan Doyle)
Amazon.com


上のリンクからダウンロードしたら、タダ。
キンドルだからページ数関係ないけど、一応1874ページ(笑) 本屋でみてびっくりサイズ。

私が英語で本を読む理由は、「英語読むスピードを上げたい」+「日本の本をアメリカで購入すると高い」からである。せっかくアメリカにいるんだしさ、英語で読むのもいいよねというのが理由である。いい本は国境を越えて、翻訳されて読まれるしさ。

ということでアーサー・コナン・ドイルのシャーロック・ホームズ、子供の時に数個ストーリー読んでいたが、全部読破。アーサー・コナン・ドイル本人はシャーロック・ホームズ書くのに飽きたので途中で殺していたが、ファンに不評で復活。ご苦労様です。それにしてもProfessor Moriarty(モリアーティー教授)、シャーロック殺すためだけに出て来てない?(笑)

ストーリーのテンポの良さは最高である。アレクサンドル・デュマもテンポよくって素晴らしいけどね。
The Count of Monte Cristo(Alexandre Dumas)Amazon.com
モンテクリスト伯
こちらも上のリンクからダウンロードしたら、ほぼタダ。830ページ。そうか、あれ830ページもあったのか。なかなか終わらないと思ったら!

こっちは現代版シャーロック・ホームズ。おすすめ。


今日の教訓 シャーロック・ホームズ読み終わって残念!(でも年とったらストーリー忘れるからまた読めばいいか)

過去のブログ
Books of the year 2018 - The Structure of Scientific Revolutions

No comments: